山岳信仰の聖地「赤目四十八滝」

2008年11月4日。

「赤目四十八滝」に到着~。

「四十八滝」というから滝が48あるのかと思いきや、単に滝が多いですよ~的な意味みたい。名前の「赤目」も不動明王が乗っていた伝説の牛の目が赤かったことにちなんでのものだそうです。 

 

「赤目四十八滝」にやってきた

駐車料金は800円。ぬぅ、ちと高いですね… ちなみに「赤目四十八滝」への入場料は1人300円です。

 

入場料を払い、まずは「日本サンショウウオセンター」に入ります。

ふむ、オオサンショウウオは「生きている化石」と呼ばれているのですか。知らなかった… そう呼ばれるのはシーラカンスくらいだと思ってました。

 

「じゃんじゃの水」。忍者が修行の時に身を清め心を鎮めた場所だとか。

 

「赤目四十八滝」散策開始~

さて赤目四十八滝の散策です。おお~これは期待できそうです。

 

一番最初に見えてきたのが「行者滝(ぎょうじゃたき)」。赤目五瀑の一つ「不動滝」まで200mです。

 

平日にも関わらず、多くの観光客が訪れていました。土日は混雑がひどそうですね。

 

景色も素晴らしくウォーキングには最適です。

 

ここで泳ぎたい。でも泳いだら怒られるだろうな…

 

「霊蛇滝(れいじゃたき)」。

 

「不動滝」に滝参り

「赤目五爆」の一つ、「不動滝」です。高さ15m、幅7m、滝壺の深さ10mで、名前の由来は不動明王です。入り口からここまで6分くらいで到着しました。

山岳信仰の聖地だったここ「赤目四十八滝」での「滝参り」といえば、この「不動滝」に参ることを意味したそうです。明治中頃まではここから奥は原生林で入れなかったそうです。ここから先へ行ける私たちは幸せものです。

 

私達が話をしているのを聞いて振り返る人が結構いたなぁ。

 

新潟弁ですから。しかも私の方言は結構ひどい(と言われます)。聞きなれない言葉で珍しかったのでしょう。

 

水がとても綺麗です。

 

「八畳岩」。

 

「千手滝」。複雑な形をした岩を滝が美しくすべり落ちることから名付けられたそうです。高さ15m、幅4m、滝壺20mです。

 

個人的に一番よかった「布曳滝」

「布曳滝(ぬのびきだき)」。白い布が長々とたれたような姿からこのような名前になったとか。高さ30mです。さらに滝壺の深さも30mというのは面白い。

 

まだ「赤目五爆」のうちの「荷担滝(にないたき)」と「琵琶滝(びわたき)」が残っているのですが、時間の関係で残念ながらここで引き返すこととなりました。

 

最後の「岩窟滝」までだと往復3時間かかるそうです。私達の子供も飽きてしまったようで仕方ないですね。

 

「へこきまんじゅう」に舌鼓

「赤目四十八滝」の名物「へこきまんじゅう」。

スイートポテトの生地の中にアンコやブルーベリーチーズなどが入っているのですが、これがまた美味しいんです。散々歩いたのもあってぱくぱく食べました。

 

最後に

時間の関係で全部は見れませんでしたが、やはり最後まで行きたかったですね。こんなとこ滅多に来ることできませんもの。

そして私達は国道368号線を使って伊賀市「上野公園」へ向かいました。「赤目四十八滝」をお昼に出発です。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です