私のキャンプスタイルは【静寂】

how-to-enjoy-camping

私が本格的にキャンプを始めたのが2016年の9月。

あの時はまさかここまでキャンプにのめり込むとは思ってもみませんでした。

だって、キャンプって本当に楽しいですものね!

 

私のキャンプスタイルは「静寂」

私のブログをご覧頂くとわかるかと思いますが、私のキャンプスタイルは基本ファミキャンでたまにソロ、そしてごくごく稀にグルキャンです。

いずれにしても私は、

静かなキャンプを好む

というキャンパーです。

なのでグルキャン以外では土日祝日の混雑するキャンプにはあまり行きたくありません。

大騒ぎとうるさいのが本当に苦手なんです。

キャンプ場を貸し切ったことも何度かありましたが、だからといって大声を出すようなことはしませんでした。

ほひょ

むしろさらに静かにして大自然の中の静寂を楽しみました。

だからもし私がブログでキャンプの文句を言うとしたら、周りがうるさかったということでほぼ決まりでしょう。

nuisance キャンプ場でうるさい人がいたら我慢する?それとも怒鳴る?

 

キャンプ場を選ぶ基準

家族で行くのかソロで行くのかでどのキャンプ場に行くかはかなり変わってきます。

ソロなら炊事場がなくても行きますがファミキャンはそうはいきません。

ただし、ソロとファミキャンに共通するキャンプ場選びの基準はあります。

いかに空いているか

これですね。

ギリギリあと1区画空いてます。

と電話で言われたとしても、キャンプ場によっては行かないこともしばしば。

区画と区画がしっかりと区切られているサイトであれば別ですけどね。

つまり、キャンプ場選びで景色がいいとかは二の次で、

いくら景観が素晴らしかろうが空いているサイトに勝るものはない。

これが私達のモットーです。

なので平日に行ったり、土日を避けて日月曜で行ける時は積極的にキャンプをしています。

P_20180606_110023 サイトと自宅を3往復!そこまでするのか? in 海辺の森キャンプ場 shiunji-20181014 (11) キャンプ場から小学校へ行く娘を見送る父親もいかがなものか in 紫雲寺記念公園

 

キャンプ場で心がけていること

基本的には

自分がされて嫌なことはしない!

これに尽きるのではないでしょうか。

具体的には…

  • 音楽をかけたり大声を出さない。
  • 立つ鳥跡を濁さず。特に炊事場の生ゴミには気をつける。
  • 他人の区画には絶対に入らない。

などなど。

ほひょ

夜9時から朝6時までは特に静かにします。

ただこんな偉そうなことを言ってますが、知らぬうちに私も他のキャンパーに迷惑をかけていることはあるかもしれません。

実際過去に一度だけ車の停め方でキャンプ場の管理の方に注意を受けたことがありましたから。

unspoken-rule えっ、キャンプ場の暗黙のルールを知らないの?

 

特に大好きなキャンプ用品

私が特に愛用しているものを…

でも書き始めたらきりがないので、3つのみの紹介に留めたいと思います。

  • ペトロマックスのランタン
  • マナスルストーブ
  • ノルディスクウトガルド

悩みましたけど、この3つがお気に入りかな。

でもこれからキャンプを続けていけば、お気に入りのキャンプギアも変わってくるかも知れません。

ほひょ

それもキャンプの楽しみでもありますね。
petromax00 ペトロマックスランタンHK500「ポンピングは空気入れで簡単に済ませよう」 manaslu05 マナスルストーブはメッチャかっこいい「でも点火までが大変だよ」 utgard-in-snow (3) ノルディスク【ウトガルド】はまさに雪中キャンプ用テント!隙間風・結露よさらば!

 

キャンプ場のイベント等は参加しないキャンパーです

ファミリーキャンパーですと子供が楽しめるイベント等があるキャンプ場を求めている人も少なくないと思います。

しかし、私はそういうイベントはほぼ100%参加しません。

理由は静寂を好む私のキャンプとは相反するからです。

  • 近くを流れる川のせせらぎの音が聞こえるだけのキャンプ
  • 夜に鳴く虫の音だけが聞こえるサイト
  • 焚き火のパチパチという音だけが聞こえるフィールド

私はこうした非日常を求めて、キャンプに行くのです(しかしスマホも持っていくので矛盾してますが)