タカギ【ポリカンポンプ】でフジカハイペットの狭い給油口問題を見事に解決!

fujika (6)

  • フジカハイペットの給油口が狭い!
  • どうやってこぼさずに灯油を入れたらいいんだろう…

フジカハイペットはカッコよくて素敵な灯油ストーブなんですけど…

 

fujika (7)

給油口が狭くて普通のポンプだと先端のノズルが給油口に入らないんですよね。

かといって無理に入れようとするとやっぱり灯油をこぼしちゃう(私もこぼした)。

そこで…

ノズルが小さくてフジカの狭い給油口にスッポリ入るタカギのポリカンポンプの出番です。

ほひょ

手動でしゅこしゅこするんでちと面倒かもですが、フジカハイペットの良き友となります。

ポリカンポンプの使い方

fujika (6)

市販の赤いポリタンクにタカギのポリカンポンプをセットするのは普通の灯油ポンプと同じです。

ここで注意すべきはポリタンクのキャップはしっかりと締めておく事かな。

なぜならば…

 

fujika (3)

このポリカンポンプはこのようにポンピングでポリタンク内に空気を注入し、空気圧で給油するタイプだからです。

電池はいらないのね。

ポンピングの回数は?
ポリタンク内にある灯油の量にもよりますが、10〜20回くらいです。

 

fujika (4)

ポンピングを行ったらガンを握って給油するだけ。

写真の黒いレバーを離せば給油は止まるので安心です。

 

fujika (2)

給油が終わったら赤いボタンを「ぷしゅー」と押してタンク内の空気を抜きましょう。

これでフジカ給油問題解決♪

 

Sponsored Link

ポリカンポンプのメリット

  1. フジカハイペットに給油できる
  2. 手動なので電池がいらない
  3. ノズル部分から灯油が垂れない

①②は記事前半でお話したので③について。

 

fujika (5)

灯油を給油する際に雫を何度も切ったのにノズルから灯油が漏れてきた、なんて経験をした人も多いかと思います。

ところがこのポリカンポンプは2,3回トントンと雫を切れば灯油が漏れることがありません

ポリカンポンプで灯油をこぼして汚した事は今まで一度もないですね。

 

ポリカンポンプのデメリット

  1. 手動の割には値段が高い
  2. 給油途中で再度ポンピングしなければならない
  3. 給油が遅い

ポリカンポンプは空気圧で給油するタイプですので、次第に圧が低くなって灯油の出が悪くなってきます。

だから給油途中もポンピングを行う必要がありますし、給油は電動に比べて遅いです。

ほひょ

特に石油ファンヒーターの5リットルタイプへの給油は切ないかも。

ただフジカハイペットは3.6リットルしか灯油が入らないので、さほど気にはならないと思う。

 

Sponsored Link

キャンプの際はフューエルファネルを使おう

fujika (8)

確かにポリカンポンプはフジカハイペットへの給油には便利ですが、キャンプに持っていくには大きくて不便。

そこでキャンプへはこのコールマンのフューエルファネルを持っていきましょう。

多少グラつきはあるものの…

  • 狭いフジカの給油口にも入る
  • 口が広いので灯油を入れやすい

このように給油には大変便利です。

ちなみに私はフューエルファネルをセットし、ヒューナースドルフのポリタンクでフジカに給油します。

家ではタカギのポリカンポンプ、キャンプ場ではコールマンのフューエルファネルというわけだね。

hunersdorff00 ヒューナースドルフ【ミリタリー風ポリタンク】がキャンプによく似合う!

 

タカギ【ポリカンポンプ】と灯油ストーブの相性は抜群

fujika (25)

  • フジカハイペットは灯油ストーブだからコンセントに差し込む必要もありません。
  • ポリカンポンプは手動ですので電池も必要ありません。

ほひょ

ふふふ何て素晴らしい組み合わせだろう。

災害時にも強いこの組み合わせ、両方買わなきゃいけないでしょう。

コールマンのフューエルファネルもね。

多くのキャンパーに支持されている【フジカハイペット】の魅力って何だろう?
fujika (16) 多くのキャンパーに支持されている【フジカハイペット】の魅力って何だろう?

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)