愛用してるキャンプギア写真館はこちらから!

使えば使うほどに輝きを増す ファイヤーサイド「グランマーコッパーケトル」

snowpeak-20181104 (20)

オシャレなケトルがほしい!

もしもあなたが薪ストーブを使っていたり、焚火で素敵なケトルを使ってみたいと思っているなら…

この銅製のグランマーコッパーケトルがピッタリではないでしょうか。

使えば使うほどに味が出てくる、それはもう素晴らしいケトルなのです。

グランマーコッパーケトル(小)とは

created by Rinker
ファイヤーサイド
¥16,480 (2018/11/14 12:30:23時点 Amazon調べ-詳細)
箱の大きさ18×23×高さ23cm
サイズ底の直径18cm×高さ24cm
木製ハンドル込高さ30cm
フタ開口サイズ約8cm
容量3.3リットル
(実質2リットルまで)
材質銅(内側スズメッキ)
重さ1kg

ほひょ

銅は熱伝導率がとてもよく、またケトルの底が広いのでお湯がすぐに沸きますよ♪

 

Sponsored Link

グランマーコッパーケトルにはフジカハイペットがよく似合う

grandmas-copper-kettle (1)

早速自宅に届いたケトルをフジカハイペットの上に置いてみました。

素敵過ぎる。

この光沢たまりませんね。

銅ですが黄金聖闘士みたいです。

そしてお湯をケトルに入れ、フジカハイペットに点火~!

注意
お湯は注ぎ口の下端まで!水の量が多いと熱湯が吹き出したりする危険があります。

ほひょ

容量は3.3リットルとあるけど実質2リットルちょいです。

 

grandmas-copper-kettle (2)

我が家のワンコも暖かくて気持ちが良いのでしょうね。

さらにケトルの中で沸騰したお湯の蒸気が出ることで、加湿器代わりになります

注意
火傷には十分注意しましょう。

 

グランマーコッパーケトルを焚火で使おう

自宅で使っている分にはケトルの色の変化はありません。

それはそれでずっと綺麗なままでいいのかもしれませんが、私達はやっぱり一年中キャンプでも使いたい。

そんなわけでグランマーコッパーケトル購入後初めてのキャンプに行ってきました。

 

grandmas-copper-kettle (3)

このケトルの箱、なかなかカッコ良いんです♪

捨てないでケトル入れに今後もずっと使おうと思う。

 

snowpeak-20181104 (3)

そしてこのグランマーコッパーケトルをそもそも買うきっかけとなったユニフレームの薪グリルの上に…

まだ購入したばかりの綺麗な状態のケトルを置いてみました。

この綺麗な色も今回で見納めかぁ…

そう思うと少し寂しい気もしますが、焚火で色がいい塩梅になったケトルも早く見てみたい、そんな複雑な気持ちで薪に火をつけるのでした。

mizutani-park (3)その炎その暖かさを独り占め ユニフレーム「薪グリル」

 

snowpeak-20181104 (4)

そういえば薪グリルを購入したことで増えたギアがもう一つありました。

ファイヤーブラスターです。

キャンプギアが芋づる式に増える様は我ながら恐ろしいです(汗)。

 

そして、翌朝を迎えると…

 

Sponsored Link

そこには一晩で見事に育ったケトルが存在していた

snowpeak-20181104 (11)

御覧ください!

昨夜は暗くてよく見えなかったけど、一晩だけでこんなに色が変わりました!

ああ…グランマーコッパーケトル、なんて素敵なのでしょう♪

黒くなった下の方から上に行くにつれて銅色がクッキリするこのグラデーション、煤け具合がたまりません。

そしてこの色合、使えば使うほどにさらに味が出てくるそうな…

ほひょ

今後のキャンプの楽しみがまた増えました。

 

グランマーコッパーケトルの主な注意点とその特徴

grandmas-copper-kettle (6)

ケトルを使ったことがないという方はまずいないでしょう。

空焚きしては駄目だとか、湯沸かし直後にすぐ注いでは駄目だとか、そういう情報は割愛!

最小限の注意事項だけ記述致します。

  • IHには使用できません。
  • 初めて利用する際は洗剤で洗い、お湯を沸騰させ捨ててから使用すること。
  • 水滴はこまめに拭き取ったほうがムラのない色合いになる。

こんなものでしょうか。

さらに細かな部分を見てみましょう。

 

grandmas-copper-kettle (4)

ケトルのフタにはお湯を注ぐ時に外れないよう、このようなストッパーがあります。

 

grandmas-copper-kettle (5)

さらに注ぎ口に少し角度がある為、注ぐ時にお湯がたれにくく水切りがいいのも特徴です。

お高いだけあってこういうところはしっかりしてるね。

 

グランマーコッパーケトルは趣味の世界だと思います

そもそもケトル、やかんというのはお湯を沸かす為のもの。

普通であれば、

  • 火傷がしにくいもの
  • 扱いが簡単なもの
  • すぐにお湯が沸くもの

これらをケトル購入の際には重視するはずです。

しかしこのグランマーコッパーケトル、銅なので確かにお湯はすぐに沸きますが…

扱いが結構大変なのです(汗)。

  • お湯を注ぐ時は補助ハンドルも掴んで両手でやらなければならない。
  • しかも補助ハンドルはグローブをしなければ絶対に火傷をする。
  • ケトルの重さが1kgとなかなかのもの。

それでも私達はこのケトルの美しさに魅了され、他に実用的なケトルがあるのにこのグランマーコッパーケトルを購入しました。

 

snowpeak-20181104 (20)

…何回見ても、ずっと眺めていてもその美しさがたまりません、飽きません。

ケトルに1万円以上出すなんて正気の沙汰とは思えんとか言ってたよね?

ん?そんなこと言ったっけ?(汗)

そんなことを言ったのも忘れるくらいの、素敵なケトルなのです。

 

created by Rinker
ファイヤーサイド
¥16,480 (2018/11/14 12:30:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥12,000 (2018/11/14 07:43:34時点 Amazon調べ-詳細)

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です