愛用しているキャンプギアの写真館を作りました!

エリッゼステークで有名な山谷産業の村の鍛冶屋SHOPがついにオープン!

murakaji00

エリッゼステークというペグを作っている会社をご存知でしょうか?

その会社の名は株式会社山谷産業

金物の町として有名な、新潟県三条市に本社がある会社です。

そこが運営する村の鍛冶屋SHOPが2017年10月、本社の隣についにオープンしました!

村の鍛冶屋SHOP

murakaji01

周りは田んぼ。のどかです。

ここは新潟県中央に位置する金物の町三条市

今までは同じ新潟なのに村の鍛冶屋の製品は楽天やアマゾンで購入してました。

が、ここに来れば気軽に製品を手にとって買えるわけです。

ほひょ

ちなみに地元の人に聞いたら、山谷産業の前身はたまご屋さんだったんですって。

どこから今の形になったんだろう…

 

murakaji02

お店の前の様子。

村の鍛冶屋のチェアがさりげなく置いてありました。

 

Sponsored Link

WELECOME(?)

murakaji03

お店の前にはウェルカムの表示が。しかしよく見てみると、welcomeがwelecomeとなっております。

「e」が一つ多い…

ほひょ

「いい商品が余計に多いよ~」という示唆でしょうか。

それならかなりニクいことをしてくれますが真相のほどは?

 

murakaji04

お店の中の様子。

そーいえばお店に入る前にウェルカムの下にコーヒーの絵があったけど、もしかしてコーヒー飲めるのかな?

 

コーヒーを挽いて飲めるんです

murakaji05

聞いたら美味しいコーヒーが飲めるんですって。

MEMO
コーヒーは250円です。

ただここはお店の人がコーヒーを入れるのではなく、お客さんがコーヒー豆を挽いてお湯を注いで飲むのです。

 

murakaji06

さてコーヒー豆ですが、写真のツバメブレンドイヌワシブレンドのどちらかを選びます。

茶色い袋のイヌワシブレンドのほうがコクがあるとのことでこちらを選択。

このコーヒーも地元のものなのです。

MEMO
ツバメは三条市の隣の燕市のことです。

 

murakaji07

お湯はお店の人が沸かしてくれます。

私はお湯を円を描くように注ぐだけ。

それにしてもペグ4本を逆さにしたコーヒーのドリップスタンド、オシャレですね。

キャンプに持っていきたいです♪

 

さてコーヒーのお味は…

ほひょ

やっぱり挽きたては違うねっ♪

コーヒーを飲みながらしばしお店の中を見て回ります。

 

Sponsored Link

ペグがバラ売りされてました

murakaji08

おなじみのエリッゼステークです。

バラ売りしてます。一本だけ欲しいという時は助かります。

注意
楽天やアマゾンだとバラで買えません。ここだけです。

 

ペグの型まで販売してます

murakaji09

これ、初めて見ましたがペグの型です。

MEMO
お値段は一つ100円です。

しかしこれ、何に使うんだと思ったら…

 

murakaji10

なるほど、こんな感じにするわけね。

ほひょ

なかなかオシャレじゃないですか。

 

キャンプ用品以外もあります

murakaji11

手前にはペグケースやハンマーがありますが、奥の黄色のラックにはキャンプ用品以外の様々な商品が展示されております。

 

murakaji12

このようにハサミとかも売られてるのです。

MEMO
村の鍛冶屋SHOPはキャンプ用品専門店ではないのです。

 

最後に

三条市でキャンプ用品を買う場所というとスノーピークヘッドクォーターズWESTです。

さすがにこれらのお店に品数では村の鍛冶屋は歯が立ちませんね。

ほひょ

まだオープンしたばかりです。

そのため製品のラインナップも少ないですが、この先どんな商品が販売されるのか楽しみでもあります。

今後に期待です。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です