キャンパーは臆病であれ「火による大惨事を防ぐ為に」

20200629 (4)

キャンパーとはどうあるべきか?

その答えには多くの人が「周りに迷惑かけず楽しめばそれでいいんじゃない」と言うことでしょう。

迷惑の最たるものは騒音ですが、他にはキャンプ場にも後々迷惑を及ぼすのは火の扱いです。

芝生の焦がしはどのキャンプ場でも見受けられるものですが、下手をすれば大火事に発展しかねないこの行為を、多くの方が「たかが芝生が燃える程度」と軽く見ているのではないでしょうか。

キャンパーは屋外で火を扱う以上、様々な事を想定しなければなりません。

別の表現で言うならば「臆病」でなければならないということです。

これらのことを、山火事一歩手前となった自身の実体験と、そしてベテランキャンパーからの助言を通じてお伝えしたいと思います。

山火事一歩手前の事例

Cowardice (1)

こちらの写真中央をご覧ください。

消火した後のものですが芝生が黒く焦げているのがお分かりいただけるかと思います。

「芝生が燃えているぞー」と大騒ぎになり、そこにいたキャンパーやキャンプ場スタッフ総出でバケツリレーを敢行し、何とか火が燃え広がるのを回避した日でした。

当時は物凄く乾燥していて、前日夜に焚き火をしている際も「これは気を付けないと大変なことになるな」と思ったものです。

まぁ朝起きたらテントに結露が全くなかったのは大変ありがたかったのですけども(;^ω^)

そしてこの日は天気も良く、芝生が燃え広がるまで分かりづらい色だというのも火が芝生に燃え移っているのを気付くのが遅くなった要因でした。

…消化後、当事者のキャンパーたちはキャンプ場スタッフに平謝りしてましたね。

もちろん彼らが故意にしたわけではないのは皆が分かってたと思いますが、注意不足であったからこその事でしょう。

あれだけの騒ぎを起こしたので大いに反省すべきです。

ただこの事件の後、私は焚き火が少し怖くなりました。

「不注意により自分たちが山火事の当事者になることだって十分にあり得る」

そう痛感し、ならば良い対策はないものかと考えていた時に知ったのが…

スパッタシートでした。

 

Sponsored Link

スパッタシートは一石二鳥アイテム

Cowardice (3)

このスパッタシート、色が白いので見た目重視だと敷くのに難色を示す人もいらっしゃるかもしれません。

でも白色なので火の粉が飛んで来たり燃えカスがあるのがすぐにわかるという利点もあります。

そしてこれを使用するようになってからは…

  • 焚き火の後始末が劇的に楽になった。
  • 芝生への火の粉によるダメージをほぼ防げる。

熱に強く芝生への養生にもなり敷いているだけで安心感が増しました。

加えて焚き火をより楽しめるようになったのです。

spatter-sheet (5) たったの2,000円以下!耐熱・防炎【スパッタシート】焚火の後始末が劇的に楽になる

 

爆ぜる薪の使用は論外

Cowardice (11)

爆ぜない薪を使うということも非常に大切です。

爆ぜない薪で焚き火をした後のスパッタシートは…

 

Cowardice (4)

こんな感じ。

それでもこのように燃えカスが散乱しているのがわかりますよね。

スパッタシートを敷いていない状態だったらこれらが全て直接芝生の上に落ちていたわけです。

ほひょ

爆ぜない薪でもこれですから。

 

Cowardice (10)

だから爆ぜる薪を使用するのは色々と面倒ですし、使用は控えるべきなのです。

実際このような廃材を「薪です」と称し販売しているキャンプ場もあるわけでして(;^_^A

事前に「あのキャンプ場の薪ならば良質だ」とわかっている以外はホームセンターや薪販売店で買っていくのが無難かな。

 

Cowardice (2)

ちなみにこれは爆ぜまくった薪を使用した後のスパッタシート。

これを見て二度と爆ぜる薪は使うまいと固く誓った時でした。

ほひょ

片付けも面倒だしいいことまるでなしです。

 

Sponsored Link

火消しスプレーも持参「臆病になろう」

Cowardice (5)

正しいやり方で焚き火をすれば芝生を燃やすことはないと思います。

ただ、突風などキャンプではいつ何が起こるかわかりません。

その時の為にもこの「火消しスプレー」も持参しておくとよいでしょう。

私も使ったことはないのですがやはりいざという時の為のものとして常備しておこうと思ってます。

ほひょ

あれば安心感が違います。

 

Cowardice (12)

こうして芝生にダメージを与えてしまうのは決してやってはいけないことですが、これが下手をすると…

 

Cowardice (1)

辺り一面火の海という大惨事に発展するやもしれません。

だから火の扱いに関しては、臆病すぎるほどで十分なのではないかと。

ただ購入した火消しスプレーを使用する機会が、願わくば訪れないことを祈っております。

 

最後に

Cowardice (9)

色んなキャンプ場に行きましたが、焦げ跡のない芝生というのは残念ながら見たことがありません。

芝生の焦がしや燃やした炭の未処理が原因で無料のキャンプ場が閉鎖に追い込まれることもちらほら出てきております。

恐らくは焦がした程度と思っていることでしょうが、一歩間違えれば大火事に発展する可能性もあるということを多くのキャンパーが十分に認識すべきかなと。

だから、キャンパーは「臆病」なくらいでちょうど良いのです。

spatter-sheet (5) たったの2,000円以下!耐熱・防炎【スパッタシート】焚火の後始末が劇的に楽になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)