白馬グリーンスポーツの森は格安のキャンプ場!でっかい遊具もある!

「木々に囲まれてキャンプがしたい!」

そんなわけで私達は長野県白馬村に向かいました。

白馬グリーンスポーツの森キャンプ場です。

10月の半ばに差し掛かろうという時でした。

2016年10月11日
長野県北安曇郡白馬村

格安で時間を気にせずキャンプ出来る!

キャンプ場に到着です。

さて私達がこのキャンプ場を選んだ理由は、

森の中にあるから

ということだけではありません。

  • 宿泊料金が1泊1人550円と格安。
  • チェックイン・アウトの時間はフリー。
  • 遊具施設がある。

私たちは3人で来たので合計1,650円で一泊することが出来ました。

MEMO
宿泊料金は大人子ども関係なく同一です。

 

フリーサイトには木がたくさん!

ここはフリーサイトのみのキャンプ場です。

適当な場所にテントを張りましょう!

注意
駐車場からここまで荷物を持ってこなければいけません。

 

そんなわけで荷物を二人でうんせうんせと持ってきて、木と木の間にキャプテンスタッグのエクスギアをサクッと設営。

ほひょ

うーんいい感じ♪

 

そして今回は私達が家族で本格的にキャンプをするようになってから2度目のキャンプなのです。

さすがに最初に比べたら手早くタープとテントを張れた気がします。

 

大きな遊具施設は結構楽しい!

サイト内にある無料の遊具施設です。

ほひょ

今日は平日なので貸切ですね。

 

この遊具名は滑車すべり?でしょうか。

アスレチックの遊具名ってどう言ったらいいのかわかりませんね。

 

一体何往復したのか覚えてません。

ほひょ

メチャメチャ楽しかったようです。

 

多くのキャンプ用品を揃えてきた!が…

前回のキャンプ終了後、

これが欲しい!あれが欲しい!

となったわけです。

で、どんなものを買ったのかというと…

  • ユニフレームのツインバーナー
  • キッチンテーブル
  • キャプテンスタッグの三段ラック

でした(他にも色々買った)。

この時は大興奮でしたが、まさか後日これらを全て使わなくなるとは夢にも思っていませんでした…

 

初めての焚き火に大興奮!

実はキャンプでの焚き火もこれが初。

キャンプ前に購入したユニフレームネイチャーストーブを初めて使いました。

ほひょ

そしてこれもスノーピークの焚き火台購入と共に使わなくなりました。

そこらへんに落ちている枝を放り投げながら

うわ~キャンプだね~

と、焚き火を喜んでいました。

 

キャンプ食の定番が決まった!

この時から私達の娘はキャンプに来ると必ずアサリを食べるようになりました。

で、シメはアサリの汁をご飯に混ぜて食べる。

ほひょ

これがまたうまいんですね。

 

 

 

 

そして夜…

10月の白馬の夜をなめていた

白馬だけどまだ冬じゃないし大丈夫でしょ

と、なめてました。

夕方から徐々に肌寒くなってきて…

ほひょ

夜は滅茶苦茶寒くなりました。

おかげで夜中に寒さで何度も起きてしまい、トイレに行くにも吐く息がもう真っ白で長い夜でした…

でも子供だけグッスリでした。すごく羨ましかったです。

 

 

 

 

実はこれが初の乾燥撤収!

次の日の朝。

テントの結露は半端なく、雨が降ったかの如くびしょびしょでした。

 

快晴の下しっかりテントとタープを乾かしチェックアウト。

乾燥撤収が出来るって素晴らしいんだなと初めて思った瞬間でした。

ほひょ

初キャンプが雨だったので。

最後、キャンプ場の駐車場から見える雄大な景色を写真に撮り、白馬を後にしました。

とても楽しいキャンプでした。

 

私達の雨の初キャンプの模様はこちらから

yahiko5弥彦城山森林公園キャンプ場 雨に降られそして工事現場と化す!の巻

 

おまけ キャンプ場でのエピソード

洗剤セットを共用?

キャンプ場利用中、私達は自分たちの洗剤とスポンジを炊事場に置きっぱなしにしていました。

ほひょ

私達含め3組のみだったので。

そしたら洗剤の減りがものすごく早いのに気が付き…

 

 

他のキャンパーに私達の洗剤セットをガッツリ使われていたことが判明しました。

ほひょ

これにはさすがの私の嫁も苦笑いです。

使った人はここの施設のものと思った… のでしょうね。

洗い場に行ったら、

こんにちは~

と、

私達の洗剤とスポンジで一生懸命ゴシゴシお皿を洗ってました。

 

あの女性の笑顔が忘れられません。

ほひょ

今となってはいい思い出です。

ちなみに洗剤セットはテントにすぐ持って帰りました。

 

ソロキャンパーとの出会い

とても気さくな方で色々とお話してくれました。

歩いて松本まで行く予定なのだそうです。

今回のように、

夜になればテントを張って野営しそして朝には歩き出す

その繰り返しだそうです。

定年退職をされて我が人生を謳歌している、そんな感じでした。

ほひょ

とても素敵な男性でした。

またどこかで会えるかな…

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です