ペトロマックス灯油ランタン最大の弱点!必ず発生する緩みとは?

petromax-hk500 (7)

きゃーペトロマックスの灯油ランタン使用中にマントルがノズルと一緒に落下したぁ!

ペトロマックスランタンの燃料は灯油なので、高価なガスに比べて燃料代をかなり安上がりに出来るのが魅力。

ほひょ

加えてカッコいい!

そんなペトロマックスの灯油ランタンですが、使用するとガスチャンバーについているノズルが緩み、締めないでずっと使い続けると最悪の場合はノズルが落ちてマントルと共にノズルがオシャカになるという欠点があるのです。

大問題だわ。

その緩みはもうどうしようもありません。

針金で固定するか、ペトロマックスを使ったその都度ノズルを締め直す必要があるのです。

ペトロマックス使用後のノズルの緩みとは?

petromax-hk500 (9)

マントルが切れかかってますが、マントルがかぶっているノズルがガスチャンバーにしっかりとハマっている正常な状態がこれ。

で、ペトロマックス灯油ランタンHK500を使用するとこれが一体どうなるのかというと…

 

petromax-hk500 (8)

こんな風にノズルが緩んでしまうのです。

ペトロマックスランタン使用後は必ずここを手で締めるようにしないとだね。

その手順は特別難しいことはありませんが、少し気をつけなければいけないことがあります。

そう、マントルを壊さないようにすることです。

 

Sponsored Link

ペトロマックスランタンのノズルを締める

petromax-hk500 (6)

まずは写真のようにねじを緩めてペトロマックス灯油ランタンHK500のヘッドカバーを取ります。

MEMO
ネジは右側も緩めます。

 

petromax-hk500 (5)

ヘッドカバーを取り上げるとインナーチムニーが出てきます。

このインナーチムニーをさらに取り出すのですが、この時にうっかりマントルを傷つけてしまうとマントルの交換を余儀なくされますのでご注意を!

 

petromax-hk500 (4)

これは1回のキャンプで使用した後の写真です。

ノズルとガスチャンバーの間に少し隙間が出来ているのがわかりますね。

 

petromax-hk500 (3)

ノズルを手で締めるのですが、この時もマントルに触らないよう慎重に締める必要があります。

締めたら後は元に戻すだけ。

ほひょ

ペトロマックスのランタンを使ったらその都度やらなければいけないのです。

 

針金でノズルとガスチャンバーを固定する

使う度に分解してノズルの緩みを締め直すなんてめんどくさい!

実はそれを解決する方法としてノズルとガスチャンバーを針金で固定するというものもあります。

毎回の締め直しが嫌いな人は針金で固定するとよいでしょう。

ちなみに私はこのノズルの締め直し作業が何故か大好きで、針金による固定はしてません。

ほひょ

灯油を入れるついでに締め直してます。

それくらいペトロマックス灯油ランタンHK500が大好きなのです。

 

Sponsored Link

最後に:ペトロマックス灯油ランタンは手がかかる

P_20180606_182630_HDR

ペトロマックス灯油ランタンの欠点とは?

と聞かれたらまず出てくるのがこのノズルの緩みそしてノズル落下ですね。

それから純正のノズルはセラミックで落下するとすぐに壊れてしまうので…

毎回ノズルを締め直しているとしても、このステンレスノズルに交換しておいたほうが無難です。

  • とにかく面倒な人→針金でノズルとガスチャンバーを固定
  • 面倒も大好きな人→毎回分解してノズルを締め直しましょう

いずれにしてもガスやLEDランタンに比べて、ペトロマックス灯油ランタンHK500はなかなか手がかかりますね。

でもそれがまた面白いんだよね。

ペトロマックス灯油ランタンを買ったら同時に揃えておきたいもの9選
P_20180427_190851 ペトロマックス灯油ランタンを買ったら同時に揃えておきたいもの9選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)