キャンプ場の写真ギャラリーを作りました♪

軽井沢熊野神社(熊野皇大神社) 長野と群馬の県境にある珍しい神社です

多くの観光客で賑わう軽井沢に行ったら是非とも訪れたい神社があります。

日本三熊野の一つ熊野神社(熊野皇大神社)です。

どうして2通りの呼び方があるんだろ?

それは全国的にも珍しく、県境に位置しているからなのです。

2007年9月3日
長野県軽井沢

早朝の熊野皇大神社

軽井沢銀座の道を直進していくと、旧碓氷峠にある熊野神社(熊野皇大神社)に到着します。

うーん早朝で誰もいませんね。

神様独り占め♪

ほひょ

罰当たりでしょうか。
やめれ。

 

Sponsored Link

かわいい狛犬がお出迎えです

まず目にとまるのがこの粘土細工のようなひょうきんな狛犬(こまいぬ)です。

 

この2つの狛犬は室町時代中期のもので、長野県では一番古いのだとか。

 

熊野皇大神社の始まりって?

このお話は、あの日本古代史上の伝説的英雄日本武尊(やまとたけるのみこと)が主人公です。

  1. 東国征討の帰り道に碓氷峠の濃霧で道に迷ったところ…
  2. 八咫烏(やたがらす)の道案内に助けられた。
  3. まさに熊野の神のご加護だと感じ、熊野神を勧請した。

これが軽井沢熊野神社(熊野皇大神社)の始まりなのですね。

八咫烏とは?
日本神話において神武天皇を熊野国から大和国へ案内したとされる3本足のカラスのこと。導きの神として信仰されていますよ♪

 

随神門です。

今日は霧がかかっていて日本武尊と同じみたい。何だかいい感じ♪

ほひょ

これでカラスでもいればまさに神話通りですね。

 

これらは随神門の中にあったちょっと怖い像。

 

Sponsored Link

県境に位置している珍しい神社

随神門に張ってある紙を御覧ください。

神社本宮が長野と群馬の県境に位置しているという説明書きです。

 

本宮に近づくと…

 

あららお賽銭箱まで分かれてます

ほひょ

どっちにお金を入れようか迷っちゃう。
どっちにも入れればいーじゃん。

ですね。どちらにも入れてお参りしましょう。

 

実はここ、一つのお宮ではあるものの、2県にまたがっているため二つの宗教法人が存在しています。

  • 長野県側…熊野皇大神社
  • 群馬県側…熊野神社

です。

ほひょ

こういう神社は初めてですね。

さて本宮でお参りしたら…

 

左から長野県側那智宮、群馬県側新宮

こちらにもお参りしましょう。

 

新宮の群馬県最古となる古鐘の拝観はまた別の機会ですね。

 

熊野神社(熊野皇大神社)御祭神

本 宮日本武尊(やまとたけるのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)
新 宮速玉男命(はやたまのおのみこと)
那智宮事解男命(ことさかのおのみこと)

 

ここは日本三熊野の一つ

大小様々の熊野神社の中でも特に有名な三社を日本三熊野といいます。

  • 日本紀州熊野三山
  • 軽井沢碓氷峠熊野皇大神社
  • 宮内熊野大社

ここは日本三熊野の一つなのですね。

ほひょ

ここの神社、なかなか凄いです。

 

熊野皇大神社のシナノキ

樹齢八百余年のシナノキ(科の木)も神社境内の見どころの一つです。

信濃にはこの木が多く、一説には信濃は科野なりとも言われているんですって。

またシナは結ぶ・しばる・くくるという意味のアイヌ語からきたものだとか。

ほひょ

面白いですね。

 

あづまはや詠嘆の地から…何も見えない

普通なら高崎市、前橋市が一望できるそうですが、霧がかかって景色が全然見えません(泣)。

先述した日本武尊(やまとたけるのみこと)は、ここから見える雲海から海を連想し…

あづまはや(ああ、我が妻よ!)

と嘆かれたそう。

荒波を鎮めようと海に身を投げた、妻の弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)をしのんでのことだったのです。

そしてこの地がアヅマになったのですね。

なるほどね。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です