愛用しているキャンプギアの写真館を作りました!

地獄谷野猿公苑 温泉に浸かるお猿さんに癒やされる♪

スノーモンキーで世界的にも有名な、長野県の温泉に浸かるお猿さんの存在を知らない人はいないでしょう。

季節は冬ではなくメッチャ暑い7月ではありましたが、入浴してるお猿さんを見たいと思い、地獄谷野猿公苑にやってきました。

しかし地獄谷って恐ろしい名前ですね。

2005年7月14日
長野県下高井郡山ノ内町

地獄谷野猿公苑まで結構歩きます

こちらは上林温泉と地獄谷野猿公苑を結ぶゆみち遊歩道の様子。

それほどきつい道ではないのですが、無謀にもサンダルで行った私たちにとって雨でぐちゃぐちゃになった道はきつかったです。

 

Sponsored Link

お猿さんの見学は十分注意しましょう

1.6キロほど歩き、地獄谷野猿公苑入口に到着です。

ほひょ

結構疲れました~。

そしてなになに? サルを見る時の注意書きがありました。

  • なるべく、離れて見る
  • 眼をじっと見つめない
  • 手を出したり、さわらない
  • 食物を見せない、与えない

まぁ、当然といえば当然ですね。

MEMO
入場料500円を支払い中へ入ることが出来ます。

また建物の中にはおみやげの売店があり、猿の写真なども展示しています。

そしてその建物を抜けると…

 

かわいいお猿さんたちがたくさん!

たくさんの猿たちがいました♪

ここの猿、どこかの猿とは違い人間に全く危害を加えません。

ほひょ

というよりも、無視されているような感覚です。

それにしてもかわいいですね。

 

観光客の中には外国の方も結構いました。やっぱりここは海外でも有名な場所なんですね。

そして猿に触れることはやっぱり出来ませんが、本当に間近で見ることが出来て感激です。

子猿がとてもかわいい♪

それから冬とかだと温泉にゆっくりと浸かっている猿たちを見ることが出来るのですが、夏なのであまり入っていませんでした。

ほひょ

そりゃそうだよね。

 

Sponsored Link

お猿さんが管理人?

地獄谷野猿公苑を管理する人が座る椅子に腰掛けている猿が面白くて写真を撮っちゃった。

ほひょ

後姿に貫禄があります。

 

それでもお猿さんには触らないでね!

ここのお猿さん達は、私達観光客には何もイタズラをしてきません。

近くに寄っても、逃げるお猿さんもいますが微動だにしないお猿さんもいます。

それで動物好きな人はついつい手が自然と伸びてしまい、お猿さんを触ろうとしてしまうかもしれませんがそこはぐぐっとこらえましょう

ほひょ

素敵な思い出となりますように♪

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です