ペトロマックス灯油ランタン購入時に揃えておきたいもの9選

P_20180427_190851

ペトロマックスのランタンを買ったはいいけど、他に必要なものって何があるんだろう。

ペトロマックスの灯油ランタンHK500の値段は2万5千円を越え、決して安いものではありません。

「それなのにまだ買わなきゃいけないものがあるの?」

そう思うかもしれませんが、ここで紹介するのは本当に必要なものばかり。

ほひょ

別売りじゃなくセットで良かったんじゃないかってのもあります。

これからペトロマックス灯油ランタンHK500を購入しようとしている方の参考になれば幸いです。

①リフレクター

petromax-fuel01

ああ、ペトロマックス素晴らしい…

キャンプ場がガラガラであればこの状態でも何てことはないのですが、混雑したサイトとなるとさすがにまぶしすぎて他のキャンパーの迷惑になることも。

それなら明るさを弱く調整すればいいじゃん!

…残念ながらペトロマックスHK500、明るさ調整が出来ないのです(汗)。

そこで、

 

petromax-fuel00

この傘、つまりリフレクターをつけることで光を下方に反射させましょう。

ほひょ

あとリフレクターつけるとかっこいいしね。

 

Sponsored Link

②ランタン収納袋

petromax-lantern (1)

ペトロマックスHK500を買うとこのような箱に入ってきます。

が、この状態でキャンプに持っていくのはちと心もとないです。

 

petromax02

そこでこの黒い収納袋の購入をオススメします。

注意
ランタンを収納する箱は捨てないでください。

というのも、この黒いバッグにペトロマックスの灯油ランタンを箱ごと入れるからです。

ほひょ

店員さんに言われなかったらビリビリに破いていたところでした。

 

petromax03

収納袋上部には取っ手がついているので片手で運べるのも便利ですね。

またリフレクターもこうして収納可能ですが、ハッキリ言って収納しても邪魔なのです。

まぁこれは仕方ないかな。

 

それから実はこんな箱もあるのですが…

リフレクターが収納出来ないとの値段が高すぎるので却下しました。

ほひょ

カッコいいですけどね。

 

③マントル

petromax-lantern (2)

ペトロマックスHK500のマントルは他のランタンのものに比べて若干壊れやすい印象です。

1枚税抜きで300円するので決して安くはないものですが、万が一に備えて数枚揃えておきましょう。

 

petromax-lantern (3)

かさばらないので収納袋のフタの裏に入れておけばよいですね。

 

Sponsored Link

④ステンレス製ノズル

マントルを装着する部分であるノズル、ペトロマックスの純正はセラミック製で実は壊れやすいのが難点なのです。

別売のステンレス製ノズルの購入を強くオススメします。

ほひょ

「最初からこれにしてくれればいいのに」というくらいのペトロ必需品です。

 

petromax-hk500 (8)

それからノズル破損についてですが、ペトロマックスランタンを点灯させる度にノズルとガスチャンバーの間に緩みが発生してしまうことが原因の1つでもあります。

セラミック製のノズルが外れ落ちて破損してしまう、そんなことにもならないよう初めから対策しておきましょう。

petromax-hk500 (7) ペトロマックス灯油ランタン最大の弱点!必ず発生する緩みとは?

 

⑤フューエルファネルと⑥フューエルボトル

petromax-lantern (5)

ペトロマックス灯油ランタンには最初から青いジョウゴが付いてきます。

それほど悪いものではありませんが、このコールマンの赤いフューエルファネルがあると大変便利です。

  • 給油タンクの口とファネルの差込部分がちょうど合う。
  • ファネルの口が広く給油しやすい。
  • 正しいやり方で給油すれば満タン時には給油が止まる。
なかなかお利口なグッズだね。

 

加えてソトのフューエルボトル1000mlもあればさらに便利!

MEMO
ぺトロマックス灯油ランタンは最大1000mlの灯油が入ります。

ほひょ

空の状態であれば何も考えずにこれ1本分の灯油を入れればいいわけですからね。
petromax-soto-coleman (4) Petromax ランタンの給油には欠かせない「フューエルボトルとフューエルファネル」

 

⑦パナレーサー携帯空気入れと⑧ポンプアダプター

思うにこれらがペトロマックスHK500で一番買ってよかったと思える絶対必需品!

ほひょ

ペトロマックスHK500最大のストレスであるポンピングを劇的に楽にするものです。

 

petromax-lantern (6)

パナレーサー携帯空気入れです。

MEMO
様々なバルブに対応する付属品もついてきますが、ペトロには必要ありません。

 

petromax-lantern (4)

さらに純正の青いポンプを外し、別売のポンプアダプターに変えましょう。

 

petromax-lantern (7)

こうしてポンプアダプターのキャップを外してポンピングすると、速攻でタンク内に圧を加えることが出来ます。

純正の青いポンプでポンピングを行う猛者もさももちろんいますが、暑い夏だと地獄です。

汗がしたたり落ちるよね。

petromax00 ペトロマックスランタンHK500「ポンピングは空気入れで簡単に済ませよう」

 

⑨笑’s 割れない火屋(ホヤ)リフレクター110

petromax-shos (7)

純正のガラスのホヤが衝撃で割れてしまった(汗)

そんな心配はなくなります。

加えて…

 

petromax-shos (3)

半分が反射板、半分がメッシュになってるのでこのようにリフレクターとしての機能も備え、さらには寒い時には暖房代わりにもなる優れモノです。

大きい傘のリフレクター代わりにもなるね。

ちなみに我が家ではこれを買ってリフレクターはお役御免と相成りました。

petromax-shos (2) 笑’sの割れないホヤ「Petromax ランタンのリフレクターと暖房の2役に!」

 

最後に:初期投資はかかるけど一生モノのランタン

ペトロマックス本体の値段を見ると「うーむどうしよう」と躊躇してしまうレベルです。

ところが他にも必要なものを揃えますと本体も含めて合計で倍の値段、つまり5万円くらいは考えていたほうがいいです

高いな~切ないな~

実際私達もいろいろ買ったらえらい金額になり顔が引きつりました(汗)。

ところがです、そんなことがもうどうでも良くなるくらいにペトロマックスの灯油ランタンがかっこよすぎてたまらなくなります。

 

shiunji-family-solo-camp00

御覧ください、もう今まで使っていたランタンには戻れません。

多少値は張りますが、ペトロマックスの灯油ランタンがあれば、ずっとずっとあなたのテントに光を灯してくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)