雪国新潟でも一年を通じて緑が楽しめる「新潟県立植物園」

2007年6月13日。新潟市秋葉区。

以前ここへ来たのは記憶が正しければ6年前だったような気がします。左写真の左手に見えるのが「熱帯植物ドーム」。高さ30メートル・直径42メートルの国内最大級の熱帯植物ドームだそうです。

新潟県立植物園

写真でもわかるように、新潟県立植物園の周りは広大な公園となっております。一周してみたかったのですが、暑くてやめました。またの機会に!

入館料600円を支払い、入るとまず見えてくるのが写真のような雑草の部類に入るものの紹介でしょうか。加えて帰化植物についての説明もありました。いわゆる海外の植物が何らかの形で日本に入ってきて野生化したものですね。

 

「熱帯植物ドーム」へ

ここを抜けると右写真の「熱帯植物ドーム」に入ります。ただえさえ暑いのに、熱帯雨林の環境を再現しているので蒸し暑いです。

 

右写真は「モダマ」です。大きいマメですね。

 

それからここ「熱帯植物ドーム」には、写真のようなクイズがあちこちに展示されています。これを見るたびに嫁と一緒になって考えてました。

右写真は「ベニヒモノキ」。英名で「フォックステイル」とも呼ばれるそうで、確かに赤い尻尾のようにも見えますね。

 

また左写真は「タビビトノキ」。葉の付け根にたまった水を旅人が飲んだという説から名づけられたとか、扇状の葉が常に一定の方向を向いている性質からこれで旅人が方向を知った、などという説があるそうです。

 

左写真は「パキスタキス ルテア」。とうもろこしの皮をむいたような感じの花ですね。

 

左写真がこの「熱帯植物ドーム」の中で一番背の高い「ジョオウヤシ」です。続けて右写真は「カラテア クロタリフェラ」。

 

左写真は八丈島原産の「ヘゴ」。そして右写真は「センナリバナナ」です。上部に小形の果実が密集していますね。食べることも出来るそうですが、小さすぎるので観賞用として栽培されるそうです。

 

子供には船の代わり?「オオオニバス」

左写真が「オオオニバス」。南米アマゾン原産で直径2メートル以上にもなる世界一大きな葉をもつ水生植物だそうです。小さな子供ならこの上に乗ることもできるとはすごい!

そして右写真は「トックリキワタ」。幹の下部がとっくりのように膨らんでいる木です。

 

さらに左写真が歴史の教科書にも出てくる「パピルス」。ナイル川の湿地帯に生えており、英語のペーパーの語源ともなっています。こんな植物だとは意外です。

右写真は「ビヨウタコノキ」。確かにタコの足のようです。

 

そして左写真が、小さくはありますがあの有名な「バオバブ」。実際はより独特の形をしております。サンテグジュペリの童話「星の王子さま」では根を張って星を滅ぼす木として登場してきます。

アフリカ・マダガスカル・オーストラリアのサバンナ地帯に分布しています。これは以前はアフリカ大陸もオーストラリア大陸も陸続きだったことを示唆しているそうです。バオバブの木は果実が食用・飲用となり種子から油が取れ、樹皮はその丈夫さから縄や布の材料となるそうです。

 

「アジサイ展」

ドームを抜けると「アジサイ展」をやっていました。

 

水中庭園コーナーもあります。右写真は「抽水植物」。雨季と乾季では水位が大幅に異なる為、水中でも陸上でも生活可能なのだそうです。

 

また右写真は水生植物の「異形葉(いけいよう)」。同じ植物で二つ以上の形や性質の異なる葉を持ったものだそうです。

水中の葉は薄く細かく裂け、水に溶けている二酸化炭素を取り込みやすい形になっており、水上の葉は厚くて気孔が発達しているのだそうです。不思議ですね。

 

「植物園」ならではの絵が展示

これは押し花という表現で正しいのでしょうか。多くの絵が展示されていました。写真の絵はそのほんの一部ですが、どれも素晴らしいものばかりでした。

 

右写真は売店イチ押しの「ごんぼうせんべい」です。試食してみましたが、なるほどごぼうの味です(当たり前)。

 

花と遺跡ふるさと公園

「新潟県立植物園」を出た後、同じ「花と遺跡ふるさと公園」の中にある「新津フラワーランド」に行きました。新津とは新潟市と合併する前のこの地名で、ほんのちょっと前までは新津市でした。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です