キャンプ場の写真ギャラリーを作りました♪

フォレストパークあだたらでまさかの強風撤収!恐怖を感じたクリスマスキャンプ!

a-strong-wind-made-us-strike-a-tent00

いつかはこんな日が来るのではないか…

キャンプに行くたびにそう思ってました。

そしてそれがついに現実となります。

自身初のフォレストパークあだたらでのキャンプが、しかもクリスマスキャンプがまさかの強風によるテント撤収となりました。

福島県安達郡大玉村
2017年12月24日

クリスマスイブは快適そのもの

a-strong-wind-made-us-strike-a-tent01

受付を済ませてCサイトにランドロックを張りました。

風もなく、ご覧のようにガイロープも張ってません。

ほひょ

というかガイロープ張るのを忘れてたんですね。

それからは…

 

a-strong-wind-made-us-strike-a-tent02

焚き火を楽しんだり…

 

a-strong-wind-made-us-strike-a-tent03

夕ご飯を作ったり…

 

a-strong-wind-made-us-strike-a-tent04

おこもりキャンプで本を読んだりしたわけです。

 

a-strong-wind-made-us-strike-a-tent05

そして温泉から戻ってきたらサンタさんからのプレゼントがあったりと(実は嫁)、それはもう楽しいひと時でした。

ほひょ

これから起こる出来事を誰が予想出来たでしょうか。

そしてここでガイロープの張り忘れに気が付き、きちんとペグを打って寝ました。

 

…そして、ついにその時がやってきます。

 

 

 

Sponsored Link

雨風で朝5時に目が覚める

真夜中、ランドロック天井にポツポツと雨の当たる音がし始めました。

予報通りです。

ところが次第にその雨に混じって風も吹き始め…

どんどん風が強くなり、普段なら朝の7時近くまで熟睡する子供も5時にびっくりして起きてしまいました。

ほひょ

これはちょっとヤバいかも。

 

経験したことのない強風

ものすごい風です。

初めてのことでビックリしたのでしょう。

ついに子供が泣き出しました。

テント泊でこの強風は経験はなく、もうランドロックが吹っ飛びそう。

内側から嫁と私でフレームを抑えたりもしました。

そしてさすが高規格キャンプ場というか、キャンプ場のパトロールカーも見回りに来ていました。

ほひょ

ただ、避難とか撤収とかの具体的な指示はありませんでした。

 

Sponsored Link

ついにペグが2本抜ける

今日は初めてづくしです。

何と風でペグが抜けてしまいました。

その抜けた2本は共にランドロックの赤いセンターフレームと地面をロープで固定するペグ。

ほひょ

18cmの短いペグを使ってたからかも。

 

…色々の事が頭の中をよぎりました。

  • 他のペグも抜けるかも…
  • テントが破けてしまったら…
  • 撤収すべきかもう少し待ってみるか…

そんな中、不幸中の幸いというのでしょうか、

 

雨が止みました!

 

テント撤収を決断

a-strong-wind-made-us-strike-a-tent06

ロープとスカートのペグを全部取り終え、ランドロックのフレームを抜く手前にかろうじて撮った写真がこれ。

スカートの部分が風でめくれあがってるのがわかるでしょうか?

…写真なぞ撮ってる場合ではない!

 

 

テント解体じゃ~

 

 

ほひょ

一番怖かったのがフレームからプラスチックのフックを外す時。

破けませんようにと祈りながら外しました。

 

撤収した途端に風がやむ

a-strong-wind-made-us-strike-a-tent07

嫁と一生懸命頑張って何とか無事に撤収を完了しました。

そしてあるあるパターンですが、

 

 

ランドロックたたんだ途端に風やんだぞ(泣)

 

 

ほひょ

嘘だろ~と空を見上げました。

しかしCサイトで完全撤収を完了したのは私達が最後。他の人達はもっとはやく撤収を完了していました。

皆さん決断と行動が早いね~。

 

今回の反省点

以下の三点が今回の反省すべき点です。

  • 短いペグは危険
  • セーフティークロスベルトの存在を忘れてた
  • パニクってしまった

 

短いペグはやめます

今までペグは30㎝と18㎝のペグを両方使ってました。

それで何ともなかったんですよね。

だけど今後は全て長いペグにします。

ほひょ

やっぱり安心感が違います。

 

セーフティークロスベルトの存在を忘れてた

センターフレーム内側にクロスにベルトを張るやつ、忘れてました。

張っていればまだ踏ん張れたかもしれません。

ほひょ

ただこれは補助具という位置付けで過信は禁物みたい。

でもCサイトは全員撤収してたので、今回の判断は正しかったのではなかったかな。

子供も怯えきってましたし。

もうキャンプは怖くて行きたくないって言われてしまいましたよトホホ…

 

パニックに陥った

年長者の私が一番しっかりしなければならないのに、1人で「やべぇやべぇ」を連呼してました。

これでは不安をあおるばかりで何にもなりませんね。

反省です。

 

ある意味運が良かった私達

散々な目にあいましたが、これが雪や雨混じりの強風だったらもっと大変でした。

そう考えると、今回の強風撤収はまだいいほうなのかも。

 

いや、でももうこんな経験したくないですね。

キャンプ場の人も、こんな風は非常に希だと言ってました。

ほひょ

その希な時にピンポイントで来てしまったのですね。

 

最後に

色々あったものの、ここのキャンプ場は噂に違わぬとてもいいところでした。

強風はキャンプ場の責任ではありませんしね。

 

撤収後、キャンプ場利用料を支払い、フォレストパークあだたらを後にしました。

温泉も素晴らしいし店員さんも素敵な方ばかりでした。

ほひょ

また近々是非ともここでキャンプをしたいです。

その時、子どもはまた私たちに付いてきてくれるかな…

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です