日本百名山「美ヶ原」その2

2007年5月28日。長野県。日本百名山「美ヶ原」その1の続き。

最高の景色ですね。

 

美しの塔

「塩くれ場」にある休憩所です。 トイレも済ませたし、目的地の「美しの塔」まで後もう少しなので頑張って行きましょう!

 

ついに「美しの塔」までやってきました。鐘を一回だけ鳴らしてみました。大人ですから。控えめに、オシャレに一回だけ鳴らしました。

 

にも関わらず、私達の後に来た人たちは子供のように狂ったようにガンガン鳴らしていました。

 

来た道を戻ります。途中で牛と戯れながら、写真の彼方にある「王ヶ頭」を目指します。そして晴天なのはいいのですが、日差しが強いです。

 

またこれは私達の準備不足だったのですが、帽子をかぶらなかったことと日焼け止めをぬらなかったことで、家に帰ったら頭皮が思いっきりひりひりして、日焼けで顔の皮がボロボロにむけました。

 

再度「王ヶ頭」に到着したのは12時40分でした。何度か休憩はとったものの、意外と時間がかかったなという印象です。そしてここからまた奥にある「王ヶ鼻(おうがはな)」を目指します。

嫁にそれを告げるとぶーぶー言われました。もう歩くのが嫌だそうです。うん、俺も嫌です。

 

富士山が見えます

それにしても美ヶ原から富士山が見えるというのには驚きました。聞くところによるとここまでしっかりと見えるのは珍しいとのことです。本当に私達はいい時に来たものです。

 

王ヶ鼻

写真の道を抜け、13時20分に石仏群がある「王ヶ鼻」に到着です。

 

色んな人達がこうして石を重ねていったのですね。

 

ここからは松本市を一望出来ます。ここで仲良くなった人にあの山がどうとか色々と説明を聞かされましたが、聞いたそばから忘れてしまいました。

 

私は本当に失礼な男だとつくづく思います。

 

今日はたくさん歩きました。

王ヶ鼻」から美ヶ原駐車場に戻り、出発したのが14時10分。ここから約4時間かけて新潟にある自宅に戻りました。とても楽しい日帰り旅行となりました(新潟長野往復の時間のほうが長かったけど)。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です