お気に入りのキャンプギア写真館はこちらから

【トレーラーハウス】はまるで秘密基地!非日常体験を楽しもう in フォレストパークあだたら

trailer-house (3)

  • 冬キャンプに興味はあるけどやれるかどうかとても心配。
  • キャンピングカーってどんな感じなんだろう?
  • たまには違ったキャンプをやってみたい!

昨今は空前のキャンプブーム。

冬でもキャンプをやってみたいなんて人も多くなってきたようです。

ほひょ

ですがいくら冬キャンプの認知度が高まってきたとはいえ、やはり冬は寒いです。

そんな時は福島県のフォレストパークあだたらにあるトレーラーハウスなんてどうでしょう?

それからやろうと思えば低予算で可能なテントでのキャンプに比べ、キャンピングカーはちょっと手が届かないイメージです。

またたまには変わったキャンプがしてみたいなんて思うこともあるでしょう。

そんな時にもこのトレーラーハウスがピッタリ!

まるで秘密基地のよう♪

そんなトレーラーハウスの魅力に迫ります。

フォレストパークあだたらまでの道のり

東北自動車道本宮ICを降りたら国道4号線を北上するルートが一番わかりやすいです。

加えて県道30号線に入るとすぐに「プラント5」という大型店舗がありますので、そこで買い出しを済ませると良いでしょう。

ほひょ

大きいお店なので欲しいものは何でも揃えることが出来ます♪

 

trailer-house (1)

フォレストパークあだたらまでは山道を通りますが、道幅も十分にありここまでは快適に運転出来ますよ♪

注意
冬季の日陰は路面が凍っている場合があるので運転は慎重に。

 

trailer-house (2)

ではいよいよ受付を済ませるためにビジターセンターに行きましょう!

 【フォレストパークあだたら】リピーターになること間違いなしの高規格キャンプ場

P_20171224_132132 【フォレストパークあだたら】リピーターになること間違いなしの高規格キャンプ場

 

Sponsored Link

トレーラーハウス宿泊手順

trailer-house (34)

フロントでトレーラーハウスの利用方法の説明を受けたら、鍵とゲートカードを受け取ります。

そして懐中電灯付きというのが素晴らしい♪

MEMO
宿泊料金は珍しい後払いです。

また後述しますが、このビジターセンターで分別用のゴミ袋をもらい、一緒に持っていくと良いでしょう。

 

trailer-house (30)

受付を済ませいよいよトレーラーサイトへ向かいます。

このようにゲートカードがなければ中へは入ることが出来ない仕組みになっているので、特に女性の方などは安心してキャンプが出来ますよね♪

 

trailer-house (32)

ゲートを通ってすぐ「A」という文字が見えてきました。

ここからは一方通行になりますが、もうそんなことはどうでもいいくらいにドキドキします♪

どうでもよくはない。

 

trailer-house (3)

うっひょ~ついに来ました~!

娘がもうおおはしゃぎです。

ほひょ

よしよし、鍵で扉を開けるから待っててね。

 

トレーラーハウスの中「何ということでしょう~」

trailer-house (9)

トレーラーハウスの扉を開けた瞬間、

きゃ~

という叫び声にも似た歓喜の雄叫びでした。

ほひょ

す、すてきだ。

 

trailer-house (11)

気がつけば「うぉ~」「ほぉ~」という言葉しか発しておらず、写真をカシャカシャと撮っているのでした。

テレビもエアコンもあるしこりゃ快適そうだね。

 

trailer-house (4)

ベッドはママと私ね。

うんうん、そうしなさい。

 

trailer-house (10)

ほひょ

ボクはダイネットをベッドにして寝ますから。

 

trailer-house (6)

なおベッドに敷いてあるお布団以外は自分でベッドメイキングしなければなりません。

 

 trailer-house (40)

出典元:フォレストパークあだたら

MEMO
トレーラーハウスは定員4名です。

 

Sponsored Link

トレーラーハウスの細部に迫る!

それでは気になるトレーラーハウスを隅々まで見てみましょう。

なおわからないことがあれば…

 

trailer-house (23)

このように内線電話もあるのでフロントに聞くとよいですよ♪

食器・調理器具は全て揃ってある!

trailer-house (16)

4人の定員ですがこのように5人分のカトラリーが揃ってます。

注意
残念ながら箸・茶碗・汁椀はありません。

 

trailer-house (17)

トレーラーハウスですからアメリカ気分を味わいましょう。

 

trailer-house (12)

でも炊飯器はあるよね。

…ま、まぁさすがにご飯がないとお客さんから不満が出そうですもの。

ちなみにガスコンロは使えず代わりにIHを使います。

ほひょ

お皿を洗う洗剤やスポンジまであるよ!

