ラジウム温泉を味わう 湯之谷温泉郷栃尾又温泉 「自在館」

2008年2月22日。新潟県魚沼市。

雪深い栃尾又温泉

f:id:hohyo:20171122005330j:plain

関越自動車道小出ICから国道352号線に入り、約20分ほどで「栃尾又温泉」に到着します。途中には同じ湯之谷温泉郷の一つ「大湯温泉」もあります。

道路には雪はありませんが、いくら暖冬だとはいえしっかりと雪が積もっています。そしてこの右写真の奥にあるのが「宝巌堂(ほうがんどう)」という旅館。ここにも行ってみたいです。

f:id:hohyo:20171122005335j:plain

今回も「自在館」にやってきました。ここへ来るのは二度目。いつ来たかはしっかりとは覚えていませんが、その時も雪深い時期でした。5年以上前だと思います。

「自在館」の温泉

f:id:hohyo:20170916100731j:plain

お部屋に通されるなりすぐに貸切露天風呂へ行きました。ここ「自在館」にはこの他にも二つの貸切風呂(内湯)があって、予約さえすれば追加料金ナシで入ることが出来ます。

相変わらず素晴らしい露天風呂♪ 写真の左端は丸太でここに頭を置いて外の景色を眺めながらずっとお風呂に入っていました。

f:id:hohyo:20171122005339j:plain

またここ「栃尾又」はラジウム温泉(単純放射能泉)と言って、無味無臭無色透明の源泉37.2℃のぬるい温泉です。ここのラジウム温泉は、ラジウムが壊変してラドンとなって水に溶けているタイプのラジウム温泉とのことでした。

皮膚や呼吸器から体内に入りやすい放射性物質で、細胞が活性化して内部の不純物が外に出やすくなり、体のリフレッシュ効果があるそうです。発汗作用も素晴らしく、お風呂から上がった後も汗が止まりませんでした。

またラジウム温泉というと、新潟県内に村杉温泉というところがあります。

「自在館」の食事

f:id:hohyo:20171122005342j:plain

ここは「日本秘湯を守る会」の会員。建物は結構古いのですが、清潔です。また従業員さんの応対もいい旅館だと思います。ロビーにいたら、別のお客さんが「来てよかったね~」と言ってました。

そして待ちに待った(いつも同じこと言ってます)お昼ご飯の時間。料理は部屋出しではなく、別の個室でとなります。そして肝心の料理の味は… とても美味しかったです♪ 上の写真のイワナ最高♪

f:id:hohyo:20171122005346j:plain

鴨鍋も野菜がたくさん入っていて本当に美味しかったです。天ぷらもよかった。

f:id:hohyo:20171122005349j:plain

そしてこの椎茸が最高でした。ここに来たら椎茸しっかり食べましょう。嫁と一緒に「うまい!」とニコニコしてました。椎茸嫌いな人も好きになっちゃうかも。

1時間かけて全部食べた私達は満足してお部屋に戻り、ちょっとお昼寝と思ったら… 起きたら2時45分! ゲッ、これじゃお風呂に入れません。一応フロントに聞いてみましたが、4時まで内湯の貸切風呂が予約いっぱいとのこと。大浴場もちょうど男女入替の時間ということもあり、これは痛恨のミスです。

ここの宿は宿泊だとチェックインが13時でチェックアウトが11時と他の宿に比べて3時間も多く滞在することが出来るんですよね。そんなわけで日帰り客と宿泊客が重なってしまうこともあるわけです。

…またいつか来ようと思います。今度は宿泊がいいな~。

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です