愛用してるキャンプギア写真館はこちらから!

おもちゃのまちバンダイミュージアムでガンダムを堪能♪童心にかえる

キャラクターロボット玩具発祥の地にある、おもちゃのまちバンダイミュージアムにやってきました。

ここはかつてバンダイの栃木工場があったところであり、いわゆるおもちゃの聖地?的な場所なんでしょうかね。

今回は子どもと一緒に来ましたが、何だか大人の私のほうがワクワクしてるかも♪

2015年11月22日
栃木県下都賀郡壬生町

ヒーローモニュメントの前で記念撮影

恐らくここに来た子供達は、この銅像と同じポーズをとって記念撮影をすることでしょう。

私達の子供もここでポーズをとりました。

入館料は?
大人1,000円(子供600円)です。

さぁ、バンダイミュージアムに入りましょう!

 

Sponsored Link

ガンダムを見たければホビーミュージアムへ!

そしていきなりですが順番を無視して一番奥のガンダムコーナーホビーミュージアムに行きます。

ガンダムがいっぱいあるからねふふふ…

 

…なんて素敵なんだろう。

通常のザクの3倍の速さで移動出来るシャア専用ザクです。

 

これはガンダム生みの親富野由悠季さんの立体作品ザクの夢

壊れたガンダムの周りをザクで囲んでますね。

ザクはガンダムに散々やられたから、ガンダムをボッコボコにするのが夢…なのかな?

 

子供の頃はよくガンダムのプラモデルを作っていましたが、このホワイトベースとなると1/144でも全長2メートルにもなるんですね。

子供の頃に1/144ホワイトベースがプラモで出ないかなぁなんて言ってましたが…

ほひょ

こりゃ無理なわけだ。

 

…鳥肌モノです。

アムロ、いきま~す!

みたいに今にガンダムがホワイトベースから飛び出しそうです。

 

出来ることなら自宅に飾りたいので持って帰ってもいいでしょうか?

ほひょ

やったら逮捕されますね。

 

プラモデルを作らなくなって30年くらいになるのでしょうか…

展示品を見ていたらまた作りたくなってきました。

 

これは私の世代が存分に楽しむ場所ですね。

私達の娘は何にも興味を示しませんでした。

ほひょ

当たり前か。

 

その他見どころ(え?)

いや~ガンダム見たら目頭が熱くなってきました(←は?)。

何だかお腹いっぱいになっちゃったのであとは適当に見ますかね。

 

歴代戦隊モノのロボが勢揃いした合体ロボットエリア

 

19世紀の炭鉱街の生活の様子を再現した炭鉱ジオラマ

約170体の人形一つ一つが動くので見ていて飽きませんが、私たちの子供はすぐに飽きてどこかへ行ってしまいました。

 

ライターがロボットに変形するゴールドライタン。

子供の頃テレビで見てましが今だと放映も難しいのかなぁ…

  1. これを見た子供がライターを欲しがる
  2. しまいにはタバコを吸いたくなる
  3. 局に苦情殺到

とかなんとかで放送出来ないとかというのは考え過ぎ?

 

聖闘士星矢です。

ほひょ

ゴールドセイントが神々しい。

私はジェミニのサガが大好きでした(全く関係ありませんね)。

 

そして歴代のテレビゲームに…

 

セーラームーン。

 

さらにマジンガーZと、

 

鉄人28号。

 

じっくり見ればかなり面白いのですが、子どもたちは展示されているものよりもコスプレに夢中でした。

MEMO
バンダイミュージアムでは子どもたちが色々な衣装を着ることが出来ます。

あとは昔のファミコンが実際にプレー出来るプレイエリアも人気でした。

私も子供の頃に遊んだソフトを選んでメッチャ楽しんでました。

 

Sponsored Link

エジソンミュージアムは素晴らしい!しかし…

トーマス・エジソンの発明品を展示しているコーナーもあるのですが、閑散としてました。

偉大な方なのにすみません、と言うしかありません。

 

ミュージアムガーデン

建物の裏にこのような広場があります。

体を動かしたく成ったらここで遊ぶと良いでしょう。

ほひょ

無料で使えるボールなどがありましたしなかなか楽しかったです。

 

バンダイミュージアムはどんな人にオススメ?

ずばりここは昔を懐かしむ大人向けです。

特に子供の頃にアニメに夢中だった、ガンダムに夢中だったお父さんにはたまらない場所です。

こんな事言うとお叱りを受けそうですが、子どもは奥様に見てもらって1人でじっくり見たほうがいいかもしれませんね。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です