越後大庄屋「笹川邸」の建物は広さが半端じゃなかった!

まるで小さなお城のように敷地の回りが水を通した濠(ほり)で囲まれていて、でっかい豪農の館がある!

ということで新潟市南区(旧味方村)にある、越後の大庄屋笹川邸にやってきました。

江戸時代には約8,000石を束ねる大庄屋を代々務めたそうで、豪農とはいえ建物の大きさにはただただ驚くばかり。

また当時の生活を知る上でも大変貴重な遺構で、国の重要文化財となっております。

また北陸道巻潟東ICからもアクセスがよく、新潟市に来たら是非とも訪れてほしい場所です。

2005年10月6日
新潟県新潟市南区(旧味方村)

8つの村を支配していた越後の大庄屋笹川家とは?

MEMO
入場料は500円です。

笹川家はもとは長野県の笹川村という場所からこの地に移住したそうです。

ほひょ

笹川家の名前は村の名前からきているんですね。

江戸時代には旧8か村を束ねる大庄屋を務め、年貢の取立、命令伝達、治安、警察、裁判権を与えられていたそう。

もう豪農というか支配者だね。

それにしても建物の広さが半端ではありません。すごいです。

 

…が、庭はそれほどでもないです(汗)。

そして私たちはここでしばらく庭を眺めながら休んでいました。

このような場所に来るといつも思うことですが、こんなおうちに住んでみたいものです。

 

江戸時代に大庄屋として栄えた笹川氏は、明治維新後も大地主として栄華を極めたそう。

水害の多かったこの地域での治水、新田開発に貢献してきたのです。

 

平日なので観光客の方がいません。

ゆっくりと見ることができて嬉しいです♪

また当時の農機具も展示してありました。

 

Sponsored Link

併設されている蘇我・平澤記念館

ここ笹川邸の敷地内には曽我・平澤記念館があり、時間があれば是非ともここにも行ってみましょう。

入場料は?
笹川邸で500円を支払っていれば追加で払う必要はありません。

二つの像がありますが、それぞれ曽我量深(そがりょうじん)平澤興(ひらさわこう)のもの。

この2人はここ旧味方村出身の偉大な博士・先生なのです。

2人の偉人の功績をたたえて建てられた記念館なのね。

 

見学を終えてみて

新潟県で豪農の館と言うと、

  • 北方文化博物館の伊藤邸
  • 映画・テレビ「蔵」のロケ地目黒邸・渡邉邸

が有名です。

笹川邸はその影に隠れがちですが、なかなか見応えのある建物だということがよくわかりました。

写真もっと撮っていればよかった…。

ほひょ

そんなわけで是非訪れてみてくださいね!

3 COMMENTS

アバター maru

ほひょさんは、豪農の館も好きなんですね❗
ちなみに、自分は阿賀野市にある五十嵐邸で結婚式を挙げました👍

呼んだ友達も気に入って、自分の友達もそこで挙げ、嫁さんの友達も挙げました(* ̄∇ ̄)ノ

いいですよね~(*´∀`)

返信する
ほひょ ほひょ

早速のコメント感謝です\(^o^)/

豪農の館めぐりを10年位前はよくしておりました。

笹川邸・市島邸・目黒邸・田巻邸・渡辺邸などなど。

北方文化博物館はよく行ったなぁ…

もちろん五十嵐邸ガーデンにも行き、ランチを食べました。

maruさんはそこで結婚式を挙げたのですね!素晴らしい♪

五十嵐邸ガーデンで挙式しませんかってよく広告が流れてます\(^o^)/

返信する
アバター maru

五十嵐邸でそんな宣伝してるんですか?結婚式のとき限定のカクテルがとっても美味しかったです🎵

五十嵐邸は、色んな所に進出してますよね❗朱鷺メッセや月岡温泉のいま井にも入っているみたいです。

しかし、あんな凄い邸宅を建てれる位、権力がスゴかったんでしょうね😅

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)