マナスルストーブはメッチャかっこいい「でも点火までが大変だよ」

manaslu05

  • ガスだとお金がかかるから、灯油バーナーにしてみようかな♪
  • それにマナスルは見た目もゴールドクロスみたいでカッコいいし。

ということで、大中小3種類あるマナスルストーブの中から取り敢えず一番大きいマナスル126型を購入!

大は小を兼ねるしね♪

しかしカッコいいんですが正直点火が面倒なのですよトホホ。

ストーブといってもバーナーと同じです。

マナスルストーブ126とは

燃料灯油
燃焼時間5時間
タンクの容量0.8リットル
重さ1.3kg
ゴトク取付時高さ約20cm
収納袋の大きさ20×20×11cm

ほひょ

珍しいメイドインジャパンです。

 

Sponsored Link

マナスルストーブ126組立開始~!

ぬぉ…でかい!

マナスルストーブ126を買った時の第一印象でした。

収納袋の大きさは?
20cm×20cm×11cmです。

では早速開けてみましょう。

 

ううむ、掃除針なるものがありますがこれはまた使い込んでからだろうから今回はどーでもよい。

それでは組立開始!

 

まずはゴトク部分の三脚をつけ、タンク中央のキャップを外します。

 

そしたら袋の中のものを取り付けますよ♪

MEMO
左から風防・バーナーセット・フレームリングです。

 

バーナーセットのみ取付け完了。

ほひょ

風防とフレームリングも付けてもいいけど後でよいです。

そしてタンク中央のキャップはというと…

 

こうしてポンプハンドルの先端に取り付けるのです。

ふむ、これでキャップがどこかへ行く心配がなくなるね。

これでマナスル126の組立完了です。

MEMO
下からゴトクまでの高さは約20cmとなります。

 

マナスルストーブ126のタンクに灯油を注入!

では早速注油口キャップを外して付属のジョーゴを使ってマナスルストーブ126に灯油を入れてみましょうか。

MEMO
マナスル126型は0.8㍑入ります。

 

…はい、この白い付属のジョーゴが全く使えないことがよーくわかりました。

もうね、灯油を注ぐと漏れまくりです。

ほひょ

これはひでぇ。

もう少し口が細いジョーゴを使ったほうがいいですねこれ。

 

manaslu(54)

そこでオススメなのがこのキャプテンスタッグのジョウゴ

これなら灯油を注いでも漏れることはありません。

ただですね、左手でこうして抑えながらでないとグラグラしますのでご注意を。

 

manaslu(55)

なお多くのキャンパーが愛用しているコールマンのジョウゴは、口が太すぎてマナスルストーブの給油口には入らず使えません

 マナスルストーブ126を購入したら一緒に揃えておきたいもの3選

manaslu126 (1) マナスルストーブ126を購入したら一緒に揃えておきたいもの3選

 

Sponsored Link

マナスルストーブ126プレヒート!

それではマナスルストーブ126、いよいよ点火の準備といきましょう。

 

manaslu17

この調整弁を左にねじって少し開いたら…

 

この点火カップに予熱剤を8分目ほど満たします

予熱剤とは?
燃料用アルコールです。

そして風防とフレームリングをセットし…

 

点火カップに火を付けます。

えーとこれ、まだ予熱(プレヒート)の段階です(汗)。

さぁお料理出来るまでもう少しです!

 

マナスルストーブ126ようやく点火~

マナスルストーブ126はここからが大変なのです。

STEP.1
点火カップの予熱剤が燃え尽きる少し前に調整弁を閉じる

manaslu(51)

燃え尽きる前ということなんですが気がつけばよく燃え尽きてます(汗)。

でも大丈夫!燃え尽きても問題なく火はつきますよ♪

STEP.2
ポンプを数回ポンピングする。

manaslu(52)

燃え尽きる少し前だろうが燃え尽きた後だろうが、シューっていう音がするまでポンピングしてください。

ほひょ

ポンピングは5回程度かな?
STEP.3
ガスがシューっと出たら点火する

manaslu(53)

取説ではガスが出て予熱剤の炎で点火するとありますが、なかなか着きません(汗)。

ということでガストーチ等を使いましょう。

STEP.4
マナスルストーブ点火!

ごぉぉぉぉぉ~

けたたましい音が鳴り響きます。

ああ、素敵です♪ しかし…

 

 

 

 

 

 

 

め・ん・ど・く・せ・え

プレヒートしてる間にガスバーナーなら料理出来てるよこれ。

ほひょ

それはいくら何でも言いすぎでは…。

 

マナスルストーブ126は点火までが大変!それでもあなたは買いますか?

このマナスルストーブ126の点火までの作業を見て、

あ、無理無理。ガスバーナーにしよーっと。

と思ったあなた、ごもっともです。

え?面白いじゃん♪ 買いたくなってきたかも。

と思ったそこのあなた、もしかしたら私と同じくおかしい人かもしれません(汗)。

でも重ねて言いますけど…

 

madarao-20180722-07

う~んカッコいい♪

ほひょ

キャンプ場でもスタッフの方に褒められちゃった。

それに0.8㍑で燃焼継続時間が5時間ですよ!

燃料代は助かりますが、まぁ…好きじゃないとやってられないかもですね。

あ?火力調整はですね、

  • 火力を強くするにはポンピングをする。
  • 火力を弱くするには調整弁を開いてエアーを抜く。

以上です。

ふふふこれでまたキャンプの楽しみが増えました♪

 おバカさんここに極まれり。マナスルストーブ126で私がやらかしたミスの数々はこちらから。

マナスルストーブでトラブル続出!手のかかる子ほど可愛いは本当?manaslu(58)マナスルストーブ大炎上!修理に出したらまさかの初期不良だった?

 

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)