キャンプ場の写真ギャラリーを作りました♪

開運稲荷神社 船の重りが狛狐となったこんこん様に注目!

kaiun-inari-shrine00

面白い狛狐がある稲荷神社があるよ!

という情報を聞きつけ、新潟市の海水浴場に近い場所にある開運稲荷神社にやってきました。

車のナビに従いやってきましたが、いやはや結構な狭い道路でした。

しかも神社には駐車場がありません。

結局神社北東にある公園に車をとめ、そこから狭い階段を下りてようやくたどり着きました。

2018年5月31日
新潟県新潟市

参道両脇のこんこん様が魅力

kaiun-inari-shrine01

さていきなりですが、この神社の見どころが見えてきます。

鳥居の左右に注目を御覧ください。

 

kaiun-inari-shrine02

こんこん様です。

ほひょ

りりしいですね。
こんこん様マメ知識
  1. 明治時代初め、出雲(島根)の廻船が米を買うために新潟にやってきました。
  2. 空船だと安定しないので出雲の石をおもりにして来たそうです。
  3. そしてそのおもりを狐の像にして神社に奉納したものがこのこんこん様なのです。

ほひょ

話を聞いただけでもご利益がありそうですね。

 

kaiun-inari-shrine03

こちらは風化が進行して口の部分が欠けております。

ほひょ

怖いよ…

そのために最近こうして屋根が設けられました。

こんこん様さらにマメ知識
  • 参拝者はこんこん様の両足をなで、その手を額に当ててまじないをかけてご利益をいただこうとしたそうです。
  • 当時近くにあった遊郭の遊女が好みの客を逃さないようにと、こんこん様の足を麻糸でしばってお祈りしたなんてこともあったそう。

 

Sponsored Link

境内はかなり年季の入った様子

さてこんこん様を抜けると…

 

kaiun-inari-shrine04

かなり年季の入った赤い鳥居が見えてきて…

 

kaiun-inari-shrine05

ここで小さい子どもの声が左から聞こえてきました。

そう、保育園があるんです。

MEMO
栄保育園といいます。

 

もともとは米蔵の守り神だった開運稲荷神社

kaiun-inari-shrine06

さてこの神社の歴史について。

新潟市関屋(せきや)という場所に米蔵があったそうで、その米蔵の守り神として祀られていました。

MEMO
当時は野手稲荷大明神という名称だったそうです。

ところがその米蔵が新潟市の白山神社付近に移転したことから、この神社も移転して開運稲荷大明神と名を改めたそう。

 

Sponsored Link

開運稲荷神社御祭神は?

kaiun-inari-shrine07

その後明治に入ると米蔵自体が撤去されます。

そしてこの神社がようやく現在地に移り、

  • 大黒様
  • 恵比寿様

を一緒に祀るようになったのだとか。

MEMO
商業・漁業・海運倉庫業関係者より厚く信仰されております。

 

白いキツネが火事から社殿を守った逸話が!

kaiun-inari-shrine08

草ボーボーです…

話は変わりますが、この神社にはこんな伝説があります。

  1. 明治13年に新潟大火という大火事がありました。
  2. 神社が燃えないよう皆が降り注ぐ火の粉を振り払っていたその時!
  3. そこに白狐が現れ…
  4. 白狐はぴょんぴょんと跳ね回り、社殿を守ったとかなんとか。

ほひょ

まじかよ…。

 

開運稲荷神社参拝を終えて

kaiun-inari-shrine09

平日ということもあり園児たちの声しか聞こえない参拝となりました。

ほひょ

保育士の方の声も聞こえたね。

そして今回は御朱印はいただきませんでした。

もともと私は参拝に来たら必ず御朱印を頂く!というスタイルではないので。

神社とその歴史が大好きなのですよふふふ。

 

ここを参拝したら近くの神社にも是非立ち寄りたい!

金刀比羅神社 模型好きにはたまらない?精巧な奉納和船に驚愕! 湊稲荷神社 回転する願掛け高麗犬がとっても珍しい!

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です