ダルトンワックスキャンパス「ログバッグ」車内に散らばる薪の木くずはこれで解決

dulton-wax-canvas-log-bag (4)

車内に薪を入れると木くずで汚れてしまう。

バッグなしで薪を車に入れると、車内は木くずだらけになってしまいますよね(;^ω^)

またバッグを用意してたとしても、大きさが不十分だと木くずがやっぱりぽろぽろ落ちてしまいます。

そんな悩みを持ったあなたにオススメなのが、このダルトンのワックスキャンパスログバッグです。

多少長めの薪でもすんなり入る大きさなのに、値段も手ごろなのが素晴らしい。

ほひょ

何よりデザインがカッコ良いですよね。

 

ダルトン「ワックスキャンパスログバッグ」基本情報

材質 コットン
重さ 1kg
サイズ 32×60×高さ25cm

 

dulton-wax-canvas-log-bag (2)

ダルトンのログバッグのつくりは頑丈で60cm以下の長さの薪であればしっかり寝かせて持ち運ぶことが可能。

欲張って薪を多く入れたとしても、こうしてボタンで固定することも出来ます。

それから内側に3つのポケットがあるのがお分かり頂けるでしょうか?

ほひょ

ちょっとした小物を入れたり出来るので工具入れにも良いかもです。

 

Sponsored Link

薪入れバッグは絶対に大きいほうが良い理由

さてあなたが既に持っている薪入れバッグ、大きいものでしょうか?

というのも私自身初めて購入した薪入れが小さいタイプで、使ってみてわかったのですが車内が薪の木くずで汚れてしまうという問題点がありました。

 

dulton-wax-canvas-log-bag (1)

写真は左がダルトンのログバッグ、そして右が以前愛用していたDOD「となりのまきちゃん」です。

大きさの違いがよくわかると思います。

キャンプで使いきれなかった薪は「となりのまきちゃん」にくるんで自宅へ持ち帰っていましたが、薪がはみ出るので車内はよく木くずだらけになってました。

「そんなのシート敷けばいいじゃん」

というご意見もありそうですが、それも面倒かな(;^ω^)

 

dulton-wax-canvas-log-bag (5)

その点、ダルトンのログバッグは横幅が60cmあり、薪を全てしっかりと包み込んでくれるので車内が汚れる心配もありません

薪入れバッグは、大きい方が絶対に良いという理由がこれです。

 

薪入れはダルトンが最適

dulton-wax-canvas-log-bag (3)

キャンプと言えば焚き火!そしてその焚き火をするには薪が必要ということで、薪はしこたま持って行かなければいけませんね。

そんなわけでこのダルトンのログバッグに薪をたくさん入れて行きましょう。

ちなみにログバッグの色は、私が購入したオリーブの他にキャメル色もあります。

自分が買ったというのもあるものの、個人的にはオリーブ色がオススメかな。

えー私はオリーブ色がいいな。

まぁ人それぞれ好みがありますからね(;^ω^)

 

Sponsored Link

おまけ:ダルトンの他のバッグにも注目!

dulton-wax-canvas-log-bag (7)

ダルトンはログバッグだけではありません。

例えばログバッグを購入した後につい買ってしまったのがこのトートバッグです。

買い過ぎだわとーちゃん。

まぁそれは置いといてトートバッグの中身を見てみましょうよ。

 

dulton-wax-canvas-log-bag (6)

このようにトートバッグの中はいくつかの仕切りで分けられております。

ノートや筆記用具等を入れて学校に行っても良いですし、キャンプならばフライパンやスキレット入れに大変便利です。

そして危うくこの同じダルトンのミニトートまで買ってしまいそうでした(;^ω^)

お値段も本当に手ごろで逆に怖いっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)