 

trailer-house (15)

そしてシンクの下を開ければ鍋やまな板があります。

これで料理はバッチリですね。

 

シャワーやトイレも完備!

trailer-house (8)

うーんなんて可愛い洗面所とトイレなのでしょう。

MEMO
トイレはペダルを踏んで水を流す仕組みです。

 

trailer-house (28)

ただトイレットペーパーを取り出す時はちょっと狭く感じます。

まぁこれは仕方のないことですよね。

 

trailer-house (25)

また気になるのがトイレの匂いですが、このように換気扇がしっかり回るようになってますのでご安心を。

ただファンが回る音がなかなか大きな音です。

キッチンの換気扇も工事現場みたいに大きな音だったよね。

 

trailer-house (7)

そしてシャワー室も嬉しいシャンプー・リンス・ボディソープ付き

シャワーの水の出もとても良く、体が温まります。

ただこれは私達のトレーラーハウスだけかもしれませんが、水はけが悪くてなかなか排水されませんでした。

 

trailer-house (38)

それからフォレストパークあだたらにはこのような素敵な温泉もあります。

注意
トレーラーハウスを利用すると温泉の使用不使用に関係なく入湯税を払う必要があります。

夜は温泉、朝はシャワーでサッパリするなんていうのも良いかもですね。

 

至るところに電灯がある。

trailer-house (13)

トレーラーハウスの中はこれでもかというくらいに電灯があります。

 

trailer-house (14)

そしてあるあるですが、娘が電灯を片っ端からポチポチしてました(汗)。

「明るくなるから」というよりは、あちこちにある電灯を探すのが楽しかったようです。

 

トレーラーハウス使用時の注意点

トレーラーハウス内は土足厳禁

trailer-house (18)

いくらトレーラーハウスがアメリカンでも土足は厳禁です。

扉を開ければこのようになってますので問題はないでしょう。

 

ガスヒーター使用時は換気に注意

trailer-house (26)

エアコンは2台ありますが足元が寒いという場合はこの強力なガスヒーターをつけるとすぐに温まります。

ただしガスなだけに使用1時間ごとに換気をしなければなりません。

 

窓はロックが掛かっていて開けられない

trailer-house (39)

そう、換気をしなければならないのに窓が開きません(汗)。

そんなわけで私達は空気の入れ替えを扉でやりました。

 

食材は全て自分達で用意する

trailer-house (22)

あっやべぇ食材忘れたよ。

…なんて人はさすがにいないと思いますが(汗)。

夕ご飯と翌日の朝食の分はしっかり用意して、冷蔵庫に入れましょうね♪

 

ゴミの分別はかなり細かい

trailer-house (21)

フォレストパークあだたらはゴミの分別がきちんとしています。

なお3種類のゴミ袋の他に青色のネットがある他、紙パックやダンボール紙なども分別が必要となります。

洗剤も環境に優しいものを使ってるしいいことだね。

またゴミは全て隣のCサイトのサテライトハウス(共同炊事場&トイレ)に捨てることになっております

ほひょ

間違ってビジターセンターに持っていく人もいるみたいです。

 

タオル・歯ブラシ等は自分たちで用意しなければならない

P_20171224_132008

忘れたとしてもビジターセンターには売店があるのでさほど問題ありませんが、余計なお金がかかるので自宅から持っていったほうがいいです。

 

歩くとトレーラーハウスが揺れる

trailer-house (20)

トイレに入っている時にトレーラーハウスが揺れ、「うわぁ地震か!」と思ったら娘がズンズンと歩くことによる振動でした(汗)。

トレーラーハウスというくらいなのでこれはもともとは移動出来るもの。

タイヤの上にあるわけですから揺れるのは仕方ないですね。

家族が寝ている時はゆっくり歩いたほうがいいかも。

でも揺れるなんていかにもトレーラーハウスって感じがして私は逆に良かったかも♪

 

チェックアウト前に掃除機をかける

trailer-house (5)

面倒かもしれませんが、一晩お世話になったことを考えれば大したことではありません。

お掃除する面積も広くありませんから。

 

トレーラーハウスの区画はとても広い!

trailer-house (19)

トレーラーハウスは全部で10台あり、それぞれしっかりと大きめの区画で分けられております。

タープやテントを設営することも可能で、もちろん焚火もOKです(直火は禁止です)。

冬キャンプしたい!だけどホントにやれるかどうか心配、なんて時はトレーラーハウスを借りてその前にテントを張るのもいいですね。

寒くて我慢出来なければトレーラーハウスに避難すればよいのですから。

 

trailer-house (37)

なおタープやテントを持っていない人でももちろん大丈夫。

ビジターセンターではこれらキャンプギアを有料でレンタルしてますから。

ほひょ

ただ冬はみんなトレーラーハウス内にこもってました。

 

トレーラーハウス「また利用したい!」

trailer-house (36)

毎回キャンプだった娘にとって、今回のトレーラーハウスでの一泊はかなり刺激的なものだったようです。

また絶対に来たい!

そう娘が言ってましたが、なんというか、トレーラーハウスが秘密基地のような感じだったとか。

またアメリカではこのトレーラーハウスで生活している人もかなり多いということで、日本にいながらアメリカの生活スタイルの1つを経験できるというのも素敵ですよね♪

  • たまには違ったキャンプがしてみたい人
  • 車中泊を体験してみたい人
  • 冬キャンプに興味があるけど寒さが苦手な人

このトレーラーハウスはそんな人達にオススメです。

きっと、素晴らしい体験となることでしょう!

トレーラーハウス基本情報
台数10台
チェックイン15時
チェックアウト10時
利用料金1泊17,280円
入湯税大人1人150円
環境保全費108円
基本料金高校生以上
1人648円
小・中学生
1人324円
幼児は無料
ネット予約可能 こちらから
電話番号0243-48-2040

※大人2人小学生2人の計4人で1泊した場合

17,280円 + (150×2=300円) + 108円 + (648×2=1,296円) + (324×2=648円) = 19,632円

参考 森林の中のキャンプ場【フォレストパークあだたら】フォレストパークあだたら

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です