温泉宿

どんな温泉宿が好きなのかは十人十色。

こじんまりとした宿だったり、豪華な宿だったり、様々ですよね。

ここでは私達の温泉宿の楽しみ方を紹介したいと思います。

 

食事付日帰り温泉が大好き

混雑したところが大の苦手な私達は、平日の日帰り温泉を好んで行きます。

温泉だけでもいいのですが、そこにさらに食事をつけた、

食事付き日帰り温泉

これが最高です。

 

ほとんどの宿のチェックアウトが10時でチェックインが15時ですよね。

食事付き日帰り温泉のほとんどは、この宿泊客がいない空白時間の11時から15時までとなっております。

実はこれ、平日に限らず日曜日でもかなりすいています

 

この事実を知らない人は結構いて、いわゆる温泉施設に行くんですよね。当然ですが、人でごった返しているわけです。

私達はそういった温泉施設には行かず、ゆっくりと浸かることが出来る温泉宿に行くのです。

 

温泉をとる?それとも食事?

私達が行った場所がたまたまそうだったのかもしれませんが、

食事も温泉も宿も完璧!

なんて温泉宿はそうそうあるものではありません。

温泉はいいけど食事がねぇ…

その逆もまたしかりです。

 

そして私達家族の話ですが、

  • 私は断然温泉派
  • 嫁は食事と清潔さ

を優先するわけです。

私はやっぱり白濁していたり、硫黄の匂いがプンプンしている温泉を好むわけです。

単純泉もいいんでしょうが、どちらかといえば茶色く濁ってたりとちょっと違う温泉がいいわけです。

対する嫁は、いくら温泉がよくても宿の部屋が汚かったり、食事が美味しくなかったら嫌だ!となるわけです。

なので温泉宿の選定には多少の対立が生じるわけですね。

ほひょ

ただ、最終的には嫁の決定に従うことが多くなっております。

 

宿泊するなら平日

今まで私達がお世話になってきた宿の一泊の料金は1万~1万5千円が平均です。

あ、これは平日料金の話ですよ。

ほひょ

実は土日に泊まったことはほとんどありません。

いつだったか、知人と連休にとあるホテルに宿泊したことがあるのですが、その宿の価格を見てびっくり!

平日なら1万円でも

うーんどうしよう

となるようなホテルの宿泊料金がほぼ倍の値段だったので。

しかも宿泊客が多いからサービスもぞんざいになるわけです。

そんなこと言ったって普通は土日にしか行けないでしょ?何言ってるの?

と言われるかもしれませんね。

わかってはいるのですが、人混みや混雑を嫌う私達にはとうてい無理です。

 

そんなわけで、私達の温泉宿のレポートはあくまでも平日主体

混雑時の温泉宿を知りたいという方には若干そぐわないかもしれません。

 

温泉宿は高ければいいというわけではない

1万~1万5千円が平均予算の私達でも、稀に2万円以上の宿に泊まることもあります。

そこで思ったことなのですが、

料金と満足度は必ずしも比例しない!

ということですね。

実際1万円前後の宿でも

これはまた来たいね♪

なんて宿もあれば、ちょっと背伸びをして高い旅館に泊まってみたら…

ああもう来ることはないね

なんてこともあるわけです。

実際私の知人で温泉宿の宿泊が大好きな人がいますが、その人も同じことを言ってました。

寂れた民宿だと思ったけど、蓋を開けてみたら物凄い豪華な料理が出てきて驚いた

とかね。

だから私達のモットーは、

過度な期待はしない!

です。楽しみにはして行きますけどね。

 

宿は至れり尽くせり

キャンプを本格的に始めるようになってから、以前に比べて温泉宿に宿泊する回数は結構減りました。

ただ、たまーに宿泊すると、

  • 料理は作ってもらえるし片付けもしなくていい
  • お布団の上げ下げもやってもらえる
  • あったかい温泉に入ることが出来る
  • 強風で寝床が飛ばされる心配もない

こんな上げ膳据え膳の温泉宿って、本当にいいね♪ってなるわけです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