甲斐本家蔵座敷 ラーメンのまち喜多方市は蔵のまちでもあります

2007年1月7日。福島県喜多方市。

 

「甲斐本家蔵座敷」に到着です。喜多方市は日本三大ラーメンの一つに数えられる喜多方ラーメンだけでなく「蔵のまち」という顔もあり、蔵の数は2千を超えると言われているそうです。中でもこの「甲斐本家」の蔵座敷は有名です。

「甲斐本家」は国の登録有形文化財です。幕末に初代吉五郎が酒造りを始め、製糸業・味噌・醤油醸造業で財をなしたそうです。

 

「甲斐本家」で実際に使われていた日常用品や、素晴らしい美術品・工芸品も見ることが出来ます。さすがに贅を尽くしたものばかりです。

 

蔵座敷というだけあって、写真を見ると蔵の中に座敷があるというのがよくわかります。

 

大正6年に四代目の吉五郎甲斐本家は代々吉五郎を襲名しています)が、新潟から棟梁の宇佐美与四郎を招いて一緒に各地の名家を見て歩き、それらを参考にしてこの座敷蔵を着工したということです。

 

売店もあります。だけど自販機を置くのはどうかなぁ。色を工夫して赤以外の色にするとか…私なら茶色にしたいです。

 

そして売店のなかに、写真の「らせん状の吊り階段」があります。非常に貴重なものだそうです。

喜多方市に来たら、ラーメンを食べるだけでなく是非訪れたいところですね。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です