斑尾高原キャンピングパーク「夏休み最高の思い出が作れるサイト」

madarao21

  • 夏といえばキャンプ! しかし…
  • 最近の酷暑を考えると標高1000m以上の涼しい場所じゃないとキツい。
  • さらに子どもが思いっきり遊べる場所もほしい。

そんな要望に見事応えてくれる、長野県飯山市の斑尾高原キャンピングパーク、ハッキリ言って快適!楽しい!素晴らしい!

家族一致でまた行きたいと絶賛した本当に素敵な場所です。

斑尾高原キャンピングパークへのアクセスと基本情報

斑尾高原キャンピングパークへ行くには、首都圏からであれば上信越自動車道豊田飯山ICを降りるとよいでしょう。

なおキャンプ場までの山道の道幅は広いですがずっと上り坂です。

MEMO
車で約15分ほどで到着します。

 

madarao01

さてここ斑尾高原は、冬季はスキー場ということもありかなり広いキャンプ場です。

そして特筆すべきは遊具施設が充実していること

ほひょ

子どもは間違いなく大はしゃぎすることでしょう!
営業期間 4月下旬~11月上旬
営業時間 チェックイン 13時
チェックアウト12時
利用料金 デッキサイト4,000円~
電源付サイト5,600円~
ドッグサイト7,600円~
フリーサイト3,200円~
シャワー ✕(近くに温泉アリ)
売店
コインランドリー
ゴミ出し
ペット同伴
直火 不可
電話 0269-64-3355
参考 【公式】斑尾高原キャンピングパーク・ご予約はこちらから | THE MADARAO斑尾高原キャンピングパーク

 

Sponsored Link

3つあるエリアとドッグサイト・フリーサイトについて

斑尾高原キャンピングパークはその広大な敷地の為、希望したエリアまでスタッフの軽トラが誘導してくれます。

まずは私達がお世話になったサウスエリアの紹介です。

広いフリーサイトそして一番遠いサウスエリア

サウスエリアの手前にはこのフリーサイトがあります。

かなり広く車の乗入れも可能な場所です。

そしてフリーサイトの奥の坂道を車で登ると…

 

madarao09

このようにウッドデッキ4×4m付きの区画サイトが見えてきます。

ただプライベート感はありません。

MEMO
サウスエリアは23区画あります。

 

madarao08

またウッドデッキは全て同じ大きさですが、場所によっては区画の大きさに差があります。

予約時の注意
予約ではエリア指定のみ可能。場所指定は不可です。

場所は先着順ですが、先述したとおり管理棟スタッフが軽トラで案内してくれるので安心です。

すごく親切で丁寧だったね。

 

私達が選んだ場所は午後から完全に木陰になるサイトです。

7月下旬ですが涼しくて気持ちよく、夕方に風が吹いたりすると寒いくらいでした。

注意
早朝はモロ朝日を浴びます。

その他のサイト「ドッグサイト・チロルエリア・センターエリア」

続けてその他のエリアの紹介です。

なおエリアごとに値段が違うとわけいうではなく、電源付きか否かで変わってきます。

 

madarao07

こちらは芝半分採石半分の14×12mのドッグサイト

電源付なのは素晴らしい。

MEMO
6区画あり、また柵があるからノーリードで犬もおおはしゃぎです。

 

madarao05

2017年7月にオープンしたばかりのチロルエリア

MEMO
17区画あります。

ほひょ

景色がたまらん!開放感抜群!

こちらも電源付ですが木陰がないので真夏はかなり暑いでしょう。

 

madarao06

さらに建物手前は繁忙期のみ開放されるチロルフリーサイト

注意
傾斜になってるので設営には覚悟が必要です。

 

madarao03

こちらは木陰が涼しげなセンターエリア

MEMO
合わせて18区画あります。

次はここで設営したい。

 

madarao04

同じセンターエリアですが電源付区画サイトです。

どのサイトがオススメ?

夏に来ることを考えると、木々があるサウスエリアとセンターエリアが無難です。

日陰が全くないチロルエリアだと、いくら高原とはいえ真夏は暑さを覚悟しなければなりません。

またドッグサイトは犬同士が吠えまくることもありますから、ドッグサイトに近いセンターエリアよりは一番遠いサウスエリアが良いのかなと感じます。

 

 

サイトの紹介はこれくらいにして、さらに斑尾高原について深掘りします。

 

ペグの扱いには注意!サイトは砕石です

madarao17

スタッフの話ですといずれは芝生にする予定らしいのですが、全サイトほぼ採石なので鍛造ペグでもないと厳しいです。

ええ~っ、鍛造ペグなんて聞いてないよ~。

しかしご安心を。

 

全サイトこのようにペグの無料貸出があります。

ほひょ

手袋を着用して使いましょうね。

それからウッドデッキの扱いですが…

 

madarao18

板と板の間にこうしてペグを打っても問題ないとのことでした。

注意
決して板に穴をあけないように。

 

madarao19

今回私達はウッドデッキにテントを設営し、採石の上にタープを張りました。

その逆の方もいらっしゃるそうです。

初めて使ったけど汚れなくていいかもね。

madarao-20180722-05 キャンプ場でサイト内別居がついに実現! in 斑尾高原キャンピングパーク

 

Sponsored Link

炊事棟とトイレは清潔で使いやすい!

madarao11

トイレはこの奥にあり、自動消灯で嬉しい洋式です。

 

madarao13

うーん、これなら連泊したくなっちゃいますね。

 

madarao12

そして先程の建物の隣にもこのように炊事場があり…

 

madarao10

暖かいお湯も出るので洗い物がとても助かります。

至れり尽くせりですな。

 

ゴミは管理棟裏で分別して捨てられる

madarao02

前後しますが斑尾高原キャンピングパークに来たら、ここで受付を済ませます。

さらに帰る時はこの管理棟の裏にあるゴミ箱にゴミを捨てていきましょう。

それにしても受付の方々、物凄くいい人達ばかり♪

MEMO
薪も500円で売ってますよ。

 

キャンプでかいた汗は温泉で流そう!

温泉施設はいくつかありますが、このキャンプ場に隣接したモンエール斑尾が近くて一番よいでしょう。

 


15時から21時までで大人1人600円です。

ほひょ

いや~本当に気持ちよかった♪
注意
貴重品入れロッカーは100円で戻ってこないタイプです。

 

絶対また来たくなる!充実したレジャー施設

ここのキャンプ場が素晴らしいのは子どもの遊ぶ場所が多いところ。

ほひょ

目を輝かせて喜ぶはず。

 

ヤギがいたり…

 

ゴルフやグラススキーが出来たり…

 

ゴーカートや珍しいバギーに乗れたり…

 

最高に楽しいジップラインアドベンチャーが堪能できるのです。

これは絶対オススメです!

 ジップラインアドベンチャーで空中を駆け抜ける! in 斑尾高原

zipline-adventure01 ジップラインアドベンチャーで空中を駆け抜ける! in 斑尾高原

 

最後に:斑尾はファミリーキャンパーに特にオススメ

いや~もう夏休みのキャンプはここで決まりですね!

何よりも子どもが喜びます。

ほひょ

きっと素晴らしい夏休みの思い出が出来るはずです♪
また是非来たいキャンプ場だね。

 斑尾高原キャンピングパークでの実際のキャンプの模様はこちらから

madarao-20180722-05 キャンプ場でサイト内別居がついに実現! in 斑尾高原キャンピングパーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)