「嫁は偉大なり!」てんてこ舞いだった嫁不在のデュオキャンでわかったこと

no-wife-no-camp

何もかも自分でやらなければならないことがこんなに大変だったとは…

ファミキャン主体だった私もソロキャンを体験し、「これなら子供とのデュオキャンも大丈夫だな」なんて安易に考えてしまいましたが…

やってみたらとにかく想像以上に大変でした。

ほひょ

ベテラン気取りでいた自分が恥ずかしい。

そして初のデュオキャンを終えた私が痛感した事が…

「嫁は偉大なり!」だったのです。

ファミキャンでは役割分担が決まっていた

もしかしたらごく一般的なファミキャンのタイプではないでしょうか。

  • 夫担当:テント・タープ設営&荷物運搬
  • 嫁担当:料理&テント内レイアウト

我が家の場合もこんな感じかな。

もちろん嫁もテントの設営は手伝ってくれますし、私も稀にですが料理を担当することもありました。

そしてこのスタイルでキャンプを始めた私達も、気づけば約2年が経ったわけです。

 

Sponsored Link

ソロキャンを経験して少し調子に乗ってしまった

psychic spot(2)

ずっとファミキャンでやってきた我が家も、キャンプ2年目から徐々にソロキャンに行く回数が増えてきました。

もちろん初めてのソロキャンはなかなか大変でした。

しかしそれよりも自分の好き勝手に出来るという開放感そして自由度の高さのほうが際立ち、とっても楽しかったんですよね。

そして…

ふふふキャンプ簡単♪

と、変な勘違いをしてしまったのですね。

困ったちゃんだわ。

 初ソロキャンプは雪中キャンプでした。

snow-camp00 初ソロキャンプが雪中で大丈夫? in スノーピークHQ

 

初めてのデュオキャンで感じた嫁の偉大さ

no-wife-no-camp01

ふふーんもうキャンプ楽勝♪

勘違い野郎の私はニコニコしながら嫁不在のまま、娘とキャンプに出かけたのです。

…1人でのテントの設営はさほど問題ありませんでした。

しかし、その後がとにかく大変!

娘がいるのでソロと違ってキャンプギアもファミキャン並に多く、運搬・設置も全て私1人でしなければなりません。

いつもなら優雅に写真を取ったりボーッとしていたりするのですがそんな暇もなし!

ほひょ

娘に着替えさせたり歯磨きさせたり慣れないことばかりでてんてこ舞いでした。

何か作業していても娘からは「遊んで~」とか「お腹すいた~」と容赦ない言葉が飛んできます。

…この時思ったのが、「嫁がいてくれたら…」ということ。

キャンプ歴も2年で初心者を抜け出せたと思ってましたが、とんだ勘違いでした(汗)。

ただ自身初のデュオキャンは自身初のグルキャンでもあり、大変だったけどメチャメチャ楽しかったんですけどね。

 初めての父娘のデュオキャンは楽しく、そして大変でした。

yagigahana-20181020 (8) 娘も大興奮!初めての父娘のデュオキャンそして初めてのグルキャンを楽しんできました

 

Sponsored Link

嫁がいたからこそ今まで楽しくキャンプが出来た

私達はキャンプに来ると各々が好き勝手にやり、会話は少ない静かな家族です。

これ嫁がいなくてもあんまり変わらないのでは?

なんて思ったこともありましたが、とんでもないことでした、恐れ多いことでした。

何を言っとるのだおのれは。

ほひょ

大変申し訳ございませんでした。

考えてみれば今までのキャンプで一緒だった嫁がいないわけですから、負担が増えるのは当たり前。

なんだかんだで今まで嫁におんぶに抱っこだったのですね。

 

最後に:嫁不在のデュオキャンのすすめ

デュオキャンをしてみて初めてわかった嫁の存在の大きさ、これはソロキャンでもわからなかったことであります。

そういう意味でも、自身初のデュオキャンは楽しくそして大変で、とてもよい経験となりました。

ほひょ

嫁の偉大さに改めて気付かされましたもの。

もしあなたがファミキャンやソロキャンしか経験がないというのであれば、機会があれば是非子供とのデュオキャンをしてみてください!

きっと私と同じ気持ちを抱くことでしょう。

そしてファミキャンではいつもに増して、嫁のお手伝いを積極的にしていることでしょう。

「ありがとう」「こちらこそありがとう」

そんな笑顔や感謝の耐えない、とても楽しいキャンプになること間違いなしですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)