コールマン【スチールベルトクーラー】の色を赤から黒に塗装してみた

Steel-Belted-Portable-Cooler (14)

最初買った時は赤が気に入ってたけど、黒のスチベルが欲しくなってきた。

こういうのはよくあることで、ではまた黒いスチールベルトクーラーを買えばいいじゃない♪

…とはなかなかいきません(汗)。

ほひょ

高額ですもの。

そこで今回は私達も愛用しているコールマンのクーラーボックス【スチールベルトクーラー】の色を…

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (1)

この赤い色から…

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (22)

塗装して黒に変えてみました。

ほひょ

新しいのを買うより安く済んだけど養生テープが大変でした。

コールマン【スチールベルトクーラー】について

大きさ 60×42×高さ41cm
重さ 7.5kg
容量 51リットル

ほひょ

保冷力抜群でしかもデザインも素晴らしく、余りにも有名ですね。

 

Sponsored Link

スチールベルトクーラーの色を変えたいと思った理由とは

snowpeak-hq-20190406 (4)

こちらはウトガルドの中の様子です。

ランドロックやテンマクサーカス720DXであれば赤いスチールベルトでも問題ありませんでした。

しかし個人的な感想として、ウトガルドには赤いクーラーボックスは合わないような感じがするのです。

 

snowpeak-hq-20190406 (20)

こちらはグルキャンをした時のもの。

ウトガルド手前右側に黒いスチールベルトがありますが、もう違和感なく溶け込んでます(このスチベルはグルキャン仲間のアタさんのもの)

もちろんカーリ20のポールが黒というのもあるでしょう、なるべく黒で統一させれば落ち着くのではと感じました。

ニーモ【アジャスタブルポール】でタープ張りがとっても楽になった♪しかも黒くてカッコいい!
nemo-pole01 ニーモ【アジャスタブルポール】でタープ張りがとっても楽になった♪しかも黒くてカッコいい!

 

スチベルの色を変える前の準備

クーラーボックスの色を変えると言ってもそうそう簡単に出来るわけではありません。

塗る前の準備が肝心ですよね。

塗装はムラが出にくいスプレー缶で

Steel-Belted-Portable-Cooler (1)

まず用意したのが黒のスプレーと養生のテープです。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (2)

スプレー缶は2,500円くらいとちと値ははりましたが、レビューでも好評だったこのイサムのエアーウレタン【ブラック】にしました。

スチールベルトを分解する

Steel-Belted-Portable-Cooler (4)

塗装しやすいように、外せるものは取り除きましょう。

まずはこの「ちょうつがい」から。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (5)

プラスのドライバーで簡単に外れます。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (6)

このストッパーも…

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (7)

簡単に外れます。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (8)

しかし残念ながらこのハンドルは外れないので、ここを避けて塗布するしかありませんね。

スプレーの塗料がかからないよう養生する

Steel-Belted-Portable-Cooler (9)

実はこれが一番苦労しました(汗)。

外すことが出来ればなんてことはなかったのですけども。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (3)

もちろんコールマンのエンブレムも黒く塗るわけにはいきませんので養生します。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (10)

さらに蓋と本体の間の白い部分は黒で塗りたくないのでここも養生テープを貼りました。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (11)

加えて蓋の内側にもテープを貼り、本体を逆さにして下の黒い部分も養生しました。

ほひょ

養生テープを貼るだけで30分かかってしまいました。

さぁこれで準備は整いました!

 

Sponsored Link

スチールベルトを赤から黒色に変えよう

Steel-Belted-Portable-Cooler (13)

これで赤いスチールベルトも見納めです。

スプレーなので新聞紙をして汚れないようにします。

注意
私は家の中でやりましたが、スプレーで部屋の中がかすんでしまうのとシンナーの匂いがキツいのでおすすめしません。

車庫があるならそこでやったほうがいいと思います。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (14)

スプレーは一気に塗るのではなく、3回に分けて重ね塗りをすると綺麗に仕上がります。

  • スプレーの噴出口と塗る面は20cmくらい離す。
  • 塗る面と平行に移動しながら薄めにまんべんなく吹きかける。
  • 15分間隔で3回塗り重ねる。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (15)

そして逆さにしていたスチベル本体をひっくり返すとやはり塗られてない箇所がありますね。

塗り残しをチェックし、しっかりスプレーを吹きかけます。

なお今回使用したイサムのエアーウレタンは乾燥が早いのも助かります。

MEMO
3回塗り重ねてから約1時間程度もあれば乾きます。

 

最後の仕上げ:養生テープを剥がして組み立てる

Steel-Belted-Portable-Cooler (17)

まずはコールマンのエンブレムから。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (18)

…ちょっと赤いラインがうっすら見えますがまぁいいでしょう。

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (19)

一番やっかいだったハンドル部分の養生テープを剥がしていくと…

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (20)

うーんちょっとスプレーの吹きかけが甘かったですね。

…まぁいいでしょう(←ホントか?)

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (16)

そして蓋と本体の白い部分の養生テープを取り除き…

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (21)

外しておいたちょうつがいやストッパーをプラスのドライバーで取り付けたら…

ムラがありますけど?

 

Steel-Belted-Portable-Cooler (22)

完成です♪

近くで見ると確かにムラが気になるところもあるけど、遠くからなら気にならないと思う。

 

塗った感想:もうやりたくない(笑)

Steel-Belted-Portable-Cooler (23)

うむ、なかなかいい感じじゃない。

そして今思えばツヤけしブラックにすれば良かったかもです。

そして今回の塗装で一番大変だったのはやはりハンドル部分の養生ですね(汗)。

ほひょ

ハンドルが簡単に外れるタイプだったら楽だったのに。

正直もうやりたくない作業です(泣)。

ただこれで色がテントに合わないという不満も解消出来ました。

多少の塗装ムラはありますが、おおむね良かったと思っております。

よし、この黒く塗ったスチールベルトでキャンプ行こっと♪

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

2 COMMENTS

アバター NYなゆぱぱ

一度、色が合わないと思い始めちゃったら気になりますもんね。

でも、スチベルほど大きいものをよくやりましたね。
私が塗装したことあるのは、シングルバーナーのゴトクが
サビだらけだったのでサンドペーパーで磨いて
耐熱塗料で塗ったことがありますが大きさが違いますから
どんだけ大変だったかと・・・。

これからは、いろんなものにチャレンジできますね。

返信する
ほひょ ほひょ

なゆぱぱさんこんばんは\(^o^)/

スチールベルトクーラー、確か赤を買った理由が安かったからだったような…

まぁランドロックとかサーカス720DXにも合いましたしそれはそれで良かったんですけども、最近はタープのポールも黒を使っていることもあって赤のクーラーボックスが浮いていたんですよね(汗)

そこでいっそのこと色を塗って変えてしまおうということで塗ってみました。

スプレータイプですので塗布は楽でしたが、養生テープを貼る作業が苦痛でした^^;

いや、もうチャレンジはいいかな(笑)

そういえばなゆぱぱさん、埼玉の桜綺麗でしたね♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)