エリステ・ゆるキャン△とのコラボ商品が有名!山谷産業【村の鍛冶屋SHOP】は金物の町新潟県三条市にある

murakaji00

エリッゼステークという、テントやタープを固定するペグを作っている会社をご存知でしょうか?

その会社の名は株式会社山谷産業。

ほひょ

金物の町として有名な、新潟県三条市に本社がある会社です。

それだけでなくあのキャンプアニメ「ゆるキャン△」とのコラボ商品を販売していることでも有名ですね。

そこが運営する村の鍛冶屋SHOPの様子をご覧ください。

村の鍛冶屋SHOPまでのアクセスと基本情報

北陸自動車道三条燕ICから15分程度の行程。

 

murakaji01
※営業時間は8:30~17:30になりました。

周りは田んぼでのどか…いや、のどかすぎます。

「ここでいいんだよね?」と最初は戸惑うかもしれません(笑)

営業時間 8:30~17:30
定休日 土日祝日
電話 0256-38-5635
注意
月曜日がお休みのこともあるので、行く前に一応電話することをオススメします。

 

Sponsored Link

土日祝日がお休みの村の鍛冶屋SHOP

murakaji03

ほひょ

welcomeがwelecomeとなっており「e」が一つ多い。

さてこの村の鍛冶屋がある場所は、あのスノーピークHQがある新潟県三条市。

「土日HQキャンプついでにここに寄ろうかな♪」

なーんて方々には悲報ですが、残念ながらここは平日営業のみなのです(泣)

やる気がないとか?

 

murakaji02

まぁこればかりはお店の方針ですから仕方ありませんね。

有給取って平日に行きましょう。

ほひょ

ちなみに地元の人に聞いたら、山谷産業の前身はたまご屋さんだったんですって。

どこから今の形になったんだろう。

ではSHOPの中を見てみましょう。

 

エリステがバラ売りされている

murakaji04

2017年10月にオープンしたということもあり、店内はとても綺麗でオシャレ。

ただテントやタープの販売はしておらず、それ以外のキャンプギアが陳列されております。

 

murakaji08

そしてこれがおなじみのエリステことエリッゼステークです。

バラ売りしてまして、1本だけ欲しいなんていう時にも助かります。

 

murakaji09

それからペグの型まで販売しているんですね。

MEMO
お値段は一つ100円です。

しかしこれを何に使うんだと思ったら…

 

murakaji10

なるほど、こんな感じにするわけね。

ほひょ

なかなかオシャレじゃないですか。

 

Sponsored Link

ゆるキャン△のコラボ商品も販売

muranokajiya2019-2 (1)

このアニメを見てキャンプを始めた!という人も多いでしょう。

ゆるキャン△とのコラボ商品を販売していることでも、村の鍛冶屋は有名ですよね。

 

muranokajiya2019-2 (4)
出典元:村の鍛冶屋

テーブルや…

 

muranokajiya2019-2 (5)
出典元:村の鍛冶屋

かわいいショルダーケース。

 

muranokajiya2019-2 (6)
出典元:村の鍛冶屋

4種類もあるアルティメットハンマー。

全部揃えたツワモノもいるのかな。

 

muranokajiya2019-2 (3)
出典元:村の鍛冶屋

リンちゃんのナタなどファンにはたまらない品々ですね。

まーほとんど在庫なしの売り切れですけどねっ!

 

キャンプギア以外も販売

murakaji11

実はこのお店、販売されているのはキャンプギアだけではありません。

金物の町三条ということもあり、包丁やらとにかく様々なものが陳列されております。

 

murakaji12

地元民にしてみるとさほど新鮮味はないかもですが、県外からお越しの方であれば結構楽しめると思います。

ただ正直ここらへんは興味がないとスルーかもしれません…

 

店内でコーヒーを飲んで一服しましょう

お店のスタッフはとても良い方ばかりで話もはずみます。

写真もどんどん取ってSNSにあげてくださいませ!

そんな感じで記念にカシャカシャ写真を撮ると良いでしょう。

 

murakaji05

それからついでにスタッフに目の前で挽いてもらえる美味しいコーヒーを飲んでみませんか?

MEMO
コーヒーは250円です。

もちろんあなた自身でコーヒーを挽いてもいいですよ(やりたければ)

 

murakaji06

さてコーヒー豆ですが、写真のツバメブレンドイヌワシブレンドのどちらかを選びます。

茶色い袋のイヌワシブレンドのほうがコクがあるとのことでこちらを選択。

このコーヒーも地元のものなのです。

MEMO
ツバメは三条市の隣の燕市のことです。

 

murakaji07

それにしてもペグ4本を逆さにしたコーヒーのドリップスタンド、オシャレですね。

これを見て「ふむ、キャンプで使いたい♪」と感じてしまった方、完全に村の鍛冶屋の策略にハマってます。

何も考えず購入しましょう。

さてコーヒーのお味は…

ほひょ

やっぱり挽きたては違うねっ♪

 

最後に

三条市でキャンプ用品を買う場所というとスノーピークヘッドクォーターズWESTです。

さすがにこれらのお店に品数では村の鍛冶屋は歯が立ちませんね。

そのため製品のラインナップも少ないですが、この先どんな商品が販売されるのか楽しみでもあります。

ほひょ

スノーピークHQでの平日キャンプの後は、是非ここ村の鍛冶屋に寄ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)