スノーピークHQの電源サイトは積雪時使用不可「雪中キャンプはAサイトのみ」

hq-electricity (1)

新潟県三条市にあるスノーピークHQには10区画の電源サイトがあります。

電源が確保できれば雪中キャンプも気軽に出来るね♪

ところがこの電源サイト、積雪時には残念ながらクローズしてしまうのです。

寒い冬こそ開放するのが普通なんじゃ…

私も最初はそう思ったのですが、どうやら雪国新潟ならではの?問題なのかもしれません。

HQ電源サイトの基本情報

hq-electricity (1)

区画数 10区画
大きさ 12×12m
使用料 サイト料3000円
大人1人1500円
子供1人500円
チェックイン 11時から
チェックアウト 10時
総電力量 1500wまで
MEMO
なお1区画当たりの店員は6名です。

 

Sponsored Link

HQ電源サイトの積雪時クローズは妥当かも

hq-electricity (4)

これは積雪時のHQ脇の道路を撮った写真です。

新潟の雪はパウダースノーとは真逆の、水分を多く含んだずっしりとした雪。

これで今までどれだけのテントが倒壊したことでしょう。

電源付サイトで電気カーペットしてれば雪中キャンプなんて楽勝♪

こんな風にキャンパーが雪中キャンプを甘く見たことでテントが倒壊してしまう…

 

landlock-in-snow (15)
雪の重みで外側から押されているランドロック内の様子。

そんな場合のことを想定して、HQは積雪時にクローズにするのかもしれません。

いや単に雪降ったら電源サイトの管理がめんどいだけじゃね?

ランドロックが重い雪に埋もれた日「倒壊したランドロックも!」

ランドロックが雪に埋もれた日「雪中キャンプの楽しさ素晴らしさを肌で感じた」

 

HQ電源サイトの良いところ

もちろん電源が使い放題というのがメリットですが、他には…

  • 傾斜の多い他サイトに比べて平らである。
  • シャワールーム・炊事棟・トイレがかなり近い。
  • 砂利道が綺麗で車が通りやすく出入りしやすい。

 

hq-electricity (3)

HQの他のA~Fサイトの砂利道は傾斜で路面もデコボコです。

それに対して電源サイトの砂利道はよく整備されてまして、かつ出口にも近いので移動が容易です。

 

hq-electricity (2)

そして一番のメリットはこれでしょう。

電源サイトはシャワー・炊事棟・トイレが目の前なので大変便利なのです。

MEMO
隣のHサイトにも言えることで、私たちは平日のHサイトにも何度かお世話になってます。
スノーピークHQのHサイトが大きく変貌!あの住箱が増えていた!
snow-peak-hq-20180401-01 スノーピークHQのHサイトが大きく変貌「あの住箱が増えていた」

 

Sponsored Link

最後に:区画もいいけどHQの魅力はその開放感にあり

好みもありますが、私はスノーピークHQの魅力はその広大さ・開放感にあるのだと感じます。

 

snow-peak-hq-20171202-12

こちらは通年解放されているAサイトでのキャンプの様子。

繁忙期には区画もいいかもしれませんが、平日であればお客さんも少ないのでやっぱりフリーサイトがオススメです。

なお冬季はAとEサイトそして電源サイトのみの営業となり、雪が降るとEサイトと電源サイトがクローズします。

電源サイトはむしろ扇風機が必須の暑い夏にこそ、最適な場所なのかもしれませんね。

2 COMMENTS

アバター #dai

ほひょさん こんばんは#daiです。
我が家は予定通りHQにお邪魔しています。とても開放的で期待通りのキャンプ場ですネ(^^)
天候のせいか、それ程混んではなさそうで、ゆったりしています。ちなみに気温が低いからかブヨの被害は今のところ有りません。
そういえば、ほひょさんは720の正面キャノピーの真ん中にポールを立てる際、スカートのループを使いますか?実は今日、突風を喰らいループが千切れてしまいました。お返事頂けたら幸いですm(_ _)m

返信する
ほひょ ほひょ

#daiさん(^^)/
HQを満喫されて、そしてブヨの被害もなくなによりです!
突風、大変でしたね(^^;) 私もスカートのループを使いますよ♪
テンマクで強風は経験がないですね。ランドロックなら子供が泣くくらいの強風体験はあるのですが(^^;)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)