キャンプギア収納ボックスを杉野地板1,100円で自作「安くても頑丈です♪」

camp-box18

  • もう少しボックスの幅があればこのキャンプギアが入るのに…
  • 持ち物のサイズに合わせたボックスが欲しいな。

そんな悩みを解決する為に新たにボックスを買うのもいいでしょう。

でも自分の希望のサイズのボックスがない場合は…自分で作るしかありませんね!

「でも材料費は出来れば安く抑えたい」

というわけで、今回はかなり安い杉野地板すぎのじいたを用いて作成しました。

木材はトータル約1,100円です!

ほひょ

安価なのに頑丈なボックスが出来ましたよ。

ボックス作成に必要な材料とその寸法

camp-box1

今回使用した杉野地板は太さ12mmで横幅115mmと225mmのもの。

それで350×350×650mmのボックスを作成します

それらを図面通りに切断しました。

取っ手付側板
12×115×340mm 2枚
12×225×340mm 2枚
12×58×364mm 2枚
取っ手無側板
12×115×650mm 2枚
12×225×650mm 2枚
底板
12×115×364mm 5枚
天板
12×115×674mm 3枚
19×38×340mm 2本(ワンバイツー)

杉野地板はザラザラなので、寸法通りに切った後はサンダーによる表面削りは必須です。

 

camp-box4

それからビスは2種類を使用。

  • 太さ2.6mm長さ32mm
  • 太さ2.6mm長さ20mm

杉野地板の厚さは12mmしかないので、板と板を重ねた24mmを固定する際は20mmのビスを、その他は32mmのビスを使用しました。

 

Sponsored Link

まずはボックス側面を作成

camp-box2

まずは取っ手付側板から作成します。

MEMO
重ね合わせると高さ340横340となります。

このように2枚の板をボンドで固定したら…

 

camp-box3

さらにボンドでボックスの取っ手となる58×364mmの板を貼り付け、ボンドがある程度乾いたら長さ20mmの極細木工用ビスで止めます。

なお取っ手部分の両側がそれぞれ12mmずつ飛び出ていることに注意しましょう。

 

camp-box5

そしてその飛び出た部分に杉板を当てたらコーナークランプ等で固定し…

 

camp-box6

今度は長さ32mmの木工用ビスを等間隔に打ちます。

注意
  • ビス止めする前に必ず太さ2mmのドリルで下穴を開けておくこと。
  • 長い方の側面の板も2枚をあらかじめボンドで固定しておいたほうが無難。

それでは今度はボックスの底板をビス止めする作業に入ります。

 

底板はすのこ状でやってみた

camp-box7

今回私は底板をこのようにすのこ状にしましたが、もちろんここはお好みで隙間をなくしてもいいですね。

MEMO
115×364mm板を5枚等間隔に並べます。

 

camp-box8

さらに私はこのように細長い板(45×650mm)2枚を追加してビス止めしてみました。

まぁなくても良いものですが、以前購入した木箱にはあったのでそれを真似てみたのです。

注意
ビスは貫通しないように長さ20mmと32mmの使い分けは徹底しましょう。

 

camp-box9

完成です。

このままでもいいですけども、せっかくなのでこの蓋も作ってみましょう。

 

Sponsored Link

ボックスには蓋があれば何かと便利

camp-box11

私の場合、ボックスに座れるほどの強度は求めてないので蓋もすのこ状にしました。

MEMO
使用するのは杉板115×674mmを3枚、ワンバイツー材(19×38×340mm)を2本です。

 

camp-box12

まずはこのようにボンドをつけずに並べたら…

 

camp-box13

真ん中だけを残してワンバイツー板を木枠の中にきちんと入る位置にボンドで固定。

 

camp-box14

ボンドがある程度固まったら(もしくはクランプで固定する)、ひっくり返して32mmのビスを打ちます。

 

camp-box15

後は残りの2枚を貼り付けるだけですね。

 

camp-box16

完成です。

 

camp-box17

ビス止めの間隔もしっかり揃えることで見栄えもよくなりますね。

人が座ることは出来ませんが、この蓋の上にダッチオーブン等の重いものでなければ普通に載せることは出来ます。

 

camp-box18

さらにお好みでこのように色を塗ってもいいですね。

今回私が使ったのはこちらです。

ほひょ

塗った後にサンダーで削って経年劣化しているようにしました。

 

自作ギアでキャンプに行こう

camp-box19

市販されているボックスももちろん良いですが、自分の思い通りの寸法・仕様にすることが出来る自作ボックスも素晴らしいと思います。

さらに安い杉野地板を使えばお財布にも優しい♪

そして今回はやりませんでしたが、ボックスの中を自由自在に仕切りをつけることが出来るのも、自作の醍醐味でもあります。

ナイスアイデアです。

これなら重いスキレットでも一発で取り出せますし他のギアに干渉しないから便利ですね。

ほひょ

世界に1つしかないあなただけのキャンプギア収納ボックス、作ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)