市島邸 新潟県指定文化財の豪農の館

2005年9月19日。

月岡温泉から西へ車を走らせると、市島邸の看板が現れてきます。信号機を右に曲がり、北へちょっと向かうと市島邸があります。実は私、月岡温泉へは何度も来てはいるんですが、この市島邸へ来るのはこれが初めてなのです。

この市島邸は明治初期に建てられたもので、6百余坪の大邸宅に池などを含む8千余坪の広大な回遊式庭園からなります。

さて入場料600円を支払い中に入ります。

 

蚊がたくさんいるとのことで、虫除けスプレーをするように言われました。それにしてもすごい広さ。巨大地主・豪農の「市島家邸宅」です。

 

入口のすぐそばにあるトイレの後ろに蔵があります。ここでは昔の貴重な道具などを展示しています。わかりにくいのでこの蔵の存在に気づかず帰ってしまう人もいるかもしれません。

 

写真は「玄関(文化財)」です。私たちはこちらからは入ることは出来ません。

「玄関」からちょっと歩いたところに美術館があります。ここには写真のようにたくさんの美術品が展示されています。展示されていた200年以上も前のひな壇は保存状態がよく素晴らしいものでした。

 

そして今度は市島邸の中へ。写真は「渡り廊下(文化財)」です。ここから見える中庭も素晴らしいです。

 

写真は「水月庵(文化財)」。茶室です。ここでお茶を飲んだら…美味しいんだろうなぁ。

それからここは市島文庫と書いてありましたが、立入禁止となっていました。

 

「帳場」です。帳付けや勘定を行っていた場所だそうです。当時使用されていた金庫や机、長火鉢などが展示されています。

 

写真は「南山亭(文化財)」の中です。

8畳3間と3畳1間からなる、市島家一族の霊を祭っている場所です。すごく広かったです。

 

この建物から再度外へ出ます。

右写真は「松籟(しょうらい)庵(文化財)」。これも茶室です。

 

中央写真は「説教所(文化財)」。それにしても蚊が多いです。私は蚊にさされませんでしたが、嫁さんは4箇所さされた模様。どうやら私の盾になってくれたようです。感謝です。

 

いたるところにキンカン・虫除けスプレーがあります。ぬりましょう。ふきかけましょう。

 

右写真には何もありませんが、ここには以前「湖月閣」という建物があったそうです。平成7年4月1日の新潟県北部地震の際に全壊したそうです。…そんな地震あったかな? 記憶にないのだが…

この建物は3間と付属の間を加えた108畳の大広間に、2階は3間15畳あったそうです。広いです。またこの建物は、数年後には復元されるそうです。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です