旅行中の運転

do-not-tailgate

旅行で公共交通機関を使うことがない私達の旅行手段は車です。

その車での移動もまた旅であり、旅は楽しくなければいけません。

そのために私が旅行中の運転で徹底していること、それは…

 

車間距離を一定に保つ

基本これだけしっかり守っていれば、運転時にトラブルになることも不快になることもないと思ってます。

当たり前のことなんですけどね。

ほひょ

出来てない人が多いのです。

あおる側あおられる側お互いが不快な気持ちになるだけでなく、追突する可能性も高まりますから。

せっかくの楽しい旅行も台無しになっちゃう。

でも前方の車が極端に遅かったら、どうします?

 

極端に遅い車が前にいたら…

前方の遅い車に合わせて車間距離を開けていると、今度は後ろの車からあおられる可能性がありますよね。

とっても危険ですし気持ちの良いものではありません。

それを避けるには…

道の脇に一旦停車し、しばらくしてから再度出発する。

サッと追い越す手もありますけども追い越されて頭にくる人もいますので、トラブル回避にはこれが一番です。

ほひょ

コンビニに寄って一息入れましょう。

 

後ろの車に車間距離をつめられたら即座に道を譲る

これは先程と重複しますが、後ろから車間距離をつめられた時は、

道の左側に寄って道を譲る。

前方の車間距離だけでなく後方をも一定に保つにはこれしかありません。

ほひょ

法定速度で走っていても車間距離をつめる人は残念ながらいます。

ところが中には家族が危篤で速く病院に行かなければいけない、という理由でやむなく速いスピードで運転している人もいるかもしれません。

速く走らざるを得ない人ならば、いかに法律とはいえ「法定速度を守りなさい!」とはなかなか言えませんよね。

だからもし後ろから車が猛スピードで近づいてきたら…

この人何かの理由で急いでいるんだな

とプラス思考でさっさと車を左側に寄せて道を譲るべきです。

 

あおる人は相手にしない

もちろん急がねばならない理由などなくとにかく車間距離を詰めずにはいられない人たちもいます。

もしそんな人達に万が一後ろから衝突でもされたら、楽しいはずの旅行が大惨事になることも。

さっさと道を譲りましょう

ほひょ

旅は楽しくなければいけませんから。

 

最後に

キャンプや旅行を楽しいものにする為にも、そこに行くまでの道中で不快な思いをしてはいけません。

  • 車間距離はつめない
  • 車間距離をつめられたら即座に道を譲る

この2つを守っていれば大概のトラブルは回避出来るはずです。

そして、家族皆で笑顔でキャンプ場や旅行先に向かおうではありませんか!