山菜採りは楽しいね♪ in 新潟県三条市(旧下田村)のとある場所にて

毎年恒例の山菜採りに家族で行ってきました。

そこで今回は採ってきた山菜の紹介と、わらびの保存方法そしてアク抜きのやり方を記事にしてみました。

さぁ、大自然からの贈り物を御覧ください!

 

たらのめとわらび

左からたらのめわらびです。

たらのめはトゲがたくさんある木に生えています。

軍手をしていないと採る時に痛いので注意が必要ですね。

天ぷらにして食べるととても美味しいです。

ほひょ

今日はこのたらのめはほんの10個くらいしか取れませんでした。

もっと採りたかったのにね…

 

そして本日のお目当てのわらびはというと…

マヨネーズをつけて食べるととても美味しいです。

他にはお味噌汁に入れたり炊き込みご飯の具にしてもいいですね。

 

ぜんまいとゆり

左からぜんまい、そしてゆりです。

ぜんまいは手もみなどが必要で結構面倒な山菜です。

今日はほんの少しだけ取りました。

そしてゆりの根っこがいわゆるゆりねで、料理によく使われるものです。

 

うどとあざみ

左からうどあざみです。

うどは独特の香りを楽しみながら味噌をつけて食べたりします。

あざみは、おひたしとか甘辛煮でも美味しいです。

 

天然のアスパラ

アスパラといえばベーコンと一緒に食べるイメージです。こちらは天然のアスパラです。

ほひょ

これは取りませんでした。

あ、右写真は3時間近く山菜取りした後に入った温泉です。

三条市(旧下田村)の八木ヶ鼻の真下にある宿山天(さんてん)という場所ですよ。

 

わらびの塩漬けを始めます!

おうちに帰ったら塩漬けの準備に取り掛かります!

まずは今日取れたわらびをこのように長さごとに分けて束ねます。

ほひょ

たくさん取れましたね♪

そして取ったわらびは…

  • 容器に並べて入れる。
  • その上から塩を敷き詰める。
  • そして重石(おもし)を乗せる。

こんな感じで塩漬けします。

こうすることでいつでも食べることが出来るわけですね。

 

アク抜きはしっかりと!

また取ってきたわらびをすぐに食べたいというあなた!

気持ちはわかりますがちょっと待ってください。

ほひょ

アクを抜かないと美味しく食べることが出来ません。

 

そこで…

わらびのアクの抜き方
  • わらびに重曹をふりかける。
  • 熱湯で浸す。
  • この状態で1日もしくは2日置く。

これでわらびを美味しく食べられます♪

 

さぁ老若男女問わず山菜採りに行ってみよー!

そしてわらびの塩漬けとアク抜きにチャレンジだ!

2006年5月17日
新潟県三条市

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です