アルバートルのマルチギアコンテナ「購入するなら絶対セット買い!」

albatre (19)

キャンプギアの収納コンテナはソフトにしよう♪

ハードが主流だったキャンプも最近はソフトコンテナが結構な人気。

ソフトコンテナ購入を検討している人も少なくないでしょう。

そこで次に考えるのは…

  • どのメーカーのものがよいか
  • どのサイズのソフトコンテナを買えば良いか

そんなあなたには、迷わずデザイン抜群のアルバートルギアコンテナのセット買いを強くオススメします。


実はソフトコンテナはどんなものかという軽い気持ちで買ったのですが、意外や意外、今ではキャンプで全て大活躍!

しかもおまけ程度に考えていたスクエアバッグは普段でもガンガン使えるという…

加えてセットだとバラで買うより安いし断然お得!

ほひょ

きっと、あなたもどのサイズにしようかというよりはセットで買おうと思うはずです。

アルバートルマルチギアコンテナの容量は48と68リットル

種類 48リットル 68リットル
サイズ 50×30×高さ32cm 60×38×高さ30cm
重さ 1.6kg 1.7kg

albatre (6)

まずはアルバートルマルチギアコンテナ、メインの48と68リットルの2つのコンテナの紹介から。

大きさが異なるだけで基本的な仕様は全く同じです。

中身に合わせて変形してくれるのが最大の利点

albatre(35)

これはアルバートルのみならずソフトコンテナ全般に言えることですね。

 

albatre(32)

例えば収納したいモノがアルバートルのコンテナより高さがあっても…

 

albatre(34)

多少膨らむものの中身に合わせてコンテナが変形してくれるので、ハードコンテナに比べて自由度が非常に高いのです。

やろうと思えばその特性を生かし隙間なくきっちり収納出来ますね。

でもこの上に重いものは乗せられない。

持ち運びが片手で出来る仕様

albatre (5)

アルバートルのマルチギアコンテナにはこれでもかとハンドルが全部で6つもあります。

 

albatre (4)

こちらを持ってもよいし…

 

albatre (20)

この長めのハンドル2本をマジックで固定すれば片手での持ち運びも可能。

これがハードコンテナと大きく異なる特徴の1つでもあります。

コンテナ内部は便利な仕切り付

albatre (3)

それでは開閉が楽な2つのジッパープルを開き、アルバートルのマルチギアコンテナ内部を見てみましょう。

 

albatre (17)

48リットルにはこの仕切りが2枚、68リットルには3枚付属しており、共に位置調整が可能というのが整頓好きにはたまらなく嬉しいです。

 

albatre (15)

蓋の裏はメッシュになっていて、こちらにも収納が可能。

 

albatre (16)

ビニール袋やごみ袋などを入れると良いでしょう。

重いモノの収納は注意が必要

albatre (14)

個人的な使い方としては、48・68リットル共に比較的軽いものを入れております。

 

albatre(30)

コンテナ底は比較的固めの板、そして側面も厚いのですけどね(;^ω^)

容量が大きいだけにあれもこれもと重いものを入れるとかなりの重さになってしまい、運ぶのが億劫になります。

ほひょ

スキレットやダッチオーブンはキツい。

例えば車内に置きっぱなしにして使用する都度ギアを出すのであれば、重いものを入れてもよいかもしれませんね。

 

albatre (10)

当然荷物の量にもよりますがソロキャンならばメインは48リットルコンテナが最適と思います。

チェアとか他のものと同じ色にすると統一感があるね。

拡張性あるカラビナループの存在

albatre (2)

アルバートルのマルチギアコンテナをぐるりと囲むようにあるカラビナループのおかげで、シェラカップ等様々なものを引っ掛けたりすることが出来るのも便利ですね。

私は写真のJETEDCのポーチを取り付けてまして…

 

albatre (8)

中身に救急セットを入れてます。

登山する時もこの救急セットの入ったポーチを持ってくので、簡単に外せるようにしてます。

若干色が異なりますがお値段も手ごろですしさほど違和感はありません。

もしくは同じアルバートル「ウォールポケット」なんかも良さそうですよね。

こうして色んなものを取り付けたり出来るのも楽しくて良いじゃないですか。

 

Sponsored Link

スクエアバッグが意外に活躍

さてアルバートルのメインコンテナの紹介を一通り済ませたところでもう1つのスクエアバッグについてです。

 

albatre (13)

アルバートルコンテナセットの1つであるこのスクエアバッグ、おまけ程度に考えていましたが実はキャンプだけでなく普段でも結構使える優れものです。

MEMO
サイズは36×29×高さ26cmで写真のように自立します。

 

albatre (12)

スーパーやコンビニ等で食材をたくさん買う時には買い物袋としてかなり重宝しており、車内に常備してます。

バッグには底板が入っており、持ち上げても荷崩れしない仕組み。

しかも容量は最大何と28リットルと普通の買い物かご並みです。

MEMO
68リットルのコンテナにこのインナーバッグがちょうど2つ入る大きさです。

 

albatre (11)

キャンプ前の買い出しにこのバッグを使い、冷蔵を要するものだけをクーラーボックスに移し替えキャンプ場にこのまま持って行ってます。

マジックが付いているから中身を隠すことも出来ますよ。

加えてデザインが良いのでこのままサイトに置いても、あからさまな買い物袋と異なり全く違和感がないのが良いですね。

セット買いがオススメという理由はこれか。

 

最後に

albatre (7)

アルバートルは48リットルコンテナが1つあればそれでいいかなと考えている人もいるかもしれませんが…

使い勝手の良さとデザインの秀逸さに、多分すぐにもう1つ欲しくなるはず。

だったら最初からセットで買った方がお値段も断然お得ですしスクエアバッグも付いてきます。

  • 絶対複数欲しくなる
  • 同じアルバートルで統一感が増す
  • セット買いが値段的にお得

そんなわけで、今回紹介したアルバートルのマルチギアコンテナセットを強くオススメします。

ほひょ

コンテナの色も様々あり選択肢の幅が大いにあるのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)