ソト【ポータブルガソリンボトル】スタンドで給油OKの携行缶

portable-gasoline-bottle (1)

ガソリンバーナーを使いたいんだけど、携行缶はどんなものが良いのだろう?

ガソリンスタンドで車に給油したことはあっても、携行缶にガソリンを入れたことのある人は非常に少ないのではないでしょうか。

私もガソリンを燃料とするソトのムカストーブを使用するまでは、ガソリンは車以外に入れたことがありませんでしたし、「ガソリンって簡単に携行缶に入れてもらえるの?」というレベルでした。

そこで携行缶をどれにしようかということになったのですが、同じソトからポータブルガソリンボトルが販売されていることを知って…

ほひょ

これは扱いが簡単そうだ!

ということでムカストーブと同時に購入しました。

もしあなたがソトのムカストーブを購入しようとしているのならば、セットで購入すべきアイテムですね。

ソト【ポータブルガソリンボトル】とは

大きさ 直径100×高さ155mm
重さ 270g
容量 750ml
材質 電気亜鉛メッキ鋼板
備考 消防法適合品

ほひょ

ボトルは小さいけどきちんとした携行缶です。ガソリンスタンドで安心して給油してもらえますよ。

 

Sponsored Link

ソト【ポータブルガソリンボトル】使用手順

portable-gasoline-bottle (11)

では早速ソト【ポータブルガソリンボトル】でムカストーブの燃料ボトルに給油してみましょう。

STEP.1
ボトル本体からキャップを外す

portable-gasoline-bottle (6)

キャップを外すとこのように給油ノズルが固定されております。

STEP.2
キャップを分解する

portable-gasoline-bottle (7)

左から、ボトル本体・給油ノズル・中フタ・キャップ、となります。

STEP.3
給油ノズルにキャップを被せる

portable-gasoline-bottle (8)

給油の際は中フタが必要なくなりますが、なくすと大変なことになりますのでご注意を。

STEP.4
キャップを締める

portable-gasoline-bottle (9)

これで給油の準備が整いました。

STEP.5
燃料ボトルに給油する

portable-gasoline-bottle (10)

このようにポータブルガソリンボトルは軽いので片手でも給油が可能です。

左手で燃料ボトルを抑えながら出来るので安心です。

 ソト【ムカストーブ】燃費抜群のガソリンバーナー!

soto-muka(26) ソト【ムカストーブ】燃費抜群のガソリンバーナー!慣れれば点火も楽しい♪

 

ソト【ポータブルガソリンボトル】の注意点

ガソリンを手軽に扱えることで大変便利なソト【ポータブルガソリンボトル】ですが、使用にあたっていくつか注意すべき点があります。

キャップを緩める際にガソリンがにじみ出る

これはソトのムカストーブの燃料ボトルにも言えることです。

キャップを緩めると「プシュー」っと霧状にガソリンが出ることがあります。

ほひょ

この臭いがたまらない。

素手でこれらの作業を行っている私が言ってもあんまり説得力がありませんが、安全性や臭い対策としても手袋をしてキャップを外すことをオススメします

ガソリンをタップリ入れてはいけない

portable-gasoline-bottle (4)

ボトル本体裏を見ると「燃料がこの線を超えないように」とありますね。

注意
特に暑い時にたっぷりガソリンを入れてしまったりすると、キャップを外す際に内圧と膨張でガソリンが吹き出てしまいます。

きちんとこの線を守っていても多少「プシュー」ってなりますからね。

ポータブルガソリンボトルへの給油はスタッフにやってもらう

portable-gasoline-bottle (3)

セルフスタンドが普及してきておりますが、携行缶へのガソリンのセルフ給油は禁止です

注意
給油は必ず店員さんにやってもらいましょう。

ただセルフスタンドでも常駐している店員さんにお願い出来るのであれば、入れてもらうのもアリです。

 

Sponsored Link

最後に:最大のメリットはスタンドで給油OKなこと

portable-gasoline-bottle (12)

ガソリン携行缶と言っても多くのキャンパーが灯油のポリタンクレベルの大きさを想像すると思います。

しかしソトのムカストーブを使うとわかりますが、ガソリンがガッツリ減るということはありません。

それを考えるとこのソトのポータブルガソリンボトルの大きさで十分です。

ガソリンを入れるついでにスタンドで気軽に入れてもらえるしね。

それから実はこれ、バイクに乗っている人も愛用しているらしくそのコンパクトさから予備の燃料タンクとしても重宝されているのだとか。

バーナーだけでなくいざとなればバイクそして車にも使えるなんて素晴らしいアイテムです。

注意
ただし、携行缶で車へのガソリン給油はタンクに水が入ってしまう恐れがある為、出来ればやらないほうがよいとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)