キャンプ場の写真ギャラリーを作りました♪

伊勢神宮内宮皇大神宮 やはりすごかった!一生に一度は訪れるべき場所

外宮参拝後、伊勢神宮内宮(ないくう)にやってきました。

か、感動だ~。

かなり舞い上がってました♪

2008年11月3日
三重県伊勢市

いざ内宮へ! 聖界に入ります

この宇治橋鳥居から入りましょう。

なるほど〜外宮と違って内宮は右側通行ですね。

ほひょ

ここが俗界と聖界との掛け橋です。

 

Sponsored Link

五十鈴川上流の木除杭に注目です

橋の右手、五十鈴川の上流側です。

御覧ください、上流から来る流木を防ぐ木除杭(きよけぐい)があります。

ほひょ

五十鈴川の氾濫があっても宇治橋に当たらないようにしてるのですね。

 

さてここ伊勢神宮には式年遷宮というものがあるのをご存知でしょうか?

式年遷宮とは?
20年に一度、社殿を全部新しく建て替えて神様に神殿へお遷りいただく神宮最大のお祭りのこと。

実はこの宇治橋も例に漏れず、遷宮に合わせて20年毎に遷宮の4年前に架け替えされます

 

手水舎と御手洗場もスケールが違う!

手水舎です。

外宮と異なり右側にあります(これは手水舎を通過してから撮ったものです)。

ここで心身を清めたら…

 

五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらしば)に行きましょう。

ほひょ

五十鈴川の水でさらに心身を清めるなんて素晴らしい♪

 

それにしても五十鈴川で優雅に泳いでいる鯉っておいくらで売れるんだろう?

ほひょ

そんなこと考える私は罰当たりでしょうか。

 

Sponsored Link

内宮神楽殿 参道の中間地点

神楽殿(かぐらでん)です。

宇治橋から御正宮までの参道の中間地点に位置しております。

 

御朱印もここでいただけますよ♪

 

そしてこちらは神楽殿の隣にある五丈殿(ごじょうでん)です。

 

御正宮に到着です!

御正宮(ごしょうぐう)にやってきました!

皇室の祖先である天照大神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする場所です。

恐れ多い…

注意
外宮の御正殿と同じく中の写真撮影は不可です。

 

そしてその左隣には新御敷地(しんみしきち)があります。

20年に一度の式年遷宮で新しい社殿が建て替えられる場所です。

MEMO
次の式年遷宮は平成25年(2013年)です。

 

内宮を参拝してみて

伊勢神宮の参拝の作法は二拝二拍手一拝です。

が、その前に聞いたことのない、見たことのない作法でお参りしている人達を見ました。

意味はさっぱりわかりませんでしたが(汗)。

ほひょ

さすが伊勢神宮だなと勝手に思いました。

 

伊勢神宮、一生に一度と言わず何度も参拝に来たい場所です。

生かしていただき、ありがとうございます。

 

内宮はまだまだ見どころたくさん!

伊勢神宮内宮 御正宮以外にも見どころはたくさんあります!

 

伊勢神宮外宮参拝の模様はこちらから

念願の伊勢神宮外宮豊受大神宮へ 日本人なら一度は訪れたい神聖な場所

 

 

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です