お気に入りのキャンプギア写真館はこちらから

ムラコ【ニンバス4P】斬新なデザイン!軽いのに強度抜群!素晴らしいテント!

nimbus(26)

このテントとってもカッコいい♪

3人でゆったり横になることが出来るテントを探していたところ、muracoの4人用テント「ニンバス4P」を見つけました。

正面から見るとまるで特撮ヒーローの顔のような…

その斬新なデザインそして滅多に見ないグレーの色に一目惚れしたのです。

しかしニンバスの魅力はそれだけではなかったのです。

重さは3.4kgで4人用とは思えないほどの軽さ!なのに丈夫なつくり!

ほひょ

これはもう買うしかないっ♪

というわけで、早速ムラコ【ニンバス4P】を設営してみました。

ムラコ【ニンバス4P】とは

収容人数4人
耐水圧3000mm
重さ約3.4kg
出入り口2箇所
ポール本数3本
グランドシートなし
収納サイズW55cm H22cm D22cm
テントサイズ

4psize_20180703145824048

出典元:muraco

MEMO
フライシートのみで自立します。

ほひょ

これはインナーテントなしでもいけますね♪

 

Sponsored Link

ムラコ【ニンバス4P】を張ってみよう

nimbus(2)

さぁムラコ【ニンバス4P】を張ってみます。

この収納袋は珍しい米袋スタイルですね。

ほひょ

でも別にここはどーでもいいかな(ひでぇ)♪

 

nimbus(3)

まずはフライシートを広げましょう。

ムラコの「」のマークが正面でわかりやすいです。

 

nimbus(4)

フレームポールは計3本のみ。

 

nimbus(7)

長いフレームポール2本は対角線上にこのポールスリーブに通し…

 

nimbus(9)

つづけて短いフレームポールは横に通します。

ほひょ

黒いポールスリーブです。

 

nimbus(10)

なおこの短いフレームポールは必ず長いポールの下に通しておきましょうね。

 

nimbus(6)

そしてフライシートの6箇所あるグロメット部分のアジャスターを…

 

nimbus(5)

こうして緩めておくとポールをグロメットに通しやすくなります。

そして、

  1. 6箇所あるグロメットにフレームポールを固定。
  2. グロメット部分のアジャスターを張る。
  3. 計12箇所をペグダウン。

この行程を済ませると…

 

nimbus(28)

ニンバスたちあがり~。

ほら仮面ライダーに見える。

ほひょ

私はヒヨコに見えます。

 

ムラコ【ニンバス4P】のガイロープを張りましょう

nimbus(14)

ムラコ【ニンバス4P】の純正自在金具です。

ほひょ

「m」が素敵♪

これを計6本ペグダウンすれば…

 

nimbus(26)

ニンバスできあがり~。

そうそう、ペグですが…

 

nimbus(1)

純正とは思えないほど素敵です。

  • 黒いペグ…6本でガイロープ用
  • 銀のペグ…12本あり本体用

しかし銀のペグが初張りのキャンプで数本曲がりました(汗)。

こりゃもうだめですな。

 

Sponsored Link

ムラコ【ニンバス4P】インナーテントの取付も簡単です

nimbus(17)

では引き続きムラコ【ニンバス4P】インナーテントも設置しましょう。

ほひょ

台形の形です。

 

nimbus(20)

まずはインナーテントとフライシートをこのバックルを用いて2箇所固定し…

 

nimbus(21)

フライシートの丸カンにインナーテントのフックを掛けていきます。

MEMO
計14箇所あります。

さらにインナーテント前方のバックルを2箇所固定して…

 

nimbus(23)

完了です。

あ、そうそう、インナーで3人で寝てみた感想はね…

 

 

 

 

大人4人は絶対無理!

 

3人で寝ましょう。

あと頭を入口側にしたほうがゆったり出来ます。

ムラコ【ニンバス4P】に3人で1泊したキャンプの模様はこちら

ninouji-shrine-camp-20180923(7) 前代未聞!神社拝殿前でおごそかな「境内キャンプ」を楽しんできた♪

 

なお付属のグランドシートはないのでオレゴニアンキャンパーのものを使っております。

 

ムラコ【ニンバス4P】の内部を見てみよう

nimbus(15)

ムラコ【ニンバス4P】の入口、こうして2箇所大きく開けられていいですね。

ベンチレーションが前後2箇所あるのも素晴らしい♪

 

nimbus(16)

横から見るとこんな感じ。

エントリーエリアが結構広いので、ここに様々な荷物を置くことが可能です。

ただ…

 

nimbus(13)

この白いバンドはいくら設営した後とはいえ外すことは出来ません。

ほひょ

つまずかないように。

 

nimbus(18)

こちらはインナーテントを設置していない内部の様子です。

このほうが開放感ありますな。

インナーテントなしでコットで寝るソロキャンにもぴったりですね。

ニンバスでインナーなしのソロキャンした模様はこちら

psychic spot(17) 新潟県屈指の心霊スポットでソロキャンプ! in 内の倉ダム湖畔

 

ムラコ【ニンバス4P】は素晴らしいテント♪

nimbus(25)

設営した後、嫁と2人で「カッコいい」を連発し、色んな角度からムラコ【ニンバス4P】の写真を撮りまくりました。

夜のニンバスも素敵だね~

これならさすがにキャンプ場に行ってもテントでカブることはないでしょう。

 

なお色違いで…

この黒いバージョンもいいですね♪

黒いテントってキャンプ場に行ってもあんまりないものね。

ただ黒だと暑い日はちとキツいかな(汗)。

実は最初は黒のブラックビークを注文したのですが、暑さの心配からグレーのニンバスに変更しました。

ブラックビーク・ニンバスいずれにしてもこの個性的なテントを設営すれば…

ほひょ

キャンプがより楽しいものになること間違いなしですね♪

 

ムラコ【ニンバス4P】でのキャンプの模様はこちら

solo-camp-20180925(10) 嫁が初めてソロキャンプに行ってきた! in 海辺の森キャンプ場 ninouji-shrine-camp-20180923(7) 前代未聞!神社拝殿前でおごそかな「境内キャンプ」を楽しんできた♪ psychic spot(17) 新潟県屈指の心霊スポットでソロキャンプ! in 内の倉ダム湖畔 takitani-20181007(9) カメムシ王国へようこそ!滝谷森林公園キャンプ場 shiunji-20181014 (11) キャンプ場から小学校へ行く娘を見送る父親もいかがなものか in 紫雲寺記念公園

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です