DIYにノコギリは不要です「ホームセンターで切ってもらえばOK」

dont-need-any-saw02

DIYに欠かせない工具を挙げるとするならば、「ノコギリ」が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

手動であれ電動であれ、ノコギリを使わなければ木材を切断することは出来ませんから。

ただそれ故に、「木を切るのが面倒そうだしそもそも木を切る作業場がない」という理由で、興味はあるけどDIYを諦めた、なんて人はいませんか?

ほひょ

大丈夫です。

木材を購入したら、そのホームセンターで切ってもらいましょう。

実際電動のノコギリを持っている私も、今でもよくホームセンターで木材をカットしてもらっています。

この記事ではホームセンターで木材をカットしてもらうのはメリットだらけだということを、私のDIYを始めたきっかけも含めてお話ししたいと思います。

DIYを始めたきっかけ

少し私のDIYを始めたきっかけにお付き合い下さいませ。

そもそも私が「DIY」を始めてみようと思ったのは、自宅のスペースに合う棚等を自作してみたかったから。

既製品の棚だと自宅スペースには大きすぎたり小さすぎたりするんですよね(;^ω^)

そこでまずはDIYを始めるにあたって、どんな工具が必要なのか調べました。

色々あるけど最低限ノコギリとドライバードリルがあれば出来そう。

幸いビス止めに使うドライバードリルはちょうど息子が持っていたのでそれを借り、後のノコギリは…

さびさびのノコギリがあったもののこれで切るのはさすがにしんどいし、かと言って電動ノコギリの購入はためらいがありました。

ほひょ

DIYにすぐ飽きてしまう可能性もあったので。

そこで棚の設計図を描き、木材加工はホームセンターでカットしてもらうことになりました。

そして完成したのが…

 

dont-need-any-saw01

この棚です。

自分で切らずホームセンターに切断してもらった材木で組み立てたものの、この棚は私が自作した初めてのものでした。

DIYって面白い!もっとやってみたい!

そこで本格的に道具を揃えてみようと思ったのですが、

「正確な設計図さえ描ければ、あとはホームセンターで木材をカットしてもらえば今後もそれでいいのではないだろうか」

結局この初めてのDIYで購入を決意した工具は…

 

dont-need-any-saw04

材木を研磨するオービタルサンダー

そして、

 

dont-need-any-saw03

ドライバードリルに打撃力が加わったインパクトドライバーだったのです。

ほひょ

息子の電動ドライバーはパワー不足で使用中に煙が出てしまったのです。

この時点で手動だろうが電動だろうが、ノコギリの購入は全く考えなくなりました。

ホームセンターに依頼する木材の切断の費用が思ってたよりも安く、かつ仕上がりも正確で丁寧だったからです。

 

Sponsored Link

切る作業はプロに任せよう

これなら電動ノコギリは買う必要ないな。

設計段階で寸法さえ間違えなければ、後はホームセンターで木材を購入し切断してもらえばいい。

そういう考えになったのは最初に道具をそろえる際にお金をケチったことも理由の1つでした。

加えて「もし電動ノコギリで大けがをしたらどうしよう」と安全面での懸念もありました。

ホームセンターで木材を切断してもらえば確かに費用はかかるけど、寸法は正確だし何よりもケガの心配が全くない。

結局あとで諸事情から、曲線も切断できる電動のジグソーを購入したものの、ホームセンターで切断してもらうことのほうが今でも多いです。

それは自宅でジグソーを使ってみて改めて感じたことがあったから。

それは…

 

電動ノコギリのデメリット

自宅がお世辞にも広くない我が家では、ジグソー購入後は家の外で切断作業をしました。

ところが音がうるさいのなんの。

そして切断時に木くずが大量に発生するのでその掃除も大変でした。

もちろん指を切断しないよう、ケガをしないよう注意しなければなりません。

あ~面倒だ。

結局購入したジグソーの使用は最小限にとどめ、材木切断のほとんどをホームセンターに依頼するというスタイルが定着したのでした。

 

Sponsored Link

ノコギリを持たないことのデメリット

当たり前ですが「切断出来ないこと」ですね。

例えば設計ミスが発覚し木材を切らなければならなくなった場合、再度ホームセンターへ行って切ってもらわなければならず結構手間ですよね。

そうならないように設計図は慎重に正確に描かなければなりません。

ちなみに私は今まで様々な木材をカットしてもらってきましたが、設計ミスは経験しておりませんふふふふ…

それで次回ミスったらウケるぷぷ。

 

最後に

材木カットの料金はホームセンターで異なります。

例えば新潟市ですと

スーパーセンタームサシ 1カット50円
コメリ 1カット30円

です。

ちりも積もればで今までに材木カットに要した費用は結構いってるはずです。

直線切りに最適な電動丸ノコも購入しようかなと思ったこともありましたが、DIYの頻度・作業スペース・騒音問題そして切断後の後始末や安全面を考えるとやっぱり必要ないかなと。

結局は直線も曲線も切ることのできるジグソーの購入のみで今に至ってます。

そして毎度木材カットで費用は発生するけど、たった数百円でケガをすることなくDIYの材料を調達できることを考えれば、むしろノコギリを持たない使わないということは…

ほひょ

考えようではメリットだらけなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)