戸隠神社中社 岩戸神話の重要なカギを握る神が祀られている場所

太陽神天照大神が岩戸に隠れてしまい、世界が暗闇に包まれてしまった時代…

邪悪な神々がはびこり、恐ろしいことが次々と起こるようになってしまいました。

そんな絶望に満ちた世界を救うきっかけを作ることになった神が、戸隠神社中社に祀られているのです。

2007年6月18日
長野県長野市

戸隠神社とは?

戸隠神社といっても一つではありません。

  • 奥社(おくしゃ)
  • 九頭龍社(くずりゅうしゃ)
  • 中社(ちゅうしゃ)
  • 宝光社(ほうこうしゃ)
  • 火之御子社(ひのみこしゃ)

五社からなります

今回参拝するのは戸隠神社中社です。

 

戸隠神社中社に参拝しよう!

戸隠神社中社にやって来ました。

中社御祭神は?
知恵の神様天八意思兼命(あまのやごころおもいかねのみこと)を祀っています。

 

遠い昔、弟の素戔嗚尊(すさのおのみこと)の度重なる乱暴が原因で、姉の天照大神(あまてらすおおみかみ)天岩屋(あまのいわや)に隠れてしまいました。

それでどうなったの?
天照大神が隠れたので世界が真っ暗になってしまったのです。

困った神様たちはなんとかして天岩屋から天照大神を引っ張り出そうとします。

その際に神楽(かぐら)を奏することを考え出し、楽しい音楽と踊りにつられて隠れてた天照大神が岩戸を開いてしまった。

そんなきっかけを作ったのが中社の神様なのです。

学業成就・開運・家内安全を祈りましょう!

 

中社の境内にある三本杉

続けて樹齢約700年の御神木、そして有名な三本杉です。

一部だけの撮影ですが、全容を見るとすごいの一言です!

 

武田信玄の願状と面頬 特別公開

そして今回は嬉しいことに中社の社殿に入ることが出来ました!

2007年の4月から12月までに、戸隠神社の社宝である武田信玄の願状と面頬(めんぼう)が特別展示されているのです。

面頬とは?
顔面と喉を防御する仮面です。

 

社殿の中の撮影は不可でしたが、社殿天井の龍の絵も見ました。

びっくりしたのは社殿の中が能舞台になっているのです!

なお天井絵と信玄の願状・面頬の拝観料は800円でした。

 

戸隠五社の中で一番賑わっている場所

中社は戸隠神社五社の中でも一番賑わっている場所。

回りには宿坊やそば屋さんがとても多いところです。

戸隠十三谷三千坊(とがくしじゅうさんごくさんぜんぼう)と呼ばれ、比叡山、高野山に並ぶ一大霊場だったのですね。

 

今度は是非宿泊して観光したいものです。

 

戸隠神社は全部で五社あります。全て参拝しましょう!

戸隠神社 奥社 九頭龍社 参道の杉並木が圧巻です! 戸隠神社 宝光社そして火之御子社も参拝しよう

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です