世界遺産白川郷その2 「長瀬家~明善寺郷土館~白川八幡宮~どぶろく祭りの館」

2006年9月6日。岐阜県大野郡白川村。

世界遺産白川郷その1 「和田家~荻町城跡展望台」の続きです。

長瀬家

f:id:hohyo:20171222083529j:plain

長瀬家」に到着です。五階建て合掌造りの家です。三代目まで医者だったこともあり、藩医としてつとめた加賀藩前田家から多くの品々を譲り受けたとか。

f:id:hohyo:20171222083522j:plain

家の中にはその品々を展示してありました。

また合掌造りは降雪に対処するために急勾配にしたわけですが、養蚕などにも利用するため屋内の空間を広く大きくとりました。

f:id:hohyo:20171222083526j:plain

さらに合掌造りが急勾配なので雪が屋根の両脇に落ちて雪の壁が出来るそうです。それがかまくらのような役割を果たし、冬でも暖かいそうです。昔の人の知恵ってすごいです。

f:id:hohyo:20170828225842j:plain

傘を持っての白川郷散策となってます。

明善寺郷土館

f:id:hohyo:20171222084239j:plain

明善寺(みょうぜんじ)郷土館」に到着です。

f:id:hohyo:20170828225916j:plain

こちらも入場料300円です。本堂・庫裡(くり)・鐘楼門(しょうろうもん)が全て茅葺屋根と珍しいです。

f:id:hohyo:20171222084504j:plain

ちなみに庫裡(くり)とは、住職やその家族の住む場所のことですね。

f:id:hohyo:20170828225934j:plain

写真が鐘楼門です。本当に茅葺屋根ですね。

f:id:hohyo:20170828225957j:plain

それにしても平日でしかも雨だというのにどこへ行っても多くの人がいます。

f:id:hohyo:20171222084644j:plain

さすがは世界遺産ですね。

白川八幡宮

f:id:hohyo:20170828230213j:plain

白川八幡宮」です。

f:id:hohyo:20171222085641j:plain

白川郷の中でもはずれの方にあるせいか、人はほとんどいませんでした。

そして右写真を見てください。飛騨にはこのような「」と呼ばれる装飾が多いです。これは防腐も兼ねているそうで、一軒一軒パターンが異なるそうです。新潟では見ないなぁ。とてもきれいです。

どぶろく祭りの館

f:id:hohyo:20171222090705j:plain

写真が「どぶろく祭りの館」です。ここは「白川八幡宮」の境内にあり、ここも入館料300円です。

10月になり収穫が終わる頃、神輿を中心に獅子舞などの行列が笛や太鼓を鳴らしながら白川郷を練り歩くそうです。それが「白川郷どぶろく祭り」です。

f:id:hohyo:20171222090716j:plain

行列が境内に帰ってくると、神に供えられたどぶろくが参拝者や見物客にふるまわれるそうです。私達もほんの少しだけいただくことにしました。

f:id:hohyo:20171222090711j:plain

ちなみにどぶろくは祭礼用として独特に許可されたもので、境内からの持ち出しはできないそうです。

また日本酒やビールをあまり飲まない私達はこのどぶろくを美味しいと感じました。

どしゃぶりの白川郷

f:id:hohyo:20170828230306j:plain

うーん切ない。

f:id:hohyo:20171222090700j:plain

写真の庄川(しょうがわ)に架かる「であい橋」を渡り、「合掌造り民家園」にやってきました。が、ここで雨が猛烈に降ってきました。結局そこへは行かず、その近くの喫茶店で雨宿りも兼ねて軽くデザートを食べました。

f:id:hohyo:20170828221840j:plain

もうズボンがびしょびしょです。えらい目にあいました。

白川郷平瀬温泉「白山荘」へ

以下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です