夜間の騒音トラブル多発!キャンプ場のルールは厳格化の方向へ

strict-rules

  • キャンプ場に来る度に禁止事項が多くなっている気がする。
  • あれも駄目これも禁止って何だか息が詰まりそう。

最近のキャンプブームで多くの人がキャンプを始めるようになりましたが、それに伴い問題化しているのがキャンプ場でのマナー違反。

そこでキャンプ場側も新たに様々な禁止事項を加えていくわけでありますが、もちろんこれを快く思わないキャンパーがいるのも事実です。

しかし私はこの「キャンプ場のルール厳格化」は全く苦になりません。

ほひょ

むしろ歓迎しております。

残念ですが、非常識な人達がいますから。

禁止事項に書いてあるのは当たり前のことばかり

私が良くお世話になっている新潟県のスノーピークHQもどんどん禁止事項が増えてきております。

一番の苦情が夜間の騒音だってね。

しかし世の中にはHQの禁止事項よりも、はるかに細かくルールとマナーを告知しているキャンプ場があります。

その代表的なキャンプ場である「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」の禁止事項をザックリと見てみましょう。

禁止事項
打上花火・吹上花火・直火・合成洗剤・サッカー・キャッチボール・フリスビー・ドローン・夜10時~朝7時までの談笑と車の移動・喫煙・発電機・カラオケ

かなり具体的に書いてます。

さらに最大の苦情トラブルである夜間の騒音を防ぐために、これまたかなり細かく注意書きがあります。

夜10時から朝7時までの禁止事項
談笑・テレビ・ラジオ・BGM・カードゲームやボードゲームなど盛り上がる行為・後片付けのガチャガチャ音・明るすぎるランタンと投光器

…よく見ると、これらは厳しいルールでも何でもなく当然の事でして、むしろここまで当たり前の事を書かなければいけないほどにマナー違反が横行していたということでしょう。

情けなくなってきますが、これがキャンプ場の現状なのですね。

参考 ルール&マナーキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

 

Sponsored Link

世の中にはどうしても空気の読めない人がいる

キャンプをしている人であれば、夜遅くでも平気で騒いでいる人達に遭遇したことは何度かあるでしょう。

そして騒いでいる人達というのはごく一部ですが、静かな夜だから余計に目立つしうるさいんですよね。

あれだけテントがひしめき合っているサイトで、しかも寝静まった夜に大声出したら迷惑だっていうのは、良識ある人であればわからないわけがありません。

つまり、世の中には空気が全く読めない人が存在するんです

だから当たり前のようなこともわざわざサイト側がルールとして明記し、告知しなければならない状況になっているわけなのですね。

 

サイトのルール厳格化は致し方ない

あれも禁止、これも禁止、何だか自由が感じられないなぁ。

そう思う人もいるかもしれませんが、一部の非常識なキャンパーのせいで多くのキャンパーが泣き寝入りしている現状を見れば、サイトのルール厳格化は仕方のないことですね。

中にはキャンプ場側から注意されても、

は?そんなの禁止ってどこにも書いてないですけど?

そう開き直る悪質なキャンパーも存在したのかもしれません。

ほひょ

実際そういう現場も目撃したことがあります。

だからこそ具体的に細かく禁止事項を設けざるを得なかったのではないかと。

ただこれだけルールを厳格化しても、それでも解決されない問題も当然あります。

それは、ルールを無視する輩の存在です。

 

Sponsored Link

ルール厳格化に加え夜間の見回りがあればなおよい

注意事項読んでないの?それとも読んだけど無視してるの?

と疑ってしまうほどに、禁止事項があるにも関わらず見事なまでに夜遅くでもどんちゃん騒ぎするグルキャン連中がいるのも事実です。

すなわち、ルール厳格化だけでは夜間の騒音トラブルは決してなくならないってことです。

この夜間の騒音トラブルは私の経験上、繁忙の土日祝日に多く発生しています。

ですからキャンプ場側にはせめて繁忙期だけでも夜間の見回りをお願いしたいところです。

もちろん人材や人件費の問題で不可能なサイトもあるかもしれませんね。

もしそういう場所でキャンプをする時は、騒音トラブルをある程度覚悟して行くしかありません。

繰り返しになりますが絶対に空気の読めないキャンパーは存在しますし、それが大きなキャンプ場になればなるほど発生率も高くなりますから。

悲しいね。

 

最後に:ルールの厳格化はキャンプ場の快適さにつながる

もしあなたが土日祝日しかキャンプ場に行けないキャンパーで、しかも夜間の騒音トラブルを極力避けたいというのであれば…

  • ルールが厳しいキャンプ場に行く。
  • 加えて夜間の見回りがあればなおいい。
  • 24時間電話対応してくれて大騒ぎしているキャンパーに注意してくれる。

これらの条件が必須になると思います。

最後になりますが、「ルールが厳しい」と書きましたが実は厳しいことは何一つなく、正しくは「当たり前の禁止事項が具体的に細かく書いてある」というだけの話。

ええ~?ここのキャンプ場のルールだとこれもあれも禁止なのかぁ…

もしそう思った人がいたら、知らずに今までかなり他のキャンパーに迷惑をかけてきたかもしれません。

ここに書いてあることって全部当たり前のことじゃん。

そう感じられるならば、今までしっかりとルールやマナーを守って楽しくキャンプをしてきた人でしょうね。

いずれにせよ絶対に空気の読めない迷惑なキャンパーの根絶には至らないと思います。

一部の迷惑キャンパーを何度も注意しなければいけないサイト側も大変かと思いますが、多くのキャンパーが快適に過ごせるようにこれからもルールを厳しくし、出来れば夜間の見回りも行ってほしいと思ってます。

complaint 騒がしいキャンパーへの対処法「キャンプ場スタッフへ早々に伝えるべし」 who-cares 夜遅くまで騒ぐ迷惑キャンパー多数!しかしキャンプ場側は全く注意しなかった nuisance キャンプ場でうるさい人がいたら我慢する?それとも怒鳴る? unspoken-rule えっ、キャンプ場の暗黙のルールを知らないの?

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)