愛用してるキャンプギア写真館はこちらから!

キャンプに静寂を求めるなら迷わずここ!内ノ倉ダム「水谷公園」

mizutani-park (10)

あなたのキャンプ場を選ぶ基準は何ですか?

  • 景色がいいところ
  • 炊事場やトイレが清潔なところ
  • 温泉やシャワーがあるところ

ほとんどのキャンパーが口を揃えてそう言うでしょう。

でもそういう場所ってとってもにぎわうんです。

ほひょ

特に土日はテントでびっしりなんてことも。

あなたはそんな状況に疲れていませんか?

もしそうならこんな場所はどうでしょう…

内ノ倉ダム「水谷公園」

外灯も炊事場もトイレもありませんが、その静寂、その景色を独り占め出来ます♪

2018年10月25日
新潟県新発田市

今回も夜の8時にキャンプ場到着

mizutani-park (1)

うっひょ~前回のソロキャンに引き続き、今日も内ノ倉ダムにやってきましたー♪

そしてそこに行くにはこの薄気味悪いトンネルを抜けなければならないのです。

絶対無理。

さて今回のキャンプ、今日の夕方いきなり行くと決めたのですがその理由が…

 

mizutani-park (2)

このユニフレーム「薪グリル」をどーしても使いたかったから!

ほひょ

今週末からずっと雨でこのタイミングしかなかったんです。

キャンプ場に着くなりこの薪グリルを組立て、薪を燃やし始めました♪

 

Sponsored Link

ユニフレームの薪グリルはすんごく楽しい♪

mizutani-park (3)

いや~それにしてもこの薪グリル、素晴らしいですね!

MEMO
暖をとりつつ、お湯を沸かし調理出来ます。

もちろん焚火の炎を見てるだけでも癒やされますし…

反射板に炎がメラメラメラ~と映る様もこれまた素晴らしい♪

さらにその反射板のおかげでその熱を独り占め。

ほひょ

ああ…なんて素敵なキャンプギアなのでしょう。

 

ユニフレームの薪グリルはこんなに素晴らしいアイテム!

mizutani-park (3)その炎その暖かさを独り占め ユニフレーム「薪グリル」

 

mizutani-park (4)

そして今夜は奮発してお高いお肉をじゅーじゅー。

 

うまうまでした。

焼く前にしっかりフォークもぶすぶす差しました。

 

mizutani-park (5)

さらに前々回のキャンプで食べるはずだったお芋を投入!

 

mizutani-park (6)

…もう死んでもいいくらいのウマさでした(死にたくないけど)

 

ふぅーお腹いっぱい。

寝ますね。

 

 

 

 

2日目の朝 紅葉し始めてました

mizutani-park (7)

おはようございます~!

昨夜は真っ暗でなんにもわからなかったけど、お山が紅葉し始めていて結構きれいじゃない♪

 

mizutani-park (8)

そして朝も薪を投入しまくりです。

ほひょ

楽しすぎます。

あ、そうそう、今回はノースフェイスのストームブレイク2でやってきました。

設営が楽なんだなこれが。

stormbreak2(12)ノースフェイスストームブレイク2カッコいい!黄色いテントはキャンプ場でひときわ目立つ!

 

mizutani-park (9)

さらに薪グリルで沸かしたお湯でガリガリしたコーヒーを飲む…

ほひょ

う~んマンダム。

おお…薪グリルのせいか今日のキャンプめっちゃ楽しいんだけど。

さぁて、では今度は薪を使ってご飯炊こうかな♪と思ったら…

 

mizutani-park (11)

何故かマナスルストーブを投入している私。

ほひょ

楽しくて薪ガンガン燃やしてたら薪がなくなっちゃったのです。
manaslu05マナスルストーブはメッチャかっこいい♪でも点火までが大変だよ!

 

mizutani-park (13)

まぁでもいっか。

薪グリル初心者の私がご飯をしっかり炊くことが出来たかどうかも微妙でしたし。

 

Sponsored Link

内ノ倉ダム「水谷公園」はこんなところ

mizutani-park (12)

そして青空が広がってきました。

ただこの公園は正午までずっと日陰ですので、午前中の乾燥撤収は無理ですね。

 

mizutani-park (14)

この公園もこうして見ると結構広いです。

 

mizutani-park (16)

公園からは内ノ倉湖が見えますが、今年は水が少ないですね。

 

mizutani-park (17)

それから今回は嫁が買ってくれたナンガのタキビダウンを初めて着ました。

火を当てても燃えないのがウリですが、わかっていても火を当てるようなことはしませんでした。

やればよかったのに。

 

mizutani-park (15)

さらにワークマンの防水の靴が大活躍♪

夜露で靴下がビショビショになることもなく、また動きやすくてよき買い物をしました。

ほひょ

ただお値段がお値段なだけに、どれだけもつかは未知数です。

 

今回も完ソロでした

mizutani-park (18)

ゆっくりしたかったところですが、所要により朝9時に撤収。

それにしてもいやはや、なんとも不気味なトンネルです。

 

mizutani-park (19)

向こう側に見えるのは前回キャンプをした湖畔公園

ほひょ

この様子ではあそこも誰もキャンプをしていませんね。
psychic spot(17)新潟県屈指の心霊スポットでソロキャンプ! in 内の倉ダム湖畔

 

…やっぱりここ内ノ倉ダムの無料キャンプ場は素晴らしい♪

炊事場がないのとトイレがボットンなので多くのキャンパーは敬遠するでしょうけどね。

雪が降って通行止めになる前にもう一度ここに来てキャンプをしてみたい。

そう思いながら、キャンプ場を後にするのでした。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

2 Comments

ザウルス

はじめまして
Twitterではフォローさせてもらっています。
全てが素敵でした!
わたし、テント選ぶ時ノースフェイスのワオナも選択肢の中に入ってたんですよ。
中々手が出ず…
ステーキも炭火ではなく薪だと又違った味になるのでしょうね♪
全て素敵でしたがトンネルだけは無理でした(汗)
Twitterでは中々絡めない人見知りですがブログ時々覗かせてもらいますね!

返信する
ほひょ ほひょ

ザウルスさん嬉しいコメントありがとうございます♪

この場所は穴場的な場所でして、近くの人気のキャンプ場の影に隠れてはいますが私はとても大好きなのです♪

ただここは新潟県屈指の心霊スポットで自殺の名所ですから\(^o^)/

あと釣りのスポットでもあります。

ノースフェイスのテントはかっこいいと思います。

ワオナもいいですね(^^)

それから薪と炭火の違いですが、よくわかりません(汗)

ただ言えるのはどちらも死ぬほどうまいことかな。

あ、トンネルは全然問題ないですよ♪

一度通れば余裕だということがわかります。

それからブログを見て頂き、感謝です♪

今後も宜しくお願いいたします(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です