お気に入りのキャンプギア写真館はこちらから

ユニフレーム【薪グリル】その炎その暖かさを独り占め

mizutani-park (3)

  • ソロキャンで気軽に焚火が出来るキャンプギアってないかな?
  • それと出来れば焚火料理にもチャレンジしたい!

キャンプの回数を重ね慣れてくると、多くのキャンパーがそう思うのではないでしょうか。

私も例に漏れず、これらの要望をばっちり満たしてくれるキャンプギアを探していたところ…


ユニフレーム【薪グリル】にたどり着きました。

そして自身初のグルキャンでその姿その使用感を目撃し、

ほひょ

一発でこのキャンプギアの虜になってしまいました。

そしてキャンプ終了後、速攻で注文したほどの逸品です。

さぁ、ユニフレームの薪グリルの魅力をとくとご覧下さい!

ユニフレーム【薪グリル】とは

重量約3.6kg
材質ステンレス鋼
サイズ使用時横幅41cm×高さ35cm×30cm
耐荷重10kg

ほひょ

横幅が約70cmの薪グリルラージもあります。

 

Sponsored Link

ユニフレーム【薪グリル】を組み立てるよ~

firewood-grill (6)

ユニフレーム【薪グリル】のパーツは全部で4つ。そして黒い袋付きです。

左から、本体・灰受け・ゴトク・ロストル、となります。

ほひょ

袋はペラッペラなのでいつか破けそう。

では組立開始~。

 

  • STEP.1
    本体を広げる

    firewood-grill (7)

    広げるだけなので簡単です。

  • STEP.2
    灰受けを本体に接続する

    firewood-grill (21)

    灰受けのL字フックを本体の▽穴にはめ込みます。

    なお灰受けは矢印の短い方を奥にします。

     

    firewood-grill (10)

    外側から見るとこんな感じ。

     

    firewood-grill (9)

    これで灰受けのセット完了です。

  • STEP.3
    ロストルをセットする

    firewood-grill (11)

    灰受け中央に穴が2つあるのでここに通すだけ。

     

    firewood-grill (12)

  • STEP.4
    ゴトクを乗せる

    firewood-grill (13)

    ゴトクは3段階に高さ調整が可能。

    このように一番高い場所に置いたり…

     

    firewood-grill (14)

    一番下に簡単にセットしたり出来るわけです。

  • 完成!

 

ユニフレーム【薪グリル】の素晴しいところ

当然キャンプギアを購入するということは、その魅力に惹かれてのこと。

中には期待はずれだったものもあるわけですが、このユニフレーム【薪グリル】を使えば皆が間違いなくこう思うはず。

買ってよかった!

薪グリルの反射板効果は絶大!

mizutani-park (2)

ユニフレーム【薪グリル】はこのように反射板に囲まれているため、焚火の熱が四方に分散せず、その暖かさを独り占め出来ます

特にソロキャンにはいいね。

実はこの反射板、それだけではありません。

風防の役目も果たし、火の粉が舞うのを防いでくれます!

これは実に有り難い(煙は仕方ないけど)

さ・ら・に!

薪が炎に包まれている様が美しいのは当然ながら、特筆すべきはその反射板に映る炎のゆらめきなのです。

ほひょ

見ているだけでめっちゃ癒やされます。

これは素晴らしい!

薪で暖をとりつつ調理ができる!

mizutani-park (3)

キャンプに来ればほとんどの人がガスバーナーや炭を用いた料理をするでしょう。

そこからちょっと背伸びをして、こうした薪を使った料理にチャレンジするのはいかがでしょう?

火力調整は簡単ではありませんが、それをクリアしてお肉を焼いた時の達成感ときたらもうたまりません!

ほひょ

薪で沸かしたお湯でコーヒー飲むとこれまたうまいんだな~。

湿った薪を乾燥させることも可能

yagigahana-20181020 (14)

ユニフレーム【薪グリル】は横幅が41cmあるので市販の薪は余裕で入るのもいいですね。

そしてメラメラ燃やしながら、これから投入する薪をこうして炭床の下に置いておくとある程度乾燥させることが出来ます

何よりかっこいいじゃない!

