日本初の本格的英国式庭園「蓼科高原バラクライングリッシュガーデン」

2006年8月27日。長野県茅野市。

イギリスから移植されたたくさんの草花を鑑賞できる「蓼科高原バラクライングリッシュガーデン」にやってきました。名前からバラだけ?と思いきや、四季折々の草花を楽しむことが出来る場所です。

 

蓼科高原バラクライングリッシュガーデン

国道20号線からビーナスラインに入り、約30分ほどで「蓼科高原バラクライングリッシュガーデン」に到着します。

 

ここは日本初の本格的なイギリス式庭園だそうです。花にはそれほど興味のない私でも「すごいなぁ」と思う美しさです。

 

庭園内にはイギリスの方でしょうか、庭の手入れをしていました。

 

日本庭園もいいですが、こんな庭が家にあったら最高でしょうね。

 

日曜日ではありますが、まだ朝の9時ということもありお客さんはまばら。私達はゆっくりと庭を見ることができました。

 

こんなところでサンドイッチを食べてみたいです。紅茶を飲むのもいいですね♪

 

おまけ 雑貨屋さんと蓼科湖

写真はバラクライングリッシュガーデンの近くにある「ストーブハウス蓼科店」。色々な雑貨があります。嫁は雑貨が大好きなので、うほうほしながら店内を見て回ってました。

 

写真は「蓼科湖」。小さい湖です。車から降りてほんのちょっと見ただけで終わりました。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です