「マリンピア日本海」でお魚見学

2008年3月17日。新潟県新潟市。

新潟県民なら一度は訪れる?であろう場所、新潟市水族館「マリンピア日本海」にやってきました。月曜日の午前9時30分ということもあり、駐車場はガラガラです。これならゆっくり魚をいっぱい見ることができますね。

 

平日のマリンピア日本海

右写真は「マリントンネル」で撮影したもの。どの水族館にもあるかと思いますが、水槽の中にあるガラス張りのトンネル内から魚を間近に見るのは楽しいですね。

 

 

右写真は「ミズダコ」。恐ろしい顔をしていますが、これを見るなり「確変だ」と思ってしまうのは精神的に病んでいる証拠でしょうか。

 

ラッコの脇の下は袋になってる

そして左写真は「ラッコの給餌(きゅうじ)タイム」の光景です。これは私もびっくりしたのですが、ラッコは脇の下が袋状になっていて、そこにえさを一時的に蓄えておくことができるのだそうです。ラッコが飼育係のお姉さんからイカをもらっては脇の下にポイポイ入れる様は非常にかわいかったです♪

右写真は嫁の手。ドクターフィッシュ「ガラ・ルファ」が劣化した皮膚をこのようについばむのです。これが皮膚の代謝を促進し、健康促進に役立つのだそうです。私もやってみましたが微弱な電気が走るような感覚でした。痛くはありません。

 

左写真は「ドクウツボ」。なかなか怖い顔をしています。で、それとは対照的なのが右央写真の「チンアナゴ」。ひょこんと穴から顔を出しているかわいらしい生き物が見えるでしょうか?

 

そして珍しいなぁと思ったのが右写真の「イトヒキアジ」。背びれと尻びれが糸状に伸びているのが特徴です。かなりブレてしまいましたが。

 

バックヤードツアーに参加

今回は「バックヤードツアー」に参加させていただきました(定員10名で要予約)。これは観覧エリア外の機械室や水槽の裏側を見ることが出来るものなのです。

まずは左写真ですが、大水槽を上から見たもので、このようにして水中に酸素を供給しているのだそうです。

また右写真は人口造波装置。これで人工的に水槽内に波を起こすのだそうです。

 

他にも魚たちの排泄物等を処理するろ過器等も紹介していただきました。

バックヤードツアー終了後、水族館と言えばこれ、「イルカのショータイム」です。何度見てもよくここまで調教したなぁと感心させられます。

 

イルカさんすご~い。

 

クラゲです。右写真はオバケみたい。

 

クラゲの後は、アシカ。

 

アザラシ・トドです。うーんかわいいですね。トドは「ぐぇっぐぇっ」と大きな声で鳴いていました。

 

嫁も左写真の亀を見て「3だね」と言ってました。やはり病んでる夫婦です。

そして右写真ですが、私が撮影する際、ついに一度もこちらへ顔を向けてくれなかった「カナダカワウソ」です。き~悔しい。でもとてもかわいかったです。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です