でもそうしたらさ、「となりのまきちゃん」いらなくなっちゃうね。

ほひょ

…。

風防としても使える

firewood-grill (5)

なんてこったい!結構風が吹いているのに風防忘れたよ(汗)

そんな時はユニフレーム【薪グリル】を使えばガスバーナーなどの風防にもなりますね。

でもそうすると薪燃やせないけど(笑)。

高さ調整が楽!しかも薪グリル本体が軽い!

firewood-grill (14)

ユニフレーム【薪グリル】は調理中でも片手で簡単にゴトクの高さを調整できるのがいいですね。

注意
必ずきちんとした革手袋等をはめて作業しましょう。

さらに…

 

firewood-grill (10)

移動時もとっても楽♪

本体両脇に取っ手がついているので簡単に動かせます。

そして薪グリルの重さが3.6kgとそれほど重くないのです♪

これはいいね~

 

Sponsored Link

ユニフレーム【薪グリル】の少し残念なところ

ただこのユニフレーム【薪グリル】、良い点ばかりではありません。

使用済みの灰を捨てる時がちょっと面倒かも

firewood-grill (4)

ユニフレーム【薪グリル】の灰受けL字フックを本体から外し、そろーりそろーりと持ちながら灰を捨てるのが少し大変かな。

ある程度トングで灰受けの中の炭を取ってからのほうがいいですね。

でもこれがとても便利って言ってる人もいて、一概にデメリットとは言えませんね。

後ろに薪が落下しやすい

firewood-grill (1)

ご覧の通りユニフレーム【薪グリル】は、灰受け奥と本体との間に結構大きな三角形の隙間が出来てしまいます

 

mizutani-park (2)

薪投入の際は、後方にアツアツの薪が落ちないよう常に気を配る必要があるのです。

これだとさ、心配ばかりして十分に焚火を堪能できないよね。

はい、ではその悩みを解消してご覧にいれましょう!

 

別売りのユニフレーム【薪グリル】ロストルウォールも是非用意しておきたい!

MEMO
これがあれば薪が後方へ落下するのを防いでくれます。

ほひょ

これは別売りではなく標準装備すべきですね。

 

firewood-grill (15)

では薪グリルロストルウォールをセットしてみましょう。

 

firewood-grill (16)

なお横から見るとこのような形になっております。

 

firewood-grill (17)

灰受けの端に斜めに入れ…

 

firewood-grill (18)

これでセット完了です。

 

firewood-grill (19)

うんうん、これなら後ろにアツアツの薪が落ちる心配はないですね。

薪グリルを購入したら絶対一緒に買っておきたいアイテムだね。

 

ユニフレーム【薪グリル】焚火も調理も出来る一石二鳥アイテム

yagigahana-20181020 (4)

今まではファミキャンが主だったため、スノーピークの焚火台を使っていました。

頑丈だしコンパクトに折り畳めるし重宝していましたが…

色々揃えるとかなり重いんだよね~

確かにスノピ焚火台で焚火調理も不可能ではありません。

しかしソロでスノピ焚火台はちょっと持て余してしまうという悩みもあったのです。

それに対しユニフレーム【薪グリル】は…

  • 特にソロキャンではその炎その暖かさを独り占め
  • ワイルドに焚火料理が出来る
  • 組立も楽でコンパクトに収納できる
それに薪グリルってファミキャンでも使えるよね。

そう、ファミキャンでもソロキャンでも大活躍のユニフレーム【薪グリル】、断然オススメです!

 

ラージサイズでたくさん調理したいならこちら

 

ユニフレームの薪グリルを初めて使用した模様はこちらから

mizutani-park (10)キャンプに静寂を求めるなら迷わずここ!内ノ倉ダム「水谷公園」

 

ユニフレーム【薪グリル】おまけ

ここからはユニフレーム【薪グリル】の番外編。

薪グリルその他付属品【ブリッジ】


付属のゴトクをこのブリッジ(焼網)に交換すればお肉をじゅーじゅー焼くことも出来ますね♪

もちろんスキレットやお鍋もそのまま載せられます。

薪グリルその他付属品【サイドトレー】


MEMO
薪グリルのサイドに設置が可能なトレーです。

うーん、耐荷重は1kgなので調味料を置くぐらいですかね。

個人的な意見ですが…

ほひょ

別にこれはなくてもいいかなぁって思います。

開封したら色が青くてビビった

firewood-grill (2)

あれ何この色、間違って注文しちゃったかな(汗)

薪グリルを買って箱を開けた時、びっくりしたのは私だけではないはず。

MEMO
青い保護シートが貼られているのです。

 

firewood-grill (3)

そしてこのように剥いだわけでありますが…

 

 

め・ん・ど・く・せ・え

ほひょ

何気に大変でした。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です