びっくりするほど美味しいホクホク石焼き芋がダッチオーブンで簡単に作れる!

stone-roasted-sweet-potato (1)

うわっ何だこのうまさ!

ダッチオーブンで作った石焼き芋をごちそうすると、食べた人から100%の確率でこの言葉が出てきます。

「でも作るのって大変なんじゃ…」

御心配には及びません。

作り方はとっても簡単で、よく言われるアルミホイルやキッチンペーパー等を巻く必要もないんです。

必要なのはダッチオーブンと石焼き芋用の石、そしてさつまいもです。

ほひょ

とっても簡単に美味しい焼き芋が出来ますよ。

ダッチオーブンに石を敷き詰めよう

stone-roasted-sweet-potato (6)

石焼き芋を作る準備ですが、まずはダッチオーブンの中に底が隠れる程度の石焼き芋用の石を敷き詰めましょう。

ほひょ

 

stone-roasted-sweet-potato (2)

ちなみに私が使っているダッチオーブンはロッジの6.5インチとちと小さく、切らないとさつまいもが入りません(;^ω^)

それと確か買った石って3kgだったはずだけど、実際に使うのは0.5kgくらいだよね。

大きいダッチオーブンを使う人ならばもっと石は使いますよ(;^ω^)

 

stone-roasted-sweet-potato (7)

なおさつまいもはアルミホイル等にくるむ必要はなく、単に石の上に置き蓋をするだけです。

ほひょ

準備が出来ましたので実際に石焼き芋を作ってみましょう。

 

Sponsored Link

石焼き芋を作ってみよう

stone-roasted-sweet-potato (4)

作り方は様々ですが、一番簡単なのはIHかガスコンロで最初から弱火で温めるやり方かな。

色々と試してみて一番簡単で美味しかったのが…

  • 45分弱火で温める。
  • 45分経ったら火を止め、フタをしたまま15分放置。

途中フタをあけてさつまいもをひっくり返すという必要もなく、全く難しくありません。

 

stone-roasted-sweet-potato (5)

それなのにもう半端じゃないうまさで、絶対にリピートすること間違いなしです。

でもさ、1時間はちと長くね?

まぁそこは目をつぶりましょうよ(;^ω^)

 

stone-roasted-sweet-potato (8)

それよりも見て下さいこの黄金の輝きを。

これを味わったら1時間なんて何ら苦になりませんよ♪

 

石焼き芋を作った後の処理

stone-roasted-sweet-potato (11)

石焼き芋が出来上がったら、やる事と言えばダッチオーブンと石焼き芋用の石を洗う事くらいでしょうか。

注意
必ずダッチオーブンと石が冷めてからにしましょう。

石焼き芋の蜜でべったりしている石も出てきます。

気になるようでしたら水洗いし、乾かしておきましょう。

 

Sponsored Link

最後に:簡単に確実に美味しい焼き芋が出来るのが魅力

stone-roasted-sweet-potato (9)

焚火の中にアルミホイルに包んださつまいもを投入し、キャンプ場で食べた人も少なくないと思います。

焼き芋の達人であれば失敗もないでしょうが、思いっきり焦げてしまった、大丈夫と思って食べてみたらまだ固かった、等の失敗談も少なくありません。

 

stone-roasted-sweet-potato (10)

成功すれば焚火の焼き芋はワイルドかつ美味しいですけどね(;^ω^)

 

stone-roasted-sweet-potato (5)

その一方で、ダッチオーブンと石焼き芋用の石を用いて作る石焼き芋はまず失敗がなく、簡単でしかもめっちゃ美味しく焼けるという利点があります

焚火と違って自宅で作れるというのも大きいですね。

ちなみに自宅で石焼き芋を作るようになってから、我が家ではさつまいもの消費量が各段に増えてしまいました(;^ω^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)