「寝袋がクッションに早変わり!」スノーピークのシュラフなのにこの価格はお買い得

snowpeak-entrypack-ss(4)

嘘だろこの値段…

スノーピークといえば殺人的な値段で、値札を見た途端に心臓がバクバク鳴ったという経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

ところがです、そんなスノーピークでもなかなかに良心的な価格設定をしている商品があるんですよね。

夏用に購入したスノーピークのエントリーパックSSのシュラフ、2つ合わせて何と1万円ちょいという値段です。

色も落ち着いていて素敵だよね。

もちろんバラでも売ってますがこのシュラフ、スノピのくせに安いというだけではないのです。

寝袋として使わない時はクッションにもなるという優れモノなのです。

ほひょ

連結も出来ちゃうんですよ。

スノーピーク【エントリーパックSS】シュラフについて

快適温度13℃
下限温度5℃
材質ポリエステル
使用サイズ約80×200cm
収納サイズ約50×40×20cm
重さ1.7kg
洗濯自宅でも可能
注意
これらの値は全てシュラフ1つのものです。

もちろんバラでも売ってますが…

ほひょ

もし2つ買うのであればセットで買ったほうが若干割安です。

 

Sponsored Link

使わない時はクッションに早変わり

あ~邪魔くせぇ

夜の必需品のシュラフも昼間のテント内では邪険扱いされることもしばしば。

しかしですよ…

 

snowpeak-entrypack-ss(3)

このスノーピークのエントリーパックSSシュラフなら、たたんで入れてみるとどう見てもクッションです。

これを枕にしてテント内でゴロゴロするのもいいですし、足置きにしても気持ちよいです。

 

シュラフをたたんでみよう

snowpeak-entrypack-ss(9)

この広げた状態からクッションになるまで順を追ってみます。

それからこのシュラフのファスナーは締めてなくても問題ありません。

STEP.1
2つ折りにして細長くする

snowpeak-entrypack-ss(8)

これは他のシュラフと変わらないかな。

STEP.2
両端から中央へ折る

snowpeak-entrypack-ss(7)

これだと空気が抜けないんじゃないかと思われるかもですが、大丈夫です。

STEP.3
さらに2つ折りにする

snowpeak-entrypack-ss(6)

ここまで来たら後は袋に入れるだけ。

STEP.4
袋に入れる

snowpeak-entrypack-ss(5)

若干袋が小さいかな。

シュラフを噛ませないようにゆっくりとファスナーを締めましょう。

完成!

snowpeak-entrypack-ss(4)

うーん、クッションだね。

 

Sponsored Link

シュラフ内側にはポケットがついている

snowpeak-entrypack-ss(1)

このスノーピークのシュラフはもう1つ特徴があります。

シュラフをめくるとこのような内側ポケットがあるのです。

 

snowpeak-entrypack-ss(2)

私みたいに夜中におしっこ行きまくりの人には必需品のヘッドライト、シュラフの内側にしのばせておきましょう。

さすれば「あれれヘッドライトどこ行きやがったー?」なんてこともないわけです。

困ったちゃんにはありがたいポケットだね。

スマホを入れておくのもいいですよね。

 

スノーピーク【エントリーパックSS】シュラフを使ってみた感想

去年(2018年)の夏にこのシュラフでキャンプを過ごしました。

  • 生地の肌触りは素晴らしい。
  • 落ち着いたグレーの色でオシャレ。
  • クッションとして寝る時以外にも使えるのが良い。
  • 内側ポケットはなかなかに便利。

 

snowpeak-entrypack-ss(10)

そしてメイドインバングラデシュでーしゅ。

全然面白くないし全く使ってみた感想と関係ないし何を言っとるのだこの困ったちゃんは。

 

では対するデメリットといえば…

  • 寒い時期にはさすがに使えない。
  • シュラフの袋が小さく若干入れにくい。

スノーピークの製品ってどれもそうだけど、製品の大きさに対して袋が小さいと思う。

ただそのおかげでパンパンの弾力性のあるクッションになってるんですよね。

 

スノーピーク【エントリーパックSS】シュラフは夏用にオススメ

snowpeak-entrypack-ss(9)

このシュラフは快適温度が13℃で下限温度が5℃ですから、寒い時期には向いてないのは仕方ありませんね。

私達はこのスノーピークのシュラフは暑い時期に使い、寒い時期にはモンベルの【バロウバッグ #0】と使い分けてます。

ほひょ

真夏はいくら涼しい高原でも冬用のシュラフだと暑すぎますもの。

昨シーズン(2018年)の暑い時期にこのシュラフを使ってみましたが、さすがスノーピークだけあって寝心地は抜群でした。

今年もお世話になります。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)