ソファとしても使えるデイベッドを自作「材料費約5,000円です」

handmade-sofa10

デイベッド(簡易ベッド)としても使えるソファが欲しいんだけど、汚れたらクッションを気軽に取り替えられるものにしたい。
加えてクッションが動かないよう枠を設けたい。

少し特殊な事例かもしれませんが、そんな悩みに対応した自作デイベッドを御覧ください。

デイベッド制作①「フレーム部分」

handmade-sofa1

フレーム部分は予算を安く抑える目的もあり、全て2×4材を用いました。

写真のように1800mm 5本を676mm 2本で上下から挟みフレーム部分を製作。

ほひょ

100mmのビスでしっかりと固定しました。
この作業で使用した材料
  • 2×4材1800mm 5本
  • 2×4材676mm 2本
  • コーススレッドビス4.5×100mm

次は脚を取り付けます。

 

Sponsored Link

デイベッド制作②「フレームと脚の接合」

handmade-sofa2

今度はデイベッドの脚を取り付けます。

210mmの2×4材に木工ボンドを塗り…

 

handmade-sofa3

65mmビスを打って2つ1組にします。

 

handmade-sofa4

これを木工ボンドでフレームの四隅に配置。

 

handmade-sofa5

シンプソン金具リジットタイをワッシャーヘッドビスで固定したら…

 

handmade-sofa6

ひっくり返してこの隅に100mmのビスを打ちました。

この作業で使用した材料
  • 2×4材210mm8本
  • コーススレッドビス3.8×65mmと4.5×100mm
  • シンプソン金具リジットタイ8個
  • ワッシャーヘッドビス4.2×32mm

 

デイベッド制作③「すのこ張り&塗装」

handmade-sofa7

最後にデイベッドのすのこ張りです。

1×4材600mm18枚を等間隔にビスで打てば完成。

 

handmade-sofa8

塗装は必要最低限度のところだけを塗りました。

経費削減だね。

この作業で使用した材料
  • 1×4材600mm18枚
  • コーススレッドビス3.8×41mm

 

Sponsored Link

デイベッドにクッションとカバーを置く

handmade-sofa9

完成したデイベッド兼ソファの枠の中に、ニトリで購入した600×600mmのクッション3つをはめました。

このクッションを3つのサイズに合わせる為に、1800×600mmの枠にしたんだものね。

そしてこの枠の存在が、クッションのずれ動きを防ぐ役割となるわけです。

 

handmade-sofa10

これにカバーをかければ本当に簡単なデイベッドの完成。

 

handmade-sofa11

なおこうして壁にクッションを配置すればソファとしても使用できます。

 

handmade-sofa12

ほひょ

デイベッドの下でわんこが気持ちよさそうに寝てました。

 

デイベッドの材料について

今回はいかに楽に安く制作するかに重点を置きました。

材木の寸法まとめ

2×4材
1800mm 5本
676mm 2本
210mm 8本
1×4材
600mm 18枚

材木切断内訳

2×4材3650mm切断内訳
1800mm×2 2本
1800+676mm×2 1本
2×4材1820mm切断内訳
210mm×8 1本
1×4材3650mm切断内訳
600mm×6 3枚

 

最後に:トータル費用は約5千円

2×4材3650mm 3本 2,094円
2×4材1820mm 1本 378円
1×4材3650mm 3枚 1,404円
補強金具リジットタイ8枚 840円
4,716円
注意
ビス・塗料そしてクッション等の値段は含んでおりません。
クッションも入れるとトータルで1万円くらいかな?

 

steps

そして後日わんこが上り降り出来る階段も作りました。

もちろん手間暇を考えれば既製品より高いのかもしれませんが、自分の好きな大きさ・高さ・仕様に出来るのが自作の良いところですよね。

以上、クッションを簡単に取り替えることが出来るデイベッド兼ソファのDIYでした。

枠を設けないDIYベッドの模様はこちら「制作費用は約1万円」
loft-bed16 ロフトベッドをSPF材でDIY「制作費用は約1万円で難易度は高くありません」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)