宝珠山立石寺「山寺」 後編

2007年8月10日。山形県山形市。

宝珠山立石寺「山寺」 前編の後

仁王門

「仁王門」に到着しました。ここまでの石段はさほどキツくはないと思うのですが(後で自分のこの発言の過ちに気がつく)、この暑さ何とかならないでしょうか。灼熱の8月です。

またこの「仁王門」の左右には仁王尊像が安置されています。有名な雲慶の弟子たちの作だそうです。

 

それぞれ「観明院(かんみょういん)」・「性相院(せいしょういん)」です。

 

金乗院(こんじょういん)」・「一切経蔵(いっさいきょうぞう)」。

それにしてももう汗だらだら。私達、「山寺」と「夏」を完全に舐めていた模様です。愚かにも汗をふくタオルも持ってきてないし、飲み物もない。仕方なく私達はこの先にある売店で高いタオルと高い飲み物を買うのでした…

タオルを売っているということは、私達のようなおばかさんが多いということね。

 

左写真は「中性院(ちゅうしょういん)」。その中にあるのが右写真の「なでぼとけ」。

別にまだ「ぼけ」を心配する歳じゃないですが、「あ、この暑さでタオル持ってこなかった私たちはボケてるかも」と思い、おもいっきりなでてきました。

 

大仏殿」です。阿弥陀仏が鎮座しているのですが、写真撮影は不可。それでも写真を撮っていた方がいらっしゃいましたが、「大仏殿」関係者の方に思いっきり注意されておりました。いや~ビビった(ヤクザみたいだった)

 

左から「鐘楼」・「金灯篭(かなとうろう)」です。

 

左写真が「奥の院」です。そして右写真、こんなところにも郵便ポストがあるんですね。もしかして郵便局員の方、毎日ここに来るのでしょうか?

 

三重小塔

パンフレットに重要文化財「三重小塔」とあったのですが、一向に見当たらない。

おかしいなと思っていたところ、岩の中にありました。もう少しで見過ごすところでした。

 

左写真は「華蔵院(けぞういん)」。右写真の建物は、明治41年に皇太子(大正天皇)が山寺に参詣された時に休憩された場所だとか。当時のまま保存されているそうです。

 

この景色こそが山寺

そしていよいよ山寺もクライマックスへ。「納経堂(のうきょうどう)」へ向かいます。そうそう、この景色が見たかったんだ♪ はぁ~この素晴らしい景色を見たら疲れが一気に吹き飛びました(嘘です へとへとです)。

 

左写真が「開山堂(かいざんどう)」。立石寺を開いた慈覚大師のお堂で、大師の木造の尊像が安置されており、山内の僧侶が朝夕、食飯と香を供えてお勤めをしている場所です。

そして右写真が写経を納める「納経堂(のうきょうどう)」です。間近で見ると別に大した事ない。

 

そして「開山堂」の右脇にある階段を登って行くと…

 

五大堂到着

五大堂(ごだいどう)」に到着します。ここは「五大明王(ごだいみょうおう)」を祀って天下泰平を祈る道場なのです。それにしても結構人が多いです。

誰もいないところを写真におさめようと思ったのですが、次から次へと観光客が押し寄せ、結局このような写真になりました。

 

山寺に来てもうどれだけお賽銭箱にお金を入れたでしょうか。でもこういうところではケチってはいけませんね。

 

左写真は「五大堂」から見下ろした景色。素晴らしい♪

そして…下山。

「行きはよいよい帰りは怖い」とは言いますが、石段を下る時の私の膝はもうガクガク。嫁に皇潤(こうじゅん)を飲むようにとバカにされました。

ひいひい言いながら来た道を戻り、右写真の「抜苦門(ばっくもん)」を抜け…

 

立石寺本坊

左写真の「羅漢像」・右写真の「立石寺本坊」の前を通ります。

「羅漢像」の手から水が流れているのがわかるでしょうか? この法水をいただくと、知恵を授かり長生きできるとか。ちなみに私達、この水でタオルを濡らして顔を冷やしておりました。罰当たりでしょうか。

山寺、これにて終了です。

 

最後に

山寺に到着したのが8時40分で、山寺を一通り観光し終わったのが12時ちょうど。

暑い日に石段の登り下りは容易ではありませんでしたが、終わってみればとても楽しい観光となりました♪

また桜の咲く季節、紅葉の季節に訪れたい場所です。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

1 Comment

bunntinnmalu

【読者様へのお知らせ】
初めまして、ぶんちゃんと申します(^^)/
本日11月11日に当ブログが
リニューアル致しました!
もしよければ、購読してもらえると嬉しいです
よろしくお願いいたしますm(__)m

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です