こんにゃくでこんなオシャレな料理は初めて!「こんにゃく番所」

2007年8月10日。山形県上山市。

 

「丹野こんにゃく番所」到着

「山寺」を出た私達は国道13号を南下。上山市(かみのやまし)方面へ向かいました。

せっかく山形に来たのだから美味しいものが食べたい! そんなわけで上山市のあるお店に行ったのですが、下調べが甘くて予約制でボツ。

さて困った。美味しそうなお店を探しているうちに時間はどんどん過ぎていき… このままではらちがあかないと私達は「かみのやま温泉駅」内にある観光案内所に相談。

するとかなり有名な「こんにゃく番所」というところがあると聞き、早速そこへ向かうのでありました。

国道13号から「羽州街道」と呼ばれる県道13号をひたすら進むと、「こんにゃく番所」が見えてきます。

上山市でえらい道草を食ってしまったこともあってここに到着したのが13時20分。山寺を出発して80分も経過してしまいました。

ここは駐車場はとても広く、休日などは県外客も訪れるので思いっきり混雑するそうです。今日は平日で比較的空いておりました♪ ヨカッタ。

で、肝心の料理について。 …素晴らしい♪

私達は3,150円のコースを選びました。嫁は「一番いいやつがいい!」と張り切っていましたが、4,200円のコースは要予約だったので。

 

これが本当にこんにゃく?うますぎだろ~

全てがこんにゃくというわけではないのです。ですが、「これが本当にこんにゃくかっ!」と驚いちゃうくらいの旨さ、食感です。

 

でもね、隣の二人のおばさん達がこちらをチラチラ見ては、「うーん美味しいね、一番安い1,050円コースでも十分だね」を連呼してしていたのはどういうことだ?

 

写真は私が昔大好きだった鯨汁。箸でつまんでいる鯨の肉、実はこんにゃくなんです! 食感も鯨の肉そのもの! もうびっくりだ~。

 

お腹いっぱいになった私達は、近くの「楢下宿(ならげじゅく)」と呼ばれる、江戸時代に参勤交代の宿場町として栄えた場所に行きたかったのですが、時間の関係でパス。いつかまた是非行きたいですね。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です