お気に入りのキャンプギア写真館はこちらから

【ユニセラTG-Ⅲミニ】ソロだけじゃなく親子3人のファミキャンでも十分なコンパクトグリル!

unicera(4)

  • 親子3人だと普通の大きさのグリルでもちょっと持て余している。
  • さらにテーブルの上にも載せられるくらいコンパクトなグリルがあればなぁ。

少し前までは私達も焼き肉をガッツリ食べてましたが、最近は少なくなってきました。

さらにソロキャンもするようになり…

ほひょ

グリルの小型化・軽量化をしたいと思い始めたのです。

そこで私達が目をつけたのが…

ユニフレームのコンパクトグリル【ユニセラTG-Ⅲミニ】

使用してみて改めてこのグリルの素晴らしさを実感出来ました。

【ユニセラTG-Ⅲミニ】とは

サイズ使用時170×250×190mm
サイズ収納時170×165×85mm
材質本体ステンレス鋼
特殊セラミック
重さ約2kg

ほひょ

普通の大きさのユニセラTG-Ⅲも考えましたが、大きさを見てこれなら親子3人のファミキャンでもいける!と思いミニにしました。

 

Sponsored Link

【ユニセラTG-Ⅲミニ】の組立方法は簡単

unicera(5)

【ユニセラTG-Ⅲミニ】の部品は6つに別れております。

 

unicera(14)

まずはユニセラ本体を寝かせた状態にして…

 

unicera(12)

パカッと開きます。

 

unicera(10)

続けて2つある側壁をこのようにしてはめ込んだら…

 

unicera(9)

今度はスタンドを広げましょう。

ほひょ

こうすることで側壁も本体にしっかりと固定されます。

 

unicera(7)

そして残るは3つのパーツです。

まずはロストルから。

ロストルとは?
底網のことです。

 

unicera(11)

ロストルを側壁下部から差込んだらさらにこの灰受けを…

 

unicera(6)

ロストル下に差し込み、さらに焼き網をセットして組立完了です。

意外と簡単だね。

 

【ユニセラTG-Ⅲミニ】着火はエコココロゴスがオススメ

unicera(2)

本来なら【ユニセラTG-Ⅲミニ】のロストルの上に炭を載せ、灰受けに入れた着火剤に火を着けるわけです。

しかしそんなの面倒!という人にはこのエコココロゴスがオススメです。

MEMO
バーナーで同じ箇所を約20秒ほど火を当てるとそこからジワーッと全体に火が行き渡ります。

ほひょ

ただこのエコココロゴスが意外とお値段高いんですよね。

なお主壁の白い部分はセラミックです。

セラミックだと何がいいの?
遠赤外線を反射し、熱をムラなく伝える優れものだからです。
だから少量の炭でも充分なんだね。

それからセラミックが壊れたら取替も可能です。

あとヒビくらいなら反射熱の性能は落ちないので使い続けましょう。

 

Sponsored Link

【ユニセラTG-Ⅲミニ】火力調整は焼き網を裏返しに!

unicera(4)

【ユニセラTG-Ⅲミニ】の基本はこの遠火です。

ですがもう少し火力が欲しい時がありますよね。

そんな時は…

 

unicera(3)

こうして裏返し、近火にしましょう。

つまり火力は二段階調整が可能ということね。

 

【ユニセラTG-Ⅲミニ】で荷物の小型・軽量化に成功した

IMG_20180701_175051862

今まではスノーピークの焚き火台炭床を載せ、肉を焼いて食べてました。

ところがこの炭床が非常に重い(汗)。

何とかならないものかといつも考えていたのです。

 

psychic spot(2)

加えて最近はお肉をガツガツ食べることが少なくなってきました。

ほひょ

少し食べれば十分なんです。

ならばソロキャン向けの【ユニセラTG-Ⅲミニ】でも親子3人くらいならいけるんじゃないかって。

そして実際これで焼いて食べてみたところ、ちょうどよかったんですよね♪

荷物とその重さを減らすことが可能となりました。
お肉をもりもり食べる人には小さいかもだけどね。

一度にサンマを3匹焼くなどには流石に不向きですが、少量のお肉を焼いて食べるには最適のグリルですよ♪

 

 ファミキャンでもソロキャンでも手放せないコンパクトグリル!

 ユニフレーム推奨の炭は岩手切炭です!

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

2 Comments

みーこパパ

こんばんは(^o^)
いつもツイッターではお話させてもらってますが、
たまにはこちらにもコメントを...w

ユニセラかっこいいですね~(^^)
これはソロキャンプも捗りそうです!
私も小さい卓上BBQコンロ探した時に検討したんですけど、
値段の安い尾上製作所さんにしてしまいました。

ユニフレーム、尾上製作所とも、新潟の会社ですね(^o^)
スキーでしか行ったことがないので、いつかキャンプにもお邪魔したいです。

返信する
ほひょ

みーこパパさんコメントありがとうございます(^^)

ユニフレームのユニセラと、キャプテンスタッグのB6を最後の最後まで悩みましたが、結局ユニセラにしました。

実際ソロキャンプでも使用しましたが、ちょうどよい大きさですね。

そして親子3人でのファミキャンでも一度使いました。

もしかしたら小さいかな~とも思ったのですが十分でしたね。

私達は最初は卓上のグリルから入り、それからスノーピークの焚き火台で肉を焼くようになり、また卓上グリルに逆戻りしました。

新潟ははっきり言って何もないところです。

ですが、スノーピーカーの聖地もありますし、ぜひぜひみーこパパさん!キャンプにいらしてくださいね(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です