テンマクデザイン【サーカス720DX】の設営方法「タープを張るような感じです」

snowpeak-20181104 (1)

テンマクデザイン【サーカス720DX】って結構な大きさだけど、1人でも簡単に設営出来るんだろうか…

結論から言うと、楽チンです。

ポールも含めた総重量が24キロあるのは少々ネックですが、立ち上げに要する時間は慣れれば1人でも15分くらいで完了します。

ほひょ

インナーテントの設置も速攻で終わりますし。

今回はインナーテント設置とスカート部分のペグダウンを含まない、必要最小限の設営手順を紹介致します。

サーカス720DXにクロスポールを固定するまでの手順

それでは最初に幕とポールを固定する作業を初めます。

 

circus-720dx (2)

まずサーカス720DXの幕を広げたら、クロスポール2本の根元となる矢印の計4箇所をペグダウンします。

その際に4箇所を結ぶ黒いベルトが四角形になるようにしてください。

理想は90度ですが大体でいいです。

ほひょ

これは後ほど微調整します。

 

circus-720dx (1)

なお4箇所のペグダウンはこのように黒いゴムに行います。

 

circus-720dx (3)

では今度はこの重たいクロスポールを組み立てます。

 

circus-720dx (4)

手前の短いポールはサイドフラップを立ち上げるアップライトポールですので今回は使いません。

 

circus-720dx (6)

それでは今度はクロスポールをサーカス720DXの幕に固定する作業に入ります。

 

circus-720dx (7)

このようにベルトをリング内に通したら…

 

circus-720dx (8)

マジックテープで固定するだけ。

これを1本のポールに3箇所行いますので、ポール4本で計12箇所になるわけですね。

 

circus-720dx (12)

今度はクロスポール根本にポールピンを刺す作業です。

 

circus-720dx (13)

この刺さっていないポールピンは、アップライトポール用のもの。

 

circus-720dx (11)

それからリア側はこのようにアップライトポールのピンはありません。

 

circus-720dx (15)

続けて今度はポールがクロスしている部分にガイロープと幕のゴムひもを固定するわけですが…

 

circus-720dx (14)

注意するべき点は2つです。

  • ガイロープは内側のポールに、黒いゴムは外側のポールに固定する。
  • 黒いゴムは2重にしてポールに通す。

サーカス720DX立ち上げ前にしっかりと確認しておきましょう。

注意
ガイロープと黒いゴムを逆にしてしまうとクロスポール結合部分に負荷がかかってしまう恐れがあります。

さぁここまで来たら後は立ち上げるだけです!

 

Sponsored Link

サーカス720DXを立ち上げる

circus-720dx (39)

先程の写真の流用になりますが、このようにガイロープを手前にググッと引っ張ってください。

 

circus-720dx (40)

そして矢印の部分をペグダウンします。

 

circus-720dx (17)

なおペグダウンはこのベルトに行い…

 

circus-720dx (18)

こうして引っ張って、テンションをかけましょう。

 

circus-720dx (16)

反対側も同じく立ち上げると、写真のように最初に打ったペグ4本に加えて今回の2本のペグだけで自立します。

たったの6本で自立するわけね。

なお立ち上げ終わって幕にシワが出ている場合が結構ありますが、これは最初に打った4本のペグの位置が適切でない場合によくある現象です。

 

circus-720dx (25)

サーカス720DXの中に入ってみましょう。

このように黒いベルトで四角形が出来ていますが、これがピンと張ってある状態が正常なのです。

ベルトが緩い箇所があったらサーカス720DXの外に出て、その箇所のペグを抜いてクロスポールを手前に引っ張ってみてください。

すると黒いベルトがピンと張られ、シワもなくなります。

ほひょ

もちろんその後は再度ペグダウンしましょう。

 

サーカス720Xにガイロープを張る

circus-720dx (19)

サーカス720DXの固定に必要なガイロープは全部で12本。

まずはクロスポール先端のガイロープを最初に張ります。

 

circus-720dx (20)

これを計4箇所行います。

 

circus720dx (21)

続けてベルトをクロスポールに固定します。

 

circus-720dx (21)

これを1本のポールに2箇所、ベルトをクルッと回して中に通したら…

 

circus-720dx (22)

このようにまとめてペグダウンしましょう。

これを全部で4組行います。

 

P_20180325_120337

完成です。

それからサーカス720DXのリア側の真ん中にもガイロープを張ると、サーカス720DX内が若干広がりますのでオススメです。

ほひょ

後はお好みでスカート部分にもペグダウンしてみてくださいね。

なおインナーテントの設置方法に関してはこちらの記事をどうぞ。

 テンマクデザイン【サーカス720DX】インナーテントの設置と幕の跳ね上げの注意点

circus-720dx (47) テンマクデザイン【サーカス720DX】インナーテントの設置と幕の跳ね上げの注意点

 

Sponsored Link

タープにもテントにもなる【サーカス720DX】

snowpeak-20181104 (8)

寝る時はフルクローズして、それ以外はこのように跳ね上げてタープのようになるサーカス720DX、素敵です。

そしてピラミッド型のインナーテントの設置もとても楽なのも魅力ですね。

メチャメチャ重いけどね。

ただ大きなテントですしポールを重くすることで安定させているのでこれは仕方ないです(汗)。

一人二役を演じることが出来る素晴らしいテントですよ♪

 【テンマクサーカス720DX】クロスポール2本で済む簡単設営が魅力

P1040246 テンマクサーカス720DX「クロスポール2本で済む簡単設営が魅力」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